みなさま、こんにちは!

 

表参道のホワイトニング

専門歯科

 

表参道ホワイトデンタルクリニックです!

宝石ブルー宝石白宝石紫宝石赤宝石緑

最近、街のシンボルでも

マスクをよく見かけますゲホゲホ

 

 

 


 

 

 

気になったので

それぞれの

企業の歴史を調べてみましたおねがい

 

 

 

 

 

まずは不二家

言わずと知れた

ペコちゃん!

でおなじみですねラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不二家は

1910年藤井林右衛門

横浜に洋菓子店として開業して始まりました富士山

 

 

 

 

 

 

 

 

「不二」

としたのは、

2つとない存在でありたい

という決意だったからだそうです真顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初、洋菓子は珍しすぎて

あまり売れなかったそうでショボーン

 

そこで藤井は渡米し、

洋菓子がしゃれた店舗で

一流の場所で売られていることを

知ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰国後、横浜に店舗をかまえ、

シュークリームや

ショートケーキなどを販売し

好評を得ますショートケーキパフェ

 

 

 

 

 

 

 

経営はすべて順風満帆だったわけではありません。

関東大震災で工場が焼けたり

戦争で店舗、工場、従業員を失ったそうですショボーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれでもあきらめずに、

焼け残ったボイラーで

工場を再開させ、

あの「ミルキー」が誕生したそうです目

 

すごいな~目目

 

しかも企業ミッションがおもしろくて、

 

すべてを「お母さんの気持ちで」

「ベストクオリティ・ベストサービス」を

提供します

 

とあって、

 

 

 

 

 

 

 

「ママの味」からきてるのかな?

と思ってしまいましたお願いお願い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて続いては、、、

「虎屋」です!

 

 

虎屋は室町時代後期

京都で創業しました真顔

 

室町時代ってすごいな。

5世紀続く企業って

本当に興味深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虎屋のお菓子は

いわゆる皇室御用達だったそうです。

1844年同じく菓子御用をしていた

二口屋を吸収合併。

1869年東京に進出します。

 

 

 

 

 

 

第二次世界大戦の頃は軍関係の注文が増えたそうですアップアップ

戦後は工場や店舗を拡大。

今はパリなど世界にも進出しているそうですお願い

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや会社の歴史が

そのまま和菓子の歴史なんじゃないかというくらい

壮大な年表になっておりましたびっくり

500年続く和菓子屋さんは本当にすごい!

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、、、

「三越」です!

 

三越は1673年三井高利が創業しました。

最初は呉服店で、

当時は富裕層のものだった呉服を

一般市民のものにしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のスローガンが、

店前現銀無掛値

(たなさきげんきんかけねなし)

つまり、商品に値札をつけて

誰でも同じ価格にした

ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今じゃそんなのあたりまえ、

と思ってしまいますが

昔はお客さんの状態を見て

値段交渉していたそうですびっくり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも

商品売買の歴史がわかりますね。

企業のモットーにも

「時代より先に変わる」

とあります。

コロナウイルスの影響で

これからのデパートの在り方は

どんどん変わっていきそうです真顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで調べて

100年企業に共通するのは

ドキドキ困難に屈しない

ドキドキ時代とともに変化をいとわない

ドキドキただし芯となる柱は持っている

 

ということがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100年も過ごせば本当にいろいろなことがあります滝汗

地震

火事

戦争

コロナウイルス、、、

いい時ばかりでも

悪い時ばかりでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院もコロナに負けず

100年続くクリニックになれるよう

研鑽していきたいと思います!

 

ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺

今日のまとめ

ハート困難に屈しない

ハート時代とともに変化をいとわない

ハートただし芯となる柱は持っている

ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺

参考

不二家公式HP

虎屋公式HP

三越公式HP

宝石緑宝石赤宝石紫宝石白宝石ブルー

表参道のホワイトニング専門歯科

表参道ホワイトデンタルクリニック

ハート女性専用クリニックハート

みなさま、こんにちは!

 

ホワイトニング専門歯科

 

表参道ホワイトデンタルクリニック

 

です!

 

輝く女性には

輝く歯が似合う。

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトニングで歯を輝かせるだけでなく、

輝く女性を応援する意味も込めて、

クリニックで

輝く女性たちを

独占インタビュー

していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、

外苑前で

食堂を経営されている

中里希さんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜たっぷりの中里さんのランチ定食は

優しい味で

全然飽きが来ないです。

そして本当においしいスープまで

ついてきます!

当院のスタッフも

大ファンの食堂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社員の経験もおありで、

何度か転職されているという

中里さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

どのようにして

食堂を開くに至ったのか。

 

女性おひとりでお店を運営する秘訣など

詳しく伺いました!

 

 

 

 

 

 

 

宝石赤宝石紫宝石緑宝石ブルー宝石白

 

 

 

ハートご職業を教えてください!

 

 

栃木の有機野菜をたくさん使った

おかずとスープを出すことり食堂というお店の店主です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートどのようにして、今の食堂を開業されるに至りましたか?

元々お料理は好きでしたか?

調理学校などに行かれましたか?

高校や大学を卒業してから、

現在に至るまでのキャリアパスを教えてください!

 

 

大学を卒業したあと、29歳まで会社員をしていました。

7回転職していて、職業や職種も様々。

 

 

 

 

 

 

社長秘書や外回りの広告営業、

ITベンチャーの企画営業、

電化製品営業、

建築デザイン会社の事務職など

色んな業界で働いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょんなことから会社を辞めて、

お店を始めることになったのですが、

お料理は苦手というか全くしていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災があったときに、

ショックでご飯が食べられなくなった時期があって

そのときに食べることの大切さを感じ、

30歳が近づいてきたときに

「食」を大切にしていきたいと思ったのがきっかけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートことり食堂は、一つ一つの素材が美味しいし、飽きないです。

栃木県の食材を使っていると読みました。

あと、何よりスープがとても美味しいのですが、

ことり食堂の1番のウリは何でしょうか?

 

 

「毎日食べられるごはん」を意識しています。

会社員時代、転職は多かったものの、

仕事は好きで朝から晩まで働いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番忙しかったITベンチャー企業の仕事のときに

職場が恵比寿だったのですが、

おしゃれなランチを出すお店はたくさんあったけれど、

 

 

 

 

 

 

 

 

どこもメインのおかずがドーンとあって、

具の少ないスープと、サラダがちょっと添えてあるだけ。

食べたいものはこれじゃなくて、副菜がたくさんあって、

スープも野菜などの具がたくさんある

栄養たっぷりのごはんが食べたいと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、栃木から有機野菜を仕入れているのですが、

この農家さんは父が紹介してくれた人です。

取引が始まることになって、実際に農園へ会いに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方以外からも様々な食材を使いますが、

なるべく顔の見える人がつくったものを使うようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウリと言えるかはわかりませんが、

「顔が見える人がつくったものを、

顔の見える人へ届ける。

 菓子パン一個で朝から晩まで働いていた

あの頃の自分が食べたかったものをつくる」

ということを大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート仕事をしていく中で、大変すぎて、

「もうやめちゃおうかな」と思ったことはありますか?

女性が1人でビジネスを経営するのはやっぱり大変ですか?

その時どうやって乗り越えましたか?

 

 

お店をひとりで切り盛りしているので、

体力的にしんどくて

やめたいなと思ったことは何度かあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り越え方は、思い切って休むこと。

一昨年、今までで一番体調が悪くて、

本当にお店を辞めることを考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い切って一か月休んで、

夏のヨーロッパに旅行へ行きました。

バカンス中の開放的な雰囲気と、

現地で出会ったたくさんの人々から

パワーをもらって、元気になって帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働くために休むのではなく、

休むために働くという切り替えになって、

大きな意味での自分の人生を豊かにするんだという気持ちでやっていて、

それからは、大きく体調を崩すことがなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート逆にこの仕事をしていて最高だな!

という瞬間はどんな時でしょうか?

 

自分のつくったごはんを食べてくれた人の

満面の笑顔の「おいしかった!ごちそうさま」

という言葉をもらった瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート今は大変な時期ですが、将来こんなことをしてみたい!

という夢などはありますか?

 

今は昼のみの食堂ですが、

もっと幅広い年齢層の方、こどもから、おじいちゃんおばあちゃんが

「食」を中心に集まる場所をつくりたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートどうやったら、中里さんのように自立して輝けるようになりますか?

本当は食堂を開きたいけど、

勇気がない女性もいるかもしれません。

好きなことをして自立したい日本人女性にメッセージをお願いします!

 

わたしは自分が自立しているとは思っていなくて、

本当にお客さんや、友人たちに支えてもらっていて

周りの人たちがいなかったら生きていけないなと毎日感じて生きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ごはんをつくることも、好きか嫌いかと聞かれると

「そんなに好きではない」と答えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、喜んでくれる人や応援してくれる人がいるから、

続けられているんだと思っています。

ちょっと勇気を出して、決めて、小さく始めて、続けること。

最初はどうなるか不安しかなかったけれど、

続いているということは、

もしかすると実は向いていたのかもしれないと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートなるほど~

私も診療が忙しいと

ついついコンビニに頼りがちですが

飽きてきます。

 

 

中里さんの定食はまさに

「毎日食べたくなる」ご飯です。

そこに行きつくには

忙しい会社員のご経験があってこそなので、

すべてのキャリアに無駄はないのだなと思います。

 

 

そして、経営を続けていくには

「好きなこと」

でなければいけないという

先入観があったのですが、

「そんなに好きではない」

とおっしゃる中里さん。

 

 

しかし、実はその方が

仕事やお店に対する過剰な期待や理想の姿などがなく

自然と続いていくのかもしれません。

 

 

そうそう、ことり食堂はすべてが自然で無理がなく、

おばあちゃんの家でお昼ご飯を食べてるような感覚になります。

「午後の仕事もがんばろう!」という気分になれるのです。

 

 

大手企業のように

緻密なマーケティング調査や

莫大な広告費などはかけられなくても、

「小さく初めて、続けること」

 

 

なにか挑戦したいことがある方は、

この言葉に

たくさんのヒントが

詰まっているのではないでしょうか。

 

 

いろいろな方が集うことり食堂。

本当はお客さんが「ことり」で、

食堂は「とまり木」みたいだなと思いました。

 

 

中里さん、ありがとうございました。

また食べに行きます!

みなさんも、「顔の見える」ランチが食べたくなったら

 

ぜひどうぞ!

 

ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺

今日のまとめ

ハートキャリアに無駄はない

ハートやってみたら向いてることもある

ハート休むために働くのもアリ

ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺

 

宝石赤宝石紫宝石緑宝石ブルー宝石白

ホワイトニング専門歯科

女性専用クリニック

表参道ホワイトデンタルクリニック

ハイヒールご予約お待ちしておりますハイヒール

みなさま、こんにちは!

 

ホワイトニング専門歯科

 

表参道ホワイトデンタルクリニック

です!

 

 

 

 

 

輝く女性には

輝く歯が似合う。

 

ホワイトニングで歯を輝かせるだけでなく、

輝く女性を応援する意味も込めて、

クリニックで

輝く女性たちを

独占インタビュー

していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、

表参道・南青山エリアで

アーユルヴェーダサロンを経営されている

田村佳都子さんです!

当院のスタッフも通っている

癒しのサロン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田村さんがサロンを開業された経緯や

アーユルヴェーダの聖地

スリランカという国についても

詳しくお話をうかがいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癒されたい方

お疲れ気味の方

一人サロンを経営されている方

必見ですハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートご職業を教えてください!

皆さま、こんにちは!アーユルヴェーダサロンayus-lino(アユスリノ)の

オーナー兼セラピストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート最初から将来の夢が「アーユルヴェーダのセラピスト」という方は少ないと思うのですが、

田村さんはどうやってアーユルヴェーダに出会われたのでしょう?

高校を卒業されてからのキャリアパスを教えてください!

 

 

高校卒業後は、管理栄養士への道を考えていた私です。

しかし、時代は携帯電話が普及し始めた頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい時代が来ると直感で思った私は、

世の中がITによってどう変わっていくのか興味を持ち、

情報メディア学科へ突如進路を変更し、大学進学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学以外の時間は、小学・中学・高校と新体操をしていた私は、

勉強以外の時間はフィットネスクラブでアルバイトをしたり、

新体操クラブの講師として働かせて貰ったり、体を動かすことが好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学卒業後、新体操クラブへの就職も誘って頂いたのですが、

一度企業で働いてみたく、

大学の流れからIT企業へ就職しシステムエンジニアをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のセラピストとは、全く逆の世界の仕事です。

 

それから3年。"もっと働く時間を楽しくしたいな…"と考えていた頃、

友人とモルジブへ旅行へ行く事があり、

楽園で、"自分が楽しいと思える人生"について考え、

紙とペンを片手に、私はそこで、"自分のなりたい姿"を書き出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モルジブの楽園が私の心の開放してくれたのだと思います。

 

" 体を楽にし、人を笑顔にする仕事をしたい。

     笑顔に囲まれた生活を送りたい。 "

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その気持ちを元に、帰国してネットで検索して出会ったのが、

"心と体の健康の哲学"が多く詰まったアーユルヴェーダの世界でした。

 

そこから1年学び、27歳でサロンへ転職。

まったくの異業種からスタートをきりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今も想いに変わりはありません。

ご来店くださるお客様が癒された後は

自分や周囲の人に優しさをわけていただき、

良き社会や笑顔が広がってくれたらと願い施術に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートアーユルヴェーダのセラピストをやっていて、

これが最高の瞬間!

というのはどんな時でしょう?

 

ご来店の度に、体調が良くなり、お客様が笑顔になってくださったり、

生活の質が良く変わって家庭や人生が明るくなる話を聞いたりすると、

最高に嬉しいなと思って仕事をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート田村さんはスリランカによく行かれてますよね!

日本人にはまだまだ馴染みが薄いです。

日本と比べてスリランカのいいところは何ですか?

逆に日本のいいところはどこでしょう?

 

スリランカの良いなと思うところは

●自然のリズムを大切に生きている(満月は仕事はお休み)

●アーユルヴェーダの薬局が至る所にあり、薬草がいつでも買える

●スーパーに野菜が多いく、どれも安い !!

●家族を大切に生きている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートヒョエー!

満月は仕事が休み?

日本では怒られそうな話です!!笑

 

などなど。健康意識が元から高く、早寝早起き、ゆるっとした考え方の人が

多く、自然と共存している生活がとても魅力的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご旅行に行かれてみても面白い国だとおすすめです。

 

日本の良いところは、清潔。トイレが綺麗。

いや、トイレだけではないですね。至る所が綺麗(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリランカは非常に親日国で、

小学校では日本文化で  " 整理 / 整頓 / 清掃"が今の綺麗な日本を作っている。

私たちもそれを学ぶべき。と教えているそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート日本では女性は30歳まで結婚しなきゃとか、

そういうプレッシャーがまだあります。

スリランカではどうでしょう?

宗教や家族など、日本よりもっと縛りがあったりしますか?

スリランカでは女性は働いていますか?

それともひと昔前の日本みたいに、女性は家庭にいるのが当たり前ですか?

 

スリランカの結婚は日本よりプレッシャーがはるかに高いです。

最初に付き合った人と結婚、多くても2,3人までで結婚。

初婚も早い傾向で、女性が働くこともOKですが、帰宅は早め。ひと昔前の日本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、女性がとても大切に扱われています。

傷でもついたら人生が狂ってしまい兼ねないそうで、

日本人の感じているプレッシャーとは種類が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷ついて、思いつめて自殺しちゃうこともあるくらいだと聞いていて、

恋愛、結婚については日本とははるかに異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、育児のストレスは逆に少ない気もしました。

 

子供をお迎えに行く為に仕事を抜け出すことは当たり前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで会社にとがめられるというようなことはなく、

現在の日本のママさん達が頑張っている子育てと仕事の両立の心配がないのは

良い点かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート田村さんのサロンはとても素敵で、リピーターも多いですよね。

将来こうしたい!という夢やビジョンはありますか?

スリランカに移住とかはありますか?

あくまで田村さんの使命は東京で働く女性のケアでしょうか?

 

私の場合、ケアが必要な女性は都心に多いかなと思っていまして、

仕事帰りでもすぐに来て貰える場所にお店を構えたのもその為なので、

移住は考えていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、このインタビュー前にスリランカに移住する話しもあったのですが、、、

やはり思いきる事が出来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンスって、来ても自分の準備が出来ていないとGet出来ないものですね。

きっと、今じゃなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢は女性が支えあい、

笑顔になれるサロンをこれからも作っていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デジタルが進むに連れ、私は逆に人と人が出会い、

心を通わせられる場所が大事だと思っています。

サロンがそんな場所であるようにしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボディケアは本当に、心にも触れる行為だと思っています。

どんな悩みを持っていても、トリートメントで流していけるように、

任せて貰えるように、これからも努めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート最後に自立して輝きたい日本の女性にメッセージをお願いします!

 

人生一回きりなので、今しか出来ないことを大切に生きましょう‼︎

その為に体がついてこない・・・

頭が既成概念にとらわれる・・・などあれば、

アーユルヴェーダサロンへ遊びにいらして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は輝きしかありません。それを止める毒素は、心も体も浄化する‼︎

 

心からの笑顔は最高の輝きを放ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに至るまで、私も色々ありました。

でも、踏み出したからこそ見える景色が必ずあります。

皆さまの自立を応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますがこのようなインタビューの機会を頂きました

表参道ホワイトデンタルクリニック様に、感謝申し上げます。

 

長い文章を最後までお読み頂いて、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハート田村さん、ありがとうございました!!

一人サロンの経営には

ご苦労もおありかと思いますが、

並々ならぬ

努力と情熱、意思を感じる

インタビューとなりました!

 

チャンスは明日来るかもしれないので

準備を怠らないようする。

すぐ動けるように

心身を整えておく。

 

インタビューしているこちらも

いろいろ学ばせていただきました!

 

同じ表参道で美容に携わる者として

共にがんばりましょう!!

当院も満月は休診にしようかな~笑

 

そしてちょっと疲れてる方

コロナの在宅ワークで腰痛肩こりの方

田村さんのサロンへどうぞ!

きっと癒されますラブ

 

アユスリノ 公式HP左差し左差し左差し

 

ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺

今日のまとめ

ハートキャリアに無駄はない

ハートチャンスが来た時のために準備する

ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺ぽってり苺

 

宝石白宝石ブルー宝石緑宝石紫宝石赤

ホワイトニング専門歯科

女性専用クリニック

表参道ホワイトデンタルクリニック

口紅ご予約お待ちしております口紅