大森杏子Racing Official WEBLOG

大森杏子Racing Official WEBLOG

大森杏子Racingの最新情報を配信します!

2021年の大森杏子Racing初陣となった富士スピードウェイでの「86/BRZレース」が先日5月9日に決勝レースを迎えました。


広報担当のひいき目線では無く、第三者から見ても今回のレースの内容は、昨年までのものと比べると格段に素晴らしかったと思います。


振り返れば、木曜・金曜の走り始めから好調であったし、さらに言えばレースウィークへ向けての気持ち・メンタルの保ち方もうまくいったんじゃないかと感じています。


今年は昨年と少し体制も変わって、マシンも変わって、上杉選手自身が得意なイメージのあるFR車でのシリーズに変わって、スパッとリフレッシュした気持ちでレースに向けて準備を進められたんじゃないかと思います。


しかし、もちろん課題も見えてきているはずです。決勝は14台抜きと素晴らしい内容ばかりが目立ちましたが、予選では総合40番手とつまずいてしまいました。


10周しかない決勝レースで14台抜いてきた事は確かに見事でしたが、仮にこの速さを予選から発揮出来ていたならば。


刻々と変化するコンディションにマシンやドライビングを合わせていく事は容易ではありませんし、レースウィークのすべてのセッションで完璧に実力を発揮するなど不可能に近い事は、私も曲がりなりにもレースをする端くれですので承知しております。


しかし大森杏子号と上杉選手が、さらに高い位置へ向かうのであれば、今回見えた課題をしっかりとつぶし込んでいかねばならぬと思います。


たくさんお褒めの言葉を頂きました。とても嬉しいです。しかし、これで我々の挑戦は終わりではありません。


今シーズンは始まったばかり。7月と9月には今年の最重点レースとなるでしょう、SUGOと鈴鹿のレースが待っています。


改めて気を引き締めて、今後のレースに向けて準備を進めていきたいと思います。


また、当日現地まで応援に来てくださった方々。大変な情勢の中、本当にありがとうございました。この未曾有の戦いに終わりをなかなか見出せないでいる我々人類ではありますが、くれぐれも体調にはお気をつけて頂いて、またサーキットでお会いできる事を楽しみにしております。