「てるーがトークライブで一番伝えたいことは何?」

隼人さんからの質問に

パって浮かんだのが

「男の人は優しい」という言葉でした

 

隼人さんと大ちゃんの話では

 

一番近くの女性が幸せそうかどうかが

男の自信と直結する

 

男性の本能的にも女性を喜ばせることが

喜びなんだそうです

 

だから例えば

何か欲しいものがあって

それが高価なものだとして

 

一見無理そうでも

とりあえず言って欲しいと

 

時間はかかるかもしれないけど

確実に男の頭の中には組み込まれてて

叶えようと頑張る動機になる

 

だから要望はどんどん言って欲しいって

 

言ってくれもしないで

幸せそうじゃないのが一番嫌だって

話してました

 

 

 

大ちゃんと出会って2年半

 

私は自分のことは全部自分でやるべきだと

思ってたし

自分の欲求を伝えるのがとても苦手でした

 

今考えたら妥協と我慢の連続だったけど

そのことにすら気付いてなかったように思います

 

 

(その当時の写真。

タイトル「居酒屋呑んだくれおばさん」笑

身長165センチで体重は57キロありました)

 

 

本当はしんどかった会社をやめてから

大ちゃんからお金をもらって生活するように

なりました

 

働いてないのにお金をもらうことって

ものすごい罪悪感を刺激されるんです

 

「お金もらってるんだからこれくらいはやらなきゃ」

という思いが強くて

 

本当はやりたくないことでも

頑張っちゃうことがありました

 

例えば掃除

 

汚い家には住みたくないけど

掃除は苦手なんです

 

細かいところの汚れに気がつけないんです

 

大ちゃんの方がよっぽど気付くから

「ここも汚い、そこも汚い、てる仕事さぼってる」

みたいになってイライラするんです

 

で私もやりたくないもんだから

掃除のことで怒られるのが嫌なんです

 

良き妻でいたいみたいな

変なプライドを立たせてたし

 

やりたくないって言ったら

お金をもらっておいて

掃除すらも出来ない私なんかと

一緒にいてもらえなくなる気がして

言えなくて

 

お互い何となくイライラしてるから

喧嘩勃発

 

めっちゃ話し合って

 

「本当はやりたくないんでしょ?」の大ちゃんからの問いで

初めて私は掃除が苦手でやりたくないことを認められました

 

今は週1回家事代行をお願いして

家の隅から隅まできれいにしてもらってます

 

お掃除のプロって本当にすごくて

私が一日かけてもこんなきれいにならないわ!っていう

くらいピカピカにしてくれるんです

 

初めて来てもらったときは

涙が出るくらい嬉しかったです

 

それだけやりたくないことだったんです

 

今では

料理も

子育ても

ビジネスも

車の運転も

 

苦手でお願いしてやってもらってます

 

・・・自分でも引くくらいぽんこつ過ぎる。笑

 

世間一般的な妻として母としては終わってるレベル

まじで役立たずです

 

いろんな人に毎日何してるの?って聞かれます。笑

 

美しくいるため、女であるために

体づくりしたりエステ行ったりショッピングしたり

カフェでぽけーっとしたり

大ちゃんとドライブしたりして

自分を愛でることに全力投球してます

 

それでも

大ちゃんはよく

「てる居てくれてありがとう」

「てるが幸せそうだと俺も嬉しいんだよ」と

言ってくれます

 

それでも一緒にいてくれてます

 

仕事してないし

稼いでないけど

役員報酬として毎月お金をもらって

お洋服買ったり

靴を買ったり鞄を買ったり

美味しいもの食べたり

毎日豊かに過ごさせてもらってます

 

 

 

プライドこじらせて

素直に頼れなかったときは

いつも喧嘩になってました

 

喧嘩する度

「私に経済力がないから

対等に言いたいことが言えないんだ」って

思ってたけど

 

今考えたら

関係なかったです

 

経済力もスペックも

だから何が出来るとか出来ないとか

条件は関係ない

 

無条件で大ちゃんからの愛を受け取る度

私は「てるちゃんきれいだね」と言われることが

多くなりました

 

 

 

(産後1ヶ月の写真

体重は45~46キロになりました)

 

肌ツヤ

髪質

体型

オーラ

 

我慢を手放すと

細胞レベルで全てが書き換わっていくんです

 

自分の才能以外のところを手放して

幸せを受け取れば受け取るほど

美しくなっていくんです

 

これが私の真実です

 

やりたいこともやりたくないことも

貫き通すってときにめちゃめちゃ勇気のいること

 

そのままの自分で生きていくことって

とても怖いことがある

 

出来るところまでやってみて

心底自分の限界を知って

初めて人に素直にお願い出来ます

 

降参の連続です

 

でもだからこそ

この幸せな環境を作ってもらって

支えてもらってる大ちゃんに

心から感謝と尊敬の気持ちを抱けるようになりました

 

そして幸せを受け取って

美しくなればなるほど

大ちゃんにまたより一層愛されるという

循環を体験しています

 

 

 

大ちゃんも出会った頃は

毎日フル稼働で月収50万~100万だったところから

今は一つのプロジェクトで1億くらいのお金を

まわすようにまでなりました

 

月稼働も2~4日で

休みの日はよくドライブに連れてってくれます

 

仕事の日はワクワクしながら

いつも家を出て行きます

 

本当に人生楽しそう。笑

 

 

 

私が自分のぽんこつを認めれば認めるほど

力強くて頼もしくて男らしいことに

気付けるようになっていきました

 

大ちゃんの決めたことは最後までやり切る力とか

人を導く力、問題を解決して改善する力、

思考の使い方、

自分には到底敵わない男性性に

毎回恋をして

とても官能的な気持ちになるんです

 

 

 

 

一人の女性が

ただ美しく幸せに在るということの

凄まじさを感じています

 

「女性が幸せでいることは世界平和」って

よく言われるけど

 

幸せで在り続けることが

周りにもたらす影響の威力たるや

 

全ては女性が始まり

女性の喜びにかかってるんだと感じています

 

暴君モラハラ夫にするのも

世界一かっこいい旦那にするのも

私次第だってことが分かりました

 

 

 

 

私は今世界一の幸せ者だと思います

 

だからこそ全ての女性に伝えたいです

 

「あなたは世界一幸せになっていい」

 

 

 

 

 

 

私もそうなんだけど

妥協のない幸せって

自分じゃなかなか気付けない

 

80点のそこそこの幸せで満足しちゃう

 

大ちゃんは

人の思ってもいなかった

心の底からの願いをキャッチする天才で

女性を美しく輝かせる天才だと思います

 

来てくれた人が

自分の幸せに大きなオッケーを出せるような時間にしたいです

 

トークライブが終わる頃には

肌ツヤが良くなってると思うんですよ✨

 

あとその場にいるだけで

どんどんインスピレーションが湧いちゃう気がします!✨

 

 

 

当日皆さまにお会いできること

楽しみにしております♡
 

お申し込みはこちらから♡
 

AD

リブログ(1)