運転中の携帯電話使用中事故で1発免許停止に?スタッドレスアンコールフェア! | 札幌ワンステップブログ

札幌ワンステップブログ

日々の社内活動や、皆様に一人でもお読みいただけるような、そんなブログを目指しております。

本日家電店でハンズフリーイヤホン購入してきました。

なぜかといいますと、、、、、

IMG_2193.JPG

12月1日からの携帯電話使用で今まで1点、罰金6000円が

3点、罰金18000円になりました!


なんとスマホ使用中に事故があると、物損事故でも1発で6点減点です。


 携帯電話やスマホを運転中に使用した違反

 改正前は「5万円以下の罰金」でしたが、改正後は「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と懲役刑に

 ●違反点数は、「1点」から「3点」にアップ

 ●反則金は普通車の場合、従来の6000円から1万8000円にアップ(各車種ごとに約3倍に引き上げられます)

 【携帯電話やスマホの「ながら運転」が、交通事故などの危険に結びついた場合】

 ●違反点数は、「2点」から「6点」にアップ。つまり一発免停ということに
 このほかにも「ポケモンGO」などのゲームに興じながら死亡事故を起こすなど、「事故」とは呼びたくないようなケースが多数報告されているのです。


 「やめよう! 運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

警察はどこでどのように「ながら運転」を取り締まるのか? 

 さて、「携帯電話等使用(ながら運転)」 の取締り件数は、年間約84万件。道路交通法違反全体の14%を占めています。その年によって多少の上下はあるものの、「速度違反」「一時停止違反」と並んで、常に上位から3位以内にランクインしています。

 では、「ながら運転」の取り締まりは、どこで、どのように行われているのでしょうか? 

 気になる「取り締まり」の実態について、調べて見ました。

 (1) 一般道の場合

 道路の端や横断歩道橋の上などに、『違反行為を見る警察官』(A)を置き、その先に、『違反車両を停止させ、切符を作成する警察官』(B)を置いています。

 (A)と(B)は「無線連絡」や「手を上げる」などの合図をすることで、互いに違反車両の違反状態を連絡し合います。

 

 

そして冬の安全運転には良いスタッドレスタイヤが必要アイテム!

IMG_2081.JPG

 

ワンステップでは415コブラなど一流メーカーの人気ホイルを

多数ストックしております!

IMG_7423.JPG

 

 

こちらも大人気のエセックスEX15シリーズ!

 

 

IMG_2080.JPG

 

こちらはブラックカラー

IMG_2007.JPG

こちらはハイパーグロスカラー!

IMG_2040.JPG

IMG_2143.JPG

スタッドレスタイヤアンコールフェア開催!

 

 

オイル交換も万全で対応します!〔12月1日は工場長休みなためにピットはお休み〕

IMG_1797.JPG