思うつぼの雑記ばらん。

記憶の残滓。日常に何もネタがないので旅日記率高し。


テーマ:

4月にブログを書くのを忘れてしまいました。なんてこったい。

それ以前にけっこうな忙しさでここにさくリソースが無かったのも

あるんですが。結構気力体力使うんですw

 

3/31、行ってきました東京ドーム。

この日の為に生きてきた!そうです、FINAL LOVELIVE 初日!

まさか当たるとは思っていなかったのですが、当たってしまった

以上行かないわけにもいくまいと、スケジュール調整に苦労しま

したですハイ。

 

前日の夜に関東に入って、翌日は朝から行動開始。共に行く

ことになった元同郷の友人と合流してまずは神田明神にてライブの

成功を祈願。案の定朝もはよからラブライバーでいっぱいでしたね。

その後友人の希望で、劇場版の後半、穂むらから秋葉の通りへ

メンバーが合流しながら行くルートを辿っていく事に。その途中に

あった我々の個人的な聖地だった藏楽部の跡地はなんとカレー屋に

変身していました。レイアウトもガラッと変わっててびっくり。

 

そしてちょっと時間が早すぎたのでパセラ1Fのハニトーカフェで

ちょっと時間をつぶしてから水道橋に移動。13時過ぎだったかなぁ、

既に駅前から人でいっぱい!もちろん全部が全部ライブの客じゃ

無いにしても、なにせキャパ5万人だそうで、どこを見てもそれと解る

人で溢れていました。

 

入場して最初に感じたのは「でっけぇ・・・」自分たちは1階席の1塁側、

メインのステージは遠いけど、サイドに設けられたサブステージは

程よく見える位置でした。これまでのステージのつくりとは根本的に

異なっているようで、今まではメインステージの中央から前に張出した

島の様なサブステージが4th、5thともあって5thの時は、円形に

なってる中央部がリフトアップして、ウエディングケーキのような形に

変形し、各段が回転するというとんでもなく凝った仕様で、これが

非常に効果的に使われてあの感動的な2日間を刻んだんですね。

 

ライブを観に行ったのは5thからで、現地では気力も体力も持たない

だろうとハナっからライブビューイングでしたが、とても素晴らしい

ライブに、一度は生で体感できるといいな、位には思っていたんです。

 

実は当時、5thの次を想像できなくて、これがラストのつもりで観に

いってて、そこからファンミこそ行かなかったのですが、劇場版は

まさかの60回も映画館で観る程に。あの映画は自分の中では特別

過ぎですね。TVでの露出(NHKの力の入れようったら!)も増えて

秋にあった野外で観る機会はチケットを持っていながら仕事の都合

で行けなかったこともあり、FINALの発表があってからその日まで

期待と不安で悶々とする日々を過ごすことに(笑)

 

4thでアニメ本編をなぞるような演出をし始めたことで、5thの時は

このシーンをどう再現するか、が非常に楽しみで、それもこちらの

期待を大きく上回ることをやってくれて、ライブの凄さを改めて実感

したわけで、さて劇場版をやった後、どう魅せてくれるかという点に

期待しないはずが無い訳で。

 

それにしても、いつの間にこんなにどっぷりハマったのやら。

アニメ1期もリアルタイムでは見ておらず、ちゃんと見たのは半年以上

過ぎてからで、それまではニコ生での中の人の宣伝番組を興味半分に

観ていたのですが、それでもライブそのものを観るまでには至らず、

ただ中の人たちへの好感度はどんどん上がっていましたねぇ。

 

決定的だったのはやはりアニメ一期とニコ生で流れた3rdライブを観て

しまったことでしょう。あのアンコールで私の中の価値観の何かが

変わってしまったんだろうなぁと。結果、距離が開きつつあったアニメの

方にまた向くようになってきたのかもしれず。そういえば当時はTV

観るよりニコ生観てる方が多かった気がする。

 

でも2期が始まるまではそれほどでもなかったんだな…

 

さてさて、転落人生を振り返るのはこの辺にしておいて、今回、事前に

5時間前後のライブになる事が予想ながらも共通認識となっており、

トイレへ行くのを極力さけるべく、皆水分接種を控えていたようで、

なんとなくコーラが飲みたくなってドリンク売りのおねーさんから買った

時には物凄く感謝されてしまった。だがフラグは立たない!w

 

そして席は徐々に埋まっていき、BGMとして流れるμ’sの歌に合わ

せてブレードの色が切り替わったりと既に客席は完璧な仕上りw。

傍目にみてもその様は圧巻でした。

 

そして開演時間になり、舞台の幕は上がるのです・・・

 

続くー。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。