男工場長/秋のメンテナンス強化月間始まります!!200ハイエースディーゼルワゴン4WDも | 札幌ワンステップブログ

札幌ワンステップブログ

日々の社内活動や、皆様に一人でもお読みいただけるような、そんなブログを目指しております。


テーマ:
 
 

いよいよ10月に入りすこしづつ秋モードですね!

 
札幌ワンステップでは10月はハイエース200系の4ナンバー8人乗り!!
 
 
 
IMG_6613.JPG
ハイエーススタイル73号でデビューした200系ハイエース
4ナンバー8人乗りのFライン8シートが今売れています!
 

 

 

4ナンバーのままで8人乗り公認で全国どこの陸自でも継続車検がオーケーです!

北海道ではハイエース200系Fライン8人シートの始めての公認車検対応車はワンステップでのみの販売!

 
床張り製作だけでも丸々3日はかかる大変な作業です!
 
コレが完成してからシートレール等の取り付けになります。
 
 
image
 

 
 
そしてハイエーススタイル最新号に掲載されたコレ
 
 
ハイエーススタイル74号に掲載!

IMG_7347.jpg

そしてハイスタ74号には特集でワンステップユーザー撮影会が掲載!

ワンステップのユーザーさんが多数特集でのっています!

皆さん交通タイムス社のハイスタ最新74号をご購入してください!

IMG_7348.jpg

IMG_7345.JPG

200系ハイエース4ナンバーバンから5ナンバーワゴンへ変更で公認5ナンバー10人乗り!

 

IMG_7343.JPGIMG_7344.JPG

 

スーパーGLディーゼル4WD!

IMG_7345.JPG

 

 

こちらも北海道での展示販売はワンステップが初になります!

5ナンバーで10人乗りのスーパーGLディーゼルワゴン!
 
もちろんトヨタでは新車で出していないので
 
5ナンバーディーゼルワゴンの200系ハイエースワゴン
実際に現車ございます!
 
北海道での現車展示ははじめての御案内です!
北海道内のお客様も多数実車を見ていただきました!
週末土日はシートアレンジした、200系ハイエースワゴGLディーゼルワゴン展示会!
 
 
 
最後になりましたが男工場長の10月のサービスキャンペーンは
 
 

 
寒くなってきたのでそろそろクーラントの濃度を点検してください!
ご来店でクーラントの濃度を無料で測定!
寒くなる前にクーラントの濃度を測りましょう!
 
Q 冷却液の点検と冬対策を教えて

POINT

  • エンジンが冷えている状態で、リザーバータンクの冷却液量を点検。
  • 液量が著しく不足していれば冷却系部品の破損を疑い、整備を検討。
  • 冷却液の凍結温度は濃度50%で約-36℃といわれ、薄ければ交換。

Answer

冷却液(LLC=ロングライフクーラント)には、寒冷地でも凍らないように添加剤が混入されていますが、その効果は濃度によって変化します。冷却液が不足した際に水を補充したり、経年変化(寿命は約2年)によって性能が著しく劣化しているような場合、寒冷地での駐車中などに冷却液が凍結してしまい、最悪の場合、ラジエーターを破損するおそれがあります。冬シーズンに入る前や、寒冷地に出かける前には、冷却液の量と濃度を確認しておくとよいでしょう。

冷却液の点検は、リザーバータンク内の液量が適切かを確認します。エンジンが冷えている状態で、液面がリザーバータンク側面にある上限ライン、下限ラインの間にあれば適正量です。点検は必ずリザーバータンクで行いましょう。走行直後にラジエーターキャップを開けて点検しようとすると、熱せられた冷却液が噴き出すことがあるので、大変危険です。

点検の結果、冷却液が不足していれば補充しますが、著しく減っているような場合は冷却系に漏れなどのトラブルがある可能性がありますので調べてもらいましょう。冷却液は一般的に30%から50%の濃度で使用されていますが、凍結温度は50%時で約-36℃といわれています。もし、濃度が薄いようであれば外気温に合わせた濃度の冷却液に交換してもらいましょう。自分でわからないときは無理をせず、整備工場などにクルマを持ち込み、交換してもらうことをおすすめします。

写真:イメージ

 

今なら濃度無料で点検!
ワンステップにお越しください!

ワンステップさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります