40代以上の女性は洋服のどこにお金をかければいい? | 服を変えれば、生き方が輝く!私がはじまるファッションコーデ

服を変えれば、生き方が輝く!私がはじまるファッションコーデ

都内で40代、50代を中心に一般の女性の方に向けて骨格診断やカラーをうまく取り入れたコーディネートをご提案するファッションアドバイスやショッピング同行をさせていただいております。

最近着る洋服がどれも違和感を感じる・・・・

自分に似合う服ってなんだろう・・・・?

でも洋服代だけにそんなにお金をかけれない・・・・

そんな風に悩んだことはありませんか?

こんにちは、パーソナルスタイリストの中原聖子です。

働くアラフォー世代の女性の、自由に使えると考えている金額は月に平均2万円くらいだそうです。

これも個人によってはお子さんの教育費の兼ね合いだったり、住宅ローンだったり、もっと少なくなるかもしれませんよね。

だったらファッションに悩めるアラフォー世代の女性はどこに一番お金をかけるべきなんでしょう?








アラフォー世代になってくるとよく聞くお悩みに多いのが

・ウェスト周りや太もも周りにボリュームが出てきて、何を選んでいいのか、わからない・・・。

と下半身に悩んでいらっしゃる方が少なくありません。

ですからボトムス(パンツやスカート)を自分に似合うものを選ぶことが必須になってきます。


特に骨格タイプがストレートの方はハリのあるしっかりした素材を選ぶことが、スタイルアップに繋がりますから

骨格タイプと体型その両方を兼ね備えたアイテムとなると、どうしてもそこにお金をかける必要が出てくるかもしれません。


他のタイプの方であっても、ご自分の体型にお悩みの深い部分に一番かけるべきでしょう。


じゃあ、お金をかけるっていくら位?


やっぱりラインやシルエットがきれいなものは、2万円~3万円はするかもしれません。


でもね、こう考えてみて欲しいんです。


たとえ目の前の3万円のパンツが自分の体型を美しく見せてくれて、月に5回は着れるようなヘビロテアイテムになりうるなら


ワンシーズン3か月として15回。


3万円÷15回で年間コストは2000円になります。


そのアイテムの値段だけを見て高い、安いを判断するのではなく


そのアイテムが月どれくらい使えるのか?


組み合わせやシーンを考えて使いやすいならば、その3万円は決して高くはないということ。


私がご提案するボトムスはワンシーズンにとどまらず、2シーズンは着れるものがほとんど。


そうすると年間コストはもっと安くなります(笑)


何より自分にどんなものが似合うのかをちゃんと知ってそのコツをつかむことは長い目でみると投資になります。


ファッションがいつまでたっても変わらない人は、それを安いところだけで探そうとすること。

目の前の金額だけにとらわれて、月2万円しか使えないとしか考えられないことです。


月2万円なら年間予算を24万円と考えて、その中の服代を12万円の予算を組んでみてはいかがでしょう?


使えない安いものがいつの間にか増えていた・・・


そんな状態をひとまず辞めてみて

春夏で5万、秋冬で7万とか予算を組んで本当に使えるものだけを買うと意識してみてください。


でもね、使えるアイテムなのに


「手入れが面倒くさい」とか、

「普段に着るのがもったいない」とか


そう思って箪笥の肥やしにしてしまう人がいるとしたら・・・・


厳しい言い方ですけど


それは、ファッション以前の問題です。


そんな考え方からそもそも変えないと


ファッションだけでなく、人生すべておいて、実は楽しめない人になっているかもしれませんね。




【服を変えれば、生き方が輝く!私がはじまるファッションコーデ】

ファッションコーデ通信(メルマガ読者登録数1354人)

サービスメニュー一覧(新規の方はファッションカウンセリングから)




パーソナルスタイリスト 中原聖子


インスタ気軽にフォローしてくださいねInstagram

応援していただけると励みになります