満 願 全 席 へ 続 く 道

満 願 全 席 へ 続 く 道

創作工房ワンマンバンド Official Blog

Amebaでブログを始めよう!

東急東横線で横浜駅の一つ手前、神奈川区反町で今や重要文化財とさえ称される中華料理店・富珍楼。

このところシャッター半開き状態が続いていますが、どっこい営業は続いております!

 

シャッター半開きは数か月前に店主のおばちゃんが腰を痛めてから。かなりの重症で調理がほとんど出来なくなってしまった為、このような開店休業に近い状態になってしまったとか。

 

こちらのお店は麺や餃子の皮などが自家製なのですが、残念なことにそれらは作れなくなりました。又、鍋を持ち上げることも困難な為、現在メニューは名物シウマイだけ、となっています。

 

それでも、一時は歩くのもままならなかったおばちゃんが徐々に回復。

「シウマイとビールくらいしか出せなくて申し訳ないけど、寄っておくれ!」と呼び掛けるほどになりました。

 

先日も前の日に『夕方6時半くらいに寄れるかな』と電話で話したら、なんと6時半ビッタリにシウマイが出来上がるように準備してくれていました(感涙)

おばちゃんの優しさとサービス精神は健在です。

 

昼間はデイサービスに行くなどしているようですが、夕方5時以降は店にいるみたいです。シャッター半分閉まっていますが、身をかがめてガラスの引き戸をノックしてから開け、中に入って大丈夫です。

又、「急に来てくれてもいいけど、シウマイが出来上がるまでだいぶ待たせることになるので、前もって来店する時間帯などを知らせてくれると助かる」とも言っていました。

 

ちなみに私はお土産としてシウマイ2人前を持ち帰り(パックや袋は用意されています)

相変わらず店内は飲食スペースが狭いので(苦笑)ビールをお店でどうしても、というわけでなければ、私と同じお土産での持ち帰りをオススメします。

 

おばちゃんの負担を減らす為にお姉さんが娘さんに引き取られた為、もう一つの名物であった老姉妹の掛け合いも見られなくなってしまいましたが、反町、そして周辺の富珍楼ファン・中華ファンの皆さん、是非お立ち寄りいただき、一人で頑張っているおばちゃんに声を掛けてあげてください!

 

《富珍楼》

神奈川県横浜市神奈川区泉町 1-6

TEL 045-322-0066

※以前は木・金が定休日でしたが、今は曜日関係なく連日夕方以降に開いています。