『ダークナイト・ライジング』24記憶を辿るストーリーネタバレ拾捌 | 脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ

脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ

映画のタイトルから内容や出演者など思い出し書きするブログです。監督・俳優から次の記事へと連鎖。記憶が鮮明な時はネタバレの可能性大!それ以外にDVD・劇場で観た映画の感想や俳優ネタ、映画関連のフィギュアや趣味ネタも時々。

前回記事『ダークナイト・ライジング』23記憶を辿るストーリーネタバレ拾漆
(↑クリックで前回記事をご覧いただけます^^)
                     ↓
今回『ダークナイト・ライジング』24
記憶を辿るストーリーネタバレ拾捌

※劇場鑑賞後に
 思い出して書いているものなので
 記憶が曖昧な部分がございますことを
 ご了承下さい^^;
※当作品では、
 ストーリー上のある設定として
 核エネルギー関連のものを使用しています。
※ネタバレありますので
 【ネタバレ注意】表示してます。
※画像が無いいいいーー!!^^;
※コメ返しは、初コメさまも
 常連さまも区別一切なく、
 3~4日以内にお返ししてます^^
脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ


あと2つ!!





【ここからネタバレ注意】

↓  ↓  ↓  ↓



すごいテンポで
場面が交錯してて
どこら辺でシーン挟まるか
いつも通り覚えちゃあいませんが、
バスで橋に着いたブレイク、
神父と孤児たち。



橋を守る警官達はベイン一味から
「一人でも渡らせれば
 爆弾を爆発させる」と言われた上司から
絶対に誰も通さないように
命令を出されてる。
しかし、ボタンを押されなくても
もう残り数十分でメルトダウンが起きる。

そのことを話して、
子供達を橋の向こう側に逃がしてくれるよう
交渉するんですが、
“命令に縛られた”警官たち。
こんなに極めて切迫した状況でも
一番大事な事が見えなくなっている。


「そっちに行くから撃つな」と呼びかけ
一歩ずつ彼らに近付こうとする。
しかし、誰も渡らせない為に
躊躇(ためら)いつつも
橋を爆破してしまう警官隊。


ブレイクは無事ですが
臨機応変に考えて
対応することのできない
警察というものに酷く落胆する。
先のシーンでブレイクが強く批判したゴードン、
彼が言った言葉を
身に染みて知るわけです。


ゴードンもやっとこさ
炉心=中性子爆弾を
積まれたトラックを発見
し、
遠隔操作を遮断させる装置を
設置することに成功する。
これで遠くでボタン押されても
起爆させることは出来ない。


揺れるトラックで頑張るゴードン役
ゲイリー・オールドマンですが
カメラが顔を捉えられてない(笑)
やから、「終盤あんまし
ゲイリー出てなかったな・・・」
なんて印象ww
3回観ても変わらんw


でですよ、
タリアたちのシーンに戻ります。
ナイフをグリグリ~捻(ねじ)って、
バットマンに肉体的な痛みを与えながら、
精神的にも大ダメージを与え続ける。
「遠隔爆破装置はここよ?」
とチラリと見せる
彼女の手の中には
赤く光るボタンが!



これで終わりよ!と
言わんばかりに押す!
ポチッ!



・・・。


アレ・・・!?
ポチッ!!



爆発せん・・・しょぼーん(笑)


「君のナイフは
 刺すのがゆっくり過ぎる」

とバットマン。
まだ泣きそうなクセに何を言うとる(笑)



仕方ない、邪魔はさせないわよ、と
じっくりと刺すナイフと同じように
バットマンに
最悪最大の苦痛を味わわせる為、
彼のことは生かしておく。
ベインの言っていた
“魂を揺さぶる”というアレ。

「殺しちゃダメよ。
 ゴッサム2000万の命が
 焼き尽くされるのを
 その目で見ていなさい。」

(人口、合ってるかな?)


ベインに最期の別れを告げ、
タンブラーに乗るタリア。
中性子爆弾を積んで
移動中のトラックに向かう。


タリアの計画を邪魔した怒りから
ベインは彼女の命令ガン無視!(笑)

もう殴るのはやめて、
ショットガンをバットマンに向ける。
「2000万の市民が焼け死ぬのを
 想像して今死ね!」
ああ~、そういう
言い回しを使えばいいのか(笑)



突然、腹部を撃たれて吹っ飛び
壁に叩き付けられ死亡するベイン。
振り向くと、バットポッドに乗るセリーナ。

「銃なしルールとか私にはムリ」


「君は陸から、俺は空から」と
2人で例のトラックを追う。

バットポッドって
マントをはためかせる
バットマンに良く似合う
スロースピードな乗り物(笑)ですが、
セクシーな細身の肢体で乗る
セリーナにも良く似合いましたよねえ!
しかも、今回はスライドとか
ターンが多くて、通常の単車の
タイヤの縦回転だけじゃなく、
バットポッド特有の横回転を
多用するシーンも見れて
やたらとカッコ良かったっすわ^^


敵のミサイルなんかも避けながら
ザ・バットからルーシャスに
連絡を取るバットマン。
目的は、
爆弾を載せたトラックを追い込み、
誘導して、元あった場所に戻し、
炉心を安定させること。



タリアはトラックに追い付き、
撃たれた運転手に代わって
自ら運転する。
残り10分程度
でメルトダウンを起こし

大爆発を起こすまで、
時間を稼ぐだけでいい。

荷台の中ではある意味、
いつもボケ状況へのツッコミ役の
ゴードンがもちろん揺られてアワワ(笑)


炉心を戻す為に、地下の
クリーンエネルギー核融合炉で
バットマンを待つルーシャスだったが
何かの異変に気付く。
ふと横を見ると・・・
ギィヤァァーーー!!大量の水が!!

何とかハシゴを登り、
命からがら脱出するルーシャス。


ザ・バットやバットポッドに追い込まれ
ついには立体道路の下側へ
落下するタリアのトラック。

死に際に彼女は融合炉の
プログラムを変えておいたことを告白。
その緊急装置が作動して
水が流れ込んだのだった。


このシーン、トラックの中で
恐らく内臓損傷して、
運転席でぐったりする彼女を
バットマン・ゴードン・セリーナの
3人が見つめてるんですけどね、
タリア側から見たカメラ視点で
3人がボーゼンと立ち尽くすシーンが
笑えて笑えて^^


爆発まであと数分。
誰にも止めることは出来ない。

見届けることは出来ないが
バットマンへの復讐が完遂した、と
満足そうな表情で事切れるタリア。


でも、諦める筈のないバットマン。
ザ・バットで運ぶしかない、と。
そして、“自動操縦はない”と。



「私たち逃げられたのに
 ホント、バカね」
そう言って、
ありったけの想いを込めて
バットマンに強いキスをする
んですが・・・


キスしたセリーナの左顔に
バットマンの鼻の型がーー!
痛かったろう!そうやろう!(ぎゃははw)




残り時間2分程度しかない。
(やったかな?)
ワイヤーを炉心に繋ぎ、
ザ・バットに乗り込むけど、


ココです!ココ!鳥肌!


ゴッサムシティの為に
その命を、たった今、
これから捨てに行くバットマンを前に
ゴードンが言うんです。

脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ
「私は今までキミの正体を気にしなかった
 だが、市民は知りたいはずだ」



そしてバットマンがこう返す。
「バットマンには誰でもなれる。
 少年の肩に上着をそっと掛けてやり、
 まだ世界が終わったわけじゃないと
 勇気付けてくれるような男だ。」

彼にとっての英雄は、あの時から
ずっとゴードンやったんですね。
ホンマにもうずーーーっと!
コレは泣くしかない(iДi)


1作目『バットマン・ビギンズ』
あのシーンが
ファッとフラッシュバックし、
「ブルース・ウェイン・・・?」と
なんとなく思い出すゴードン。


・・・で・す・が!!


そんなん思い出すんは
後でええやろ!
今★は★見★送★れ!(笑)

で、バットマンも素直に
「ブルース。ブルース・ウェイン」(←のん気。自己紹介)
って、答★え★ろ(笑)

脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ
脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ
脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ
脳の活性化を狙って過去に観た映画を必死に思い出すブログ
このジャケットがまた
ブルースの亡くなった
父のものやから余計に・・・(ノ◇≦。)
画像は『バットマン・ビギンズ』



↑  ↑  ↑  ↑


【ネタバレ次でラスト】


次の記事は↓
『ダークナイト・ライジング』25記憶を辿るストーリーネタバレ拾玖(ラスト完結)

前記事↓
『ダークナイト・ライジング』23記憶を辿るストーリーネタバレ拾漆


毎度不安定なダラダラ記事を
読んで頂いてる皆さん、
とても感謝しています。
これからもよろしくお願いします!

ポチッと応援して頂けると
すごく嬉しいです!
↓     ↓     ↓    ↓
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ 人気ブログランキングへ