ウクレレ、ギターからウッドベースやハープまで使用可能!アコースティック楽器用ピックアップMSP

取付け加工なしで簡単に装着可能。磁石ではさむだけの新方式のアコースティック楽器用ピックアップMSP。(特許第4967048号、U.S. PAT. No.8,916,763、Australian PAT. No.2011283734、EU・韓国特許出願中PCT/JP2011/66957)その使い方などをアップしていきます。


テーマ:

マンドリン奏者

横浜市 m.n様より


(原文まま)

先日御社よりMSPピックアップを直接買い求めて、

The Loar LM600に取り付けて、

昨晩小さなバーでのライブに使用しました。

F穴のマンドリンにマグネットを

仕込むのはいささか苦労しますが、

ブレーシングの関係でそれほど奥には突っ込めません。


後々の取り外しや移動が楽なようにF穴の近く、

リッジの端近くに取り付けましたが、

音量バランス(弦間の音量差)は問題なく聞こえます。

ギターアンプ直差しでも

プリアンプ不要で十分な音が出ますね。


接着とは違って、

強力マグネットによる

圧着度の高さ故の出力だと実感します。

実際のライブではTC.HELICON

HarmonyG.XTに突っ込み、

ボーカルと一緒に卓に送りましたが、

音量・音質共に及第点だったと思います。


吸盤や接着では得られなかった

ピエゾの新しい音だと思います。

ギターではピエゾ+コンデンサーマイクなど

色々な選択肢がありますが、

ウクレレやマンドリンはボディの小ささ、

構造の複雑さから故にあまり選択肢がありませんでした。

ウクレレはテンションが弱いので

ピエゾの最大の利点である出力も思うように得られず、

なにより以前、生音が全く変わってしまって

鳴らなくなってしまった苦い経験もあります。

ウクレレとマンドリンには

特に適していると言えると思います。


唯一不満な点はギターと共用のためか

ケーブルが長すぎることです。

ウクレレ・マンドリン用には

30cm25cm程度のケーブル長であれば、と思います。

マンドリンにはエンドピンがありますので、

添付写真のように巻き付けています。

以上、取り急ぎの感想でした。



アコースティックギター、ウッドベース、ウクレレ、打楽器。何にでも使えるアコースティック用ピックアップMSP-お客様よりマンドリン

その後m.n様よりこんなコメントもいただけました。


近づいていたライブ用にピックアップを

探していて偶然ネット上で見つけて、

良さげなので注文いたしました。

著名な専業ピックアップメーカーと比すると、

価格からも購入に二の足を踏むのが普通だと思いますが、

実際、

価格に見合ってかつユニークな良い商品だと思います。


m.n様

感想をいただき本当にありがとうございました。

いただいた短いケーブルの物も

今後検討させていただけばと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

横井伸明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。