きょうだい喧嘩を減らすコツ 3つ | 輝きベビーメソッド イライラママでも大丈夫@大阪 東大阪

     

    輝きベビー マスターインストラクター 水山 ゆうこ ですキラキラ

     

     

     

     

    夏休みですねー

     

    宿題しない息子を横目にブログを更新しとります。笑

     

    さて今年、8月末に宿題に追われるのか??

     

    それとも計画立てなきゃ!と気づくのか!?

     

    そんな私もいつまで黙って見守れるか?

     

    嫌味が喉まで出かかってる私がいます 滝汗

     

     

     

     

     

    今日のテーマはきょうだい育児につきものの きょうだい喧嘩

     

    「水山さんとこのごきょうだい、仲がいいよねー、喧嘩ってするんですか??」と

     

    ママ友に聞かれること、多数。

     

     

     

    だけど、家ではうるさいし、取り合いも喧嘩もするでガーン

     

    最近末っ子がほんと うるさい。自己主張が強い。。。

     

    だけど、きょうだい喧嘩は止めずに、手加減や相手の気持ちを学ぶきっかけになるので

     

    ルールを決めて、見守っています。

     

    これをさせとかないと、園や学校で加減を知らなくて

     

    親が頭を下げるばかりになるかと。。。笑い泣き

     

     

     

     

    そして

     

    出来るだけ大きな喧嘩にならないように(私もうるさいのは嫌ですよーあせる

     

    きょうだい喧嘩を減らす

     

    工夫してることがあるので

     

    書いていきたいと思います。

     

    では、どうぞ⬇️

     

     

     

     

     

    上の子の気持ちを満たす

     

     

    下の子は甘え上手。そのため上手く親の時間を奪ってくる。それが上の子からしたらつまんない。

     

    きょうだい喧嘩の大体は上の子が下の子にちょっかいをかけることからで

     

    下の子の方が手がかかるし、どうしても上の子と比較しちゃって、下の子は小さく弱く見える。

    本能も働き(弱いものを守らなきゃってやつ)下の子が中心になりやすいわけです。

     

    そして子どもは年齢が小さいほど「待ったなし」なのであえて待たせることも大切。

     

    余談ですが

     

    上の子可愛く無い症候群 って 話題に上がってるの見ましたが

     

    私も長男が可愛く無い!!!って、ブラックな気持ちになって

     

    我が子が可愛く無いって、私母親失格やんって、病気なんやどうしよう滝汗ってなったけど

     

    あれは母親の本能だから致し方ないこと。

     

    腹減ったから食べる ってのと同じ!!!

     

    だから上の子が可愛くないショボーン

     

    って思ってるお母さんは、できない自分を責めずに、受け入れてあげてね義理チョコ

     

    そんな自分を受け入れることで、上の子の赤ちゃん返りを認めて上げれるようになるからビックリマーク


    私は上の子との二人の時間を作って、上の子単体で見た時に

     

    まだこんなにちっちゃかったのに!!!って気づき、

     

    ごめんって気持ちに何度もなりましたあせる

     


     

     

     

     

     

    できてる時に注目する
     
    上の子の方が何かと色々出来て欲しいって願望もあって期待した分、
    できなかった時に上の子を怒りすぎる傾向があります。

     

    上の子は「何かと出来て欲しい」という思いが強く、

    下の子は「出来なくても仕方がないよね」って、子育ての慣れもあって

    赦せる幅が広がる?!ハードルが下がる??と言う感じでしょうか。

     

    あとは、これでいいのか不安になるので叱りすぎたり。

    (第一子はどこまでいっても第一子なので、不安がつきものなのは仕方ないかもしれませんが)

     

    結局、判断基準が上の子の方が厳しくなってしまい、つい上の子を怒りすぎてしまいます。

    となれば 「私ばっかり怒られる・・・!」と不満を持ちます。

    その不満が積もりに積もって、下の子にちょっかいを出し始める→怒られる→落ち込む、傷つくの悪循環になる前に

     

     

    上の子が下の子に優しくできてる時に声かけを。

     

     

     

     

     

     

    例)1.上の子が下の子に優しくしてる時に、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)ありがとうやな、嬉しいなーラブラブ」と、

    下の子の気持ちの代弁というより、こちらから先に伝える。

     

    2. 下の子がハサミやノリなど、新しく始めた時、飲み込みが早いんですよね、上の子見てるから。

    その時もすかさず「下の子ちゃんがハサミ上手なのは、お兄ちゃんが良いお見本見せてくれてるからやな、ありがとね」 と伝える。 などなど

     

     

     

     

     

     

    ジャッジをやめる

     

    「お兄ちゃんが悪い」と 親がジャッジすると、ジャッジされた上の子が下の子に不満を持ちます。

     

    客観的にみると明らかに上の子が悪いということはよくあるけど

     

    その背景を見たら、お互い様かなーって思う事が多々有りですね。

     

    お互いから見える世界が違うから ↓こんな感じ 画才がなさすぎてw

     

     

     

     

     

     

     

    そもそものどっちが 良い 悪い のジャッジをする事自体が

    違ってるよなー

     

    と、私は考えます。

     

     

    そして上の子の心の根底には「下の子はいいな、ずるいな」って思いがあるのです。

    たとえ自分が悪くても、ママから「お兄ちゃんが悪い」って言われると不満も持ちます。

     

     

     

    脅すわけでないですが

     

    私が第一子長女だったので、紛れも無く思ってました。

     

    お姉ちゃんだからっていうけど、我慢ばかり強いられてる。

    好きで一番目に生まれたんじゃない!!!

     

    と、低学年の頃、親に言ってました。

     

    年子の弟とは大人になっても仲が悪く

     

    最後は縁を切られました。←私に原因はあるのでしょうが



    話は戻して、その ずるいって想いを減らすために 

     

     

     

    ジャッジはやめましょう ってことですキラキラ

     

     

     

     

     

     

    きょうだい喧嘩を減らすコツ3つ どうでしたか?

     

    いきなりは全部帰れないから、少しずつ、今からでも大丈夫!!

     

    子供が小さいうちから習慣化すると

     

    変わるのも早いし、

     

    大人になって困った時に助け合えるきょうだいになりますよ乙女のトキメキ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ダイヤモンド輝きベビーメソッド体験会ダイヤモンド

     

    イタズラを遊びに変えてお子様の天才スイッチON!

    ママもハッピーになれる方法をお伝えします。

     

     

     ダイヤモンド2019年 8月21日(水) 10:00 〜11:30      定員3人

     ダイヤモンド2019年 8月30日(金) 10:00 〜11:30      定員3人

     

     

     

    【受講費】 ¥5,400          LINE@お友達割 → ¥4,320

    友だち追加   

     

     

    【開催場所】 東大阪市 近鉄 布施駅周辺  自宅 

     


    お申込はこちらをクリック

      

     

     

     

    インストラクターさん、全国にいらっしゃいますよー♡

     

     

        波波に乗っかれ波大丈夫Vチョキチーム 波

     
    なんとラジオのDJもしてるパワフルロケット今治より  宮崎 美紀 さん

     
    英語教育ならお任せ義理チョコ 名古屋より maki  さん


    お母さんは女優よキスマーク  福田 倫子  さん