おはようございます晴れ

お久しぶりのブログを書きます鉛筆ongei広報の(小)パンダです音譜

 

さて先日、音響監督・ビジュアルアート制作科1年生のアニメーション音響制作Ⅰの授業で、スタジオにお邪魔してきました目

この授業はパフォーマーズ・ディビジョン各科の学生達との協学(コラボ)実習になっていて、出演者と制作スタッフが互いの得意分野を活かして作品制作に取り組んでいきます。

内容はズバリ!アニメーション作品へのアテレコ作業ですマイク

 

 

スタジオでは、音響監督・ビジュアルアート制作科の学生が、エンジニア・スタッフ、音響監督役を担当。入学当初から勉強を続けているProTools(プロツールス=音声録音・編集ソフト)のD-Controlシステムを使って録音します

 

 

こちらは声優さん役を務めるパフォーマーズ・ディビジョンのメンバーですキラキラ

前回の授業では、配役オーディションも行われ、あとは収録本番を待つのみですニコニコ

 

 

リハーサルでは実際にアニメーションに声を当ててみて、台詞の言い方や声色など、本番での演出プランを練っていきます。授業担当の滝本先生も熱心にアドバイスをしてくださっていました。

 

 

この日の授業では、アテレコの作業をいかに実務レベルで進められるかにポイントがあったと思いますひらめき電球

演技や機器操作といった各担当の役割に加え、一緒に現場の作業を進めていく人達とコミュニケーションをとることも大変重要なことですねビックリマーク

そういったことの積み重ねでよりよい現場にしていくことが、作品のクオリティを高めていくことになりますアップ

 

2年生になると、学生だけで作品制作に取り組む実習も増えてきます。この日に学んだ経験を活かせるよう、各自で復習・振り返りをしておきましょうねグッド!

みなさん、お疲れ様でした合格