私がおむつなし育児交流会を続けてきた理由 | おむつなし育児の伝道師 土屋由希子のオフィシャルブログ

おむつなし育児の伝道師 土屋由希子のオフィシャルブログ

徒然と、おむつなし育児についてお話しします。


テーマ:

本日は私土屋による最後のオーガナイザーの交流会でした。

おむつなし育児交流会をはじめて早3年半、

毎月1度の交流会の開催と、年に1~2度のイベント企画をし続けて、

毎回毎回、沢山のお母さんと赤ちゃん、そしてまだまだ希少ではありますが素敵な旦那さん方にもお会いすることができました。

 

 

そして今回6月の交流会をもって、移住の準備を進めるため、

おむつなし育児交流会の代表を別のメンバーへと引き継ぐことになります。

 

機会があればお話しさせていただいておりますが、

私がおむつなし育児交流会という団体を立ち上げた理由は

ただただ「おむつなし育児仲間が欲しかったから」です。

 

私が上の子のおむつなし育児を始めたころは、交流会の数も少なく、

私の住んでいるところからは遠くの国分寺で開催されている、自然育児友の会のおむつなし育児お茶会に行きました。

 

その交流会が楽しくて、また来たい!と思ったのですが、場所が遠い。。。

とその時にオーガナイザーを務めていらっしゃったいとうえみこさんに

「だったら土屋さんがやっちゃえばいいじゃないですか」とポンっと言われて、

あ、そうか~とおもったのがきっかけです。

 

ただ、今は沢山のおむつなし育児仲間が増え、アドバイザー仲間も増え、

おむつなし育児を卒業し、それでも続けていたのは、伝える楽しさと、なんか心の底からくる

使命感みたいなものが強くなってきたのが大きいです。

 

私はおむつなし育児を知らなかったら、間違った方向に行っていたかもしれない、

という危機感?ひやひや感?があります。

 

育児本を読み、スマホで子育て情報を得て、赤ちゃんを見ない親になっていたんじゃないかな。

いや、育児本もスマホで情報を得るのも良い事だとは思うのですが、

最終的に「私の赤ちゃんの事は私の赤ちゃんから情報を得るのだ」という事が

わかったのは、おむつなし育児をやったからだと思います。

 

だから、もしかして私みたいな人がいたら大変だ!というお節介な気持ちです。

あの当時の私におむつなし育児を教えてくれた友達の様に、

おむつなし育児という選択肢があることをいろんな人に知ってもらいたい、

沢山ある育児法の中のひとつに、おむつなし育児という育児法を当然の様に

入れてほしい!という強い想いで交流会を続けてきました。

 

その思いが、大きくなり、一昨年はこうとう子育てメッセを立ち上げたのですが、そのお話はまたの機会に。

 

とにかく、こんな私の思い付きにお付き合いくださった沢山の皆さま、ありがとうございました。

そして交流会のメンバー、影響を与えてくれたおむつなし育児の先輩方、おむつなし育児仲間に感謝しております。

 

そして、形は変わるかもしれないけれど、移住してもこの活動は細々と続けて行こうと思っております。

 

 

omutsutiyaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス