こんにちは、ニコニコ 情報発信担当の長谷川です。

暑さ晴れは今まさにピーク。ここまで暑いと身体がバテてしまう方も多くいらっしゃるのでは? そんな夏バテ気味の皆さまへ、ぶどう畑のレストラン・お昼のバイキングからピッタリのお料理のご紹介です。

 

 

まずは万願寺とうがらしの煮びたしから。

万願寺とうがらし」とは京都府舞鶴市の万願寺地区という土地で栽培されているブランド京野菜。大きさが15センチほどにもなるので、「とうがらしの王様」と呼ばれることもあるそうです。

とうがらしと聞くと「辛い炎」という印象が真っ先に連想されると思いますが、この万願寺とうがらしはそれが非常に少なくなっているので、辛いものが苦手な方でも安心!

しかも栄養素はピーマンよりも豊富なので、疲れた身体にきっと効果があるはず!

 

 

 

続いてご紹介するのは麻婆茄子

昔から「秋ナスは嫁に食わすな」と言われますが、これはナスには実際に身体を冷やす効果があるから。真夏の熱波で熱くなってしまった身体にこれほどぴったりなお野菜はありません! もちろん、身体を冷やしすぎない程度に味わっていただければと思います。

 

 

 

皆さまぜひ、季節の野菜をふんだんに使ったぶどう畑のレストランのバイキングへお越しください。

レストランに関するお問い合わせは0957-55-5289まで。

 

AD