歯周病について

テーマ:
歯周病は歯を支える骨が溶けてしまう病気のことです。
歯周病のしくみは、歯周ポケットの中のばい菌をやっつけようと私たちの体の防御機構が働くのですが、それがやりすぎて、歯を支える骨までとかしてしまうイメージです。
よく知られているのは、歯磨きが悪くて、悪化するということでしょうか?
ただ、歯周病はこのプラークだけが原因ではありません。
噛み合わせや、歯ぎしりや食いしばりなどのせいで、強すぎる力が歯に加わることでも、歯を支える骨は破壊されますので、これでも、歯周病は悪化します。

{C2984631-E0B3-4565-BFFB-F0EFD2964D31}



歯周病は自覚症状があまりないまま進行する場合が多いので、気がついた時には、病状が進行している時もあります。
歯周病が進行してしまうと、歯が揺れてきたり、ひどい時には抜けてしまったり、本当に大変です。

定期検診などでは、虫歯だけでなく、ポケットなどの歯ぐきの状態を必ずチェックされるのはこのためです。

なくなってしまった、歯を支える骨は手術などをしないとなかなか元に戻ることはないので、普段からの予防が大切です。