葛城ミサトのブログ
  • 03Jan
  • 08Dec
  • 05Dec
  • 04Dec
  • 03Dec
  • 05Nov
    • ”森くんとの久しぶりの再会”

      すごく感動して泣けて泣けて…リブログしてみました。アイドル時代から40代になって、それぞれの道へと向かう4人組!!、、中居くん、キムタク、森くんいつまでも6人が大好き!!応援したいです!!頑張ってね♪追伸:Ameba 藤田社長様、多くの関係者様へ凄い企画と感動をありがとうございました。

      4
      テーマ:
  • 04Nov
  • 25Oct
    • 72時間ホンネテレビ、応援してます

      72時間ホンネテレビにブログでエールを送ろう!稲垣さん・草なぎさん・香取さんの3人への想いを綴ろう。番組放送中に、みんなのブログを見てくれるかも・・・?ホンネテレビの視聴予約はこちらから3日間、ぶっ通しと聞きましたが、カラダは大丈夫でしょうか?ホンネテレビはもちろん!一番は3人の再出発を心から応援してます!ファイトです!!

      2
      テーマ:
  • 25Jul
    • どうしたらいいの?

      線維筋痛症、変形性膝関節症、パニック障害うつ病、不安症それぞれを抱えながら、只今、デイケアにて運動療法、心理療法、自律神経訓練法、自律神経測定など週2~3回くらいで通ってる。まだ若いのにデイケア??と思うかもしれないけど、精神疾患者を対象に個人プログラムを医師や看護師と相談して、一種目を2時間程度で行っている。(自立支援受給者証にて1割負担)時期が時期だけに、良くなったり悪くなったりの繰り返しをしてるうちに、早く仕事をしたい!でも、出来るかな?の不安が交差する。また、そこでメンタルが悪くなる。焦りもある。看護師との面談では「旦那さんもまだ仕事しなくても大丈夫!といってくれるなら少し甘えてみては??」と旦那を交えて三者面談をしたこともある。旦那も「こんなに暑い時期は仕事なんて辞めとけ!!」と話す。そんなこんなが続いて…前職を辞めてから、4ヶ月が過ぎた。そしたら、今日突然!!前職から電話があった…副施設長「久しぶり!!体調はどうだ?うちの施設のこと、忘れてないよね?○○さんは絶対に他の施設へはやりたくない!って退職時に言ったの覚えてるかい?」私「はい、忘れてませんし、病院へ行くたびに施設のことを思い出します。感音性難聴の私を採用してくれて、恩を感じておりますので、頭から離れるなど忘れたことはありません」副施設長「理事長からもOK出てるから、食介(食事介助)だけでもいいから、来てくれないかな??お風呂介助とかはやらなくていいから」まだ病院での三者面談、通院、薬服用、デイケア他を考えて…私「まだ、変形性膝関節症はまだ治りが悪く、主人、主治医、看護師と復帰相談してみないと、今この場で返答は出来ないです」副施設長「絶対に○○施設を忘れないで!帰ってくるの待ってるかさ~、考えてみてよ。」その電話をとなりで聞いていた主人は…主人「食介ってなんだ?食事介助だけなら行っても良いんじゃないか?それ以外は出来ません!と、きっぱり断れる勇気があるならな…」と話す。そんなやり取りが電話で交わされた。お声を変えてもらえるだけでも、涙が出るほど嬉しかったし、感音性難聴で補聴器をつけた私を採用してくれた会社。恩はあるから、私でよければ恩返ししたい。(まっ、結局、賃金はいただくから甘くないのはわかってる。)どうしたらいいの?戻りたいけど、身体がついていかなくて不安。突然の痛みで、何度欠欠勤したらと思う不安。金太郎飴のようにどこを切っても不安の文字が刻まれてる…そんなん考えてるようじゃ、まだ仕事はむりなんだろうか。ウジウジ考えてもはじまらないけど悩み中…

      9
      テーマ:
  • 20Jul
    • 伝道師してほしい…

      1980年10月5日、日本武道館…ファイナルコンサートにて、あの白いマイクを床に置き、歌の世界から旅立った山口百恵さんのご長男。最近、ジュニアの俳優、歌手、歌舞伎などが話題になってるけど、やっぱり山口百恵さんの曲を聴きながら育った私には、あの頃が蘇る思いで、思わず鳥肌が立ちました。YouTubeで他の曲もあるので、是非、聴いていただきたいです。もし、伝道師されてCDが発売されたら…間違いなく購入したいですね♪

      1
      テーマ:
  • 12Jul
    • 数々の震災に貢献したステキなグループ…

      東日本大震災他…各地で震災が起こると、その度に出かけては、被災者様をはげましてきたSMAP♪最近、どうにもならないくらい胸が苦しくなるような自然災害ばかりで、尊い命が奪われていく。もし、こんなときにSMAPがいたら、まっさきに動いたであろう。いや、解散した今でも、9月まではジャニーズだから被災者のための、その日だけの再結成を組んで欲しいと思った。彼らの行動は全国民が感動するほど、貢献度は凄かった。経済効果も凄かった。森君は違う道へ進んだけど、他の5人でまたいつか組める日を、ファンとしては何年経っても待ってるよ

      2
      テーマ:
  • 08Jul
    • 悩み中…

      今年の1月に介護福祉士を受験して不合格に終わった。あれから、もう半年…病気を理由にしてるわけでもないけど、またまた殆ど勉強してないまた来年の1月まで半年しかない。①前回の試験問題や模擬試験の結果を見て、苦手な部分だけを勉強して試験に挑むか…②1年見送りで、みっちり試験勉強をして再来年に試験をするか…でも、今、無職だからやるなら今がチャンス!!来年には変形性膝関節症だけでも良くなって、仕事に就きたいと思ってる。このまま無職ってわけにもいかない。もうそろそろ、試験センターの申し込みが始まる。正直、前回も仕事と病で、殆ど出来なくて試験に挑戦!まっ、場慣れのために行ったようなもんだからいっか!!と思ってた。まっ、不合格に終わるのも、なんとなく判ってた。でも、あれから月日が経つにつれ、自分の勉強の足りなさで努力不足の結果と気づいて自信喪失…無職で介護技法も忘れつつあって、挑戦する勇気がでない。申し込みの期日は迫るし、どうしたらいいんだろうか…と考えると、メンタルも落ちる。メンタルクリニックのカウンセラーは「自律神経失調症、不安症なのと、線維筋痛症もあって、仕事はまだ先にした方がいいかな。まぁ、今の時期は仕方ないんですよね…」と話してた。さらにさらにで悩みが増えた。また来月8月2日、私の通うメンタルクリニックのカウンセラーに相談してみよるか。(どういう気持ちになるべきか…)(どうすれば、前向きな気持ちになれるのか…)

      8
      テーマ:
  • 04Jul
    • ほしねこ占い|わたしのねこのタイプは・・・

      ▼わたしのねこのタイプは…ほしねこ占いってさっそく診断する確かに芸術向きかも?!(元美術部です)ブログに切り絵載せてあったり、昔は絵も描いたり、都内まで個展を観に行ったりしてた。すぐ泣くのも当たってる!!でも、想像力が豊か過ぎて、良いほうに考えるときと、悪いほうに考えるときと、極端に差がありすぎるのが欠点wネガティブになりやすい。ん~、めんどくさい女だニャ~…(笑)

      2
      テーマ:
  • 03Jul
    • お誕生日おめでとう♪

      猫白血病で亡くした、うちのウラ(♀)。生きていれば…先日の7月1日で17歳だった。もともとノラだったウラの誕生日は、歯や皮膚、身体を診て、病院の女医が決めてくれた。(当時、推定3歳)名前は、一人暮らしだった私のアパートへ、いつもベランダの裏で待っていたから“ウラ”と名づけた。駐車場で車を停めると、どこからともなく、すっ飛んで玄関で待ってるときもあった。もしや、オモテになってたかも?!…(笑)部屋の電気がつくと、開けてニャ~!ご飯ニャ~!と呼んでいた。食べ終われば…はい、お帰りの帰りたい鳴きそんな生活が続いた。ある日ケガをしていたの、病院へ連れていくと治療はしたものの、血液検査で猫白血病ウィルスと診断!エイズは無かった。数日悩んだ末に生き別れになるのがイヤで、友人に借金をしてペット可のアパートへ引越し!まだウイルスが悪さをしてないから、避妊手術も今がチャンスと言って、格安でやってくれた。そして、新たな生活が始まった。風呂にも入れてないのに拭いたり、自分でキレイにしてる間に…まるで、別猫?!すっかり家主になってます…(笑)病院代を稼ぐ為にたくさん働いた。そして、ウラはいつも留守番だった。多分寂しい思いをさせたかな…ついにウイルスが悪さをし始めた…何やらズーズーと鼻を鳴らして呼吸が苦しそうだった。初めは鼻気管炎やアレルギーと言われて、処方薬が出た。しかし、一向に治らず。ついに東大にある【東京大学附属動物医療センター】を紹介されて、長い道のりを急いで車を走らせた。あの時を考えると、頑張ってくれたな!と思う。ドクター「白血球が少ないけど、まだ少しの可能性をかけて、CTを撮りましょう。」そして…「やはり鼻に1cmのリンパ腫があるので呼吸困難です。治療としては放射線治療しかありません」ドクター「まずは、抗がん剤で小さくして、放射線治療をします」もし、それで生き返らなかったら…と思うと踏み切れなかった。でも頑張って、ご飯はモリモリ食べてるし、やるなら今がチャンス!ウラなら、きっと頑張ったニャ~!と言って診察室から出てくる!!そう信じて、予約を取りもう一度東大へ行った。見事、生還!少しはリンパ腫が小さくなったらしく、7ヵ月はズーズーも無く、とても元気に暮らせた。でも、そのごの町医者の血液検査や抗がん剤の日々は、きっと私を恨むほどつらかったかも…寝ずに見守りや看病した日もあった。動物用の酸素BOXもレンタルで借りて、酸素ボンベも買って、生活した。最後の最後まで、バクバクご飯を食べてくれた。(試行錯誤で、ウラが食べてくれそうな、いろいろ料理をしたけど…)そして、この10歳の誕生日を迎えることが出来た七夕に願い事も書いたよその数日後…高熱を出し、入院…がん細胞は倍々で増え続けた。もう一度放射線を…と、町医者のドクターから薦められたが、あまりの治療費の金額で、もう私の生活もおにぎりだけでは限界がきていた。そして、放射線治療を断った。入院して熱は下がらず…ドクター「帰宅するなら今しかない。治療費はあとで焦らずゆっくりでいいから、過せるだけ一緒に居てあげてください」と、皮下点滴の道具を購入、もちろん仕事も辞めた。やっぱり、いつまでも一緒には居られなかった。平成22年7月18日 満10歳で旅立ってしまった。今でも書いてると泣けてる…でも、頑張りたい!ここに居たい!って、気持ちが見えるかのように、ご飯を食べて、薬も飲んで頑張ってくれたウラ…だからこそ、ウラと一緒に闘いたかった。闘った…猫白血病ウィルスは、2年以内の死亡率80%だったのを、遥かに上回り7年も生きてくれた。自慢の娘だし、感音性難聴の私には耳の良いウラが良き相棒だった。まるで聴導猫?!驚いたのは、ウラが亡くなって半年ほど過ぎたある日…東京大学附属動物医療センターのドクターが、「その後、ウラちゃんどうしてますか?」と、電話があった。ドクターは「他の患者さんと違って、一人で頑張って来られたし、治療が終わって、ウラちゃんより、診察前で号泣してた飼い主様が気になって電話してみました。亡くなったのは残念ですが、僕から診ても、とても頑張りやさんな猫でした。ご冥福をお祈りします」と言ってくれた。地元の動物病院では女医が「いろいろな先生や看護師さんに出会えて、助けてもらったり、私のメンタルまで気遣ってくれたり。一番はヌシ様と出会えたこと。ベランダのウラから来たウラちゃんではなく、“羨ましいのウラちゃん”でしたね。」と話してくれて、またまた号泣でしたが、ウラとがんばった日、過した日は一生忘れません。この先、猫は飼わないです。ウラに全てをそそいだ愛でしたから…他の猫には出来ません。今でも、お骨は近所の動物霊園の個別納骨堂へ預けてある。行きたい時はすぐに会える。今度、私の体調が良くなったら、命日には必ずゴワゴワタオル(洗いざらしの硬いタオルが好きだった)を持って会いに行くから待ってってね。長文でしたが、読んでくださってありがとうございました。

      2
      テーマ:
  • 26Jun
    • たまには…

      ブログのデザインを変えてみました。もともと趣味である切り絵に似た画像だったので、どうかな??と思い決めてみました。ただ、トラだから、イメージがちょっと怖いかも?!最近は、ちょっと線維筋痛症の症状が強いので、切り絵をする時間がないけど、また、落ち着いたら切り絵やりたいなぁ…そのときはテーマ別に“切り絵”というテーマに載せますので見に来てください。あんまりうまくは出来ないけど…(笑)次回、挑戦したい切り絵が中国料理店などに張ってある赤い鯉や龍、福の字が入った切り絵に挑戦したいです!!

      3
      テーマ:
  • 24Jun
    • ”涙”(リブログ)

      小林麻央様 ご冥福をお祈り申し上げます。私も22歳で腎臓がんを患って、右の腎臓を摘出。そのときの医師が「悪いものを活かそうするなら制限がある。でも、君の右腎臓は摘出したのだから心配ない。心配とするならば、残りの左を大事にしなさい。あとはチカラをつけること」と話して下さった。確かに抗がん剤治療は高熱で苦しかった。あの苦しかった時から、25年…かなり進歩したであろうガン治療、それなのにやはりガンには勝てず、亡くなってしまった小林麻央様。未来のガン医療に希望を託します。いつもガンで亡くなった芸能人の報道を知ると…「私だけ生きてていいのかなぁ…」と思うし、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。しばらくは、自分の患った時のガン治療を思い出して、気が凹みそうです。もし、「また再発するようなら、右腎臓の摘出した切り口から出来る可能性がある。」と医師に言われたことがある。今は腎臓がんについては全く検査や治療はしてない。たまの健康診断で、クレアチニンの値が1.5以上ならヤバイらしいが、現在は0.8前後なので問題ナシ!でも、爆弾を抱えてるような気持ちになるときがある。やっぱり気持ちが凹むなぁ…

      2
      テーマ:
  • 17Jun
    • 今日はおまわりさんの日

      おまわりさんにお世話になったこと、ある?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようおまわりさん(刑事含む)には過去数回お世話になったことがあるw【その壱】千葉県北西部では、そこそこ有名な◎駅前で、26歳の時、一番遊び盛りの頃、女3人が大の字になって、駅のロータリーで呑んだくれて寝てしまった。朝になって目覚めて気がつくと…見知らぬ天井と畳部屋?!なんと…!!◎警察の柔道部屋?!で寝てたw他の2人は、まだグ~グ~zzz女3人、完全に恥ずかしい顔をして、事情を聞くと…どうやら保護されて寝かしてくれたらしい。全く覚えてない!!バカ女3人組w一応、犯罪にはならなかったけど、住所と名前と連絡先を記録された。「もう二度とするなよ!!嫁入り前の娘がみっともないぞ!!」と言われて帰された。【その弐】姉を自宅で亡くしたときに変死扱いで刑事が来た。本来なら涙の一つも流すのに妹の私なのに、喪主の父は足が悪く出来ない、離婚した母は喪主が出来ないし、泣き乱れていた。残るは私が喪主をするしかなかった。私がしっかりしなくちゃ!!と涙を流せずにいたら…またしても、◎警察署の刑事…「泣きたい時は泣くんだぞ。何か困ったことがあればいつでも来なさい」と名刺を置いていった。【その参】28歳か29歳の時、千葉県警婦人警官の試験を受けた私だけど、親切丁寧に対応してくれた◎◎◎警察の職員さん。「試験頑張るんだぞ!!待ってるからな」と励ましてくれた。しかし、倍率がかなり高いのか?!それとも頭がバカなのか?!(多分、バカの方だなw)試験には受からなかった。あとで◎◎◎警察に「ごめんなさい。受からなかった」と謝りに行ったら…「もう受験資格はないが、何か困ったことがあったらいつでも来て良いよ」と笑顔で話してくれた。優しかったなぁ…そう考えると、町のおまわりさんも含めて、いろいろお世話になった気がする。彼らも人間だから…あってはならない警察官の不祥事もニュースに出るけど、全部が全部悪いわけではない。これからも…頼りにしてますよ!!おまわりさ~ん♪

      2
      テーマ:
  • 23May

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス