2004年10月09日

自己紹介

テーマ:自己紹介
私は37歳、結婚1年目の男です。
とある県の県立高校を卒業後、1浪して東京の私立大に入りました。
大学ではマクロ経済を学び、バブル期に金融機関に就職しました。
都内の支店を4年、その後大坂の支店に異動(2年間)、本社の営業部門を経て(6年)、現在は流通業の取引先に出向し、企画部門で働いています。
昨年結婚した妻は、就職した金融機関の同期で、ゴールインするまでは、結果的に長い時間が必要でした。
性格(=自己分析なので信頼性は?)は、まじめなほうだと思いますが、短気です。思春期に短気な性格がいやになり、なるべく怒りを中にしまいこむようにしていました。その結果、怒ると無口になってしまうようです(妻の感想)。

人並みに、私もいくつかの恋に落ちました。その思い出は胸の中に大切にしまっているつもりです。しかし・・・
加速度的に忙しくなる競争社会の中で、まるで純白のキャンバスが灰色になるように、いつしか心きらめく思いが、静かに、そしてゆっくりと、失われているような気がします。
私は、心の底に眠る思い出を綴ることにより、汚れたキャンバスを、少しづつ、きれいにしてみようと思います。その思い出は、必ずしも清いものではなく、見る人にとっては、きっと、汚れたものと映るかもしれません。
それでも・・・私にとっては大切なもの、そしてその彼方には純白のキャンバスを抱えた自分がいたはずなのです。
思い出の彼方にいる自分を見つける旅、もしその道程が誰かの悩みを和らげるヒントになったら・・・そういう想いから、キーボードをたたく決心をしました。どなたか、そんな旅にお付き合いをしていただける方がいたら、嬉しく思います。

「初恋」といえるような恋は、高校生2年生の時にさかのぼります。それまでにも、道徳のTV(←まだあるのかな?)に出てくるようなやりとりや、もう少し踏み込んだお付き合いはありました。しかし、若干ませてはいてもどれも幼稚なもの、とても「恋」とは言い難い経験です。

私の旅は、高校時代からはじめようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年10月09日

思い出の彼方に

テーマ:自己紹介
皆さん、はじめまして。
私も人並みに、いくつかの恋に落ちました。その時々の思いは、胸の中に大切にしまってきましたが、日々加速する忙しさと競争社会の中で、心ときめいた美しい気持ちが徐々に失なわれているような気がしています。まるで、純白のキャンバスがどんどん灰色に変わっていくように・・・。
これから私は、しまっておいた思い出を綴ることによって、素直な心のときめきを取り戻す旅に出ようと思います。
そして、そのことが、私以外の方の悩みを和らげるヒントになれば・・・とても嬉しく思います。
つらつらと綴る思い出の旅、お付き合いいただけたら幸いです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。