朝の会の時、

突然、席を立つ子に対して、

「座って!」

と座ることをすぐに指示してしまいがちです。

 

そんな時、少し待って、
子供の様子を見る癖をつけると

子供との関係が円滑になるように思います。

 

今朝、朝の会の最中に席を立った子は、
開けっ放しの戸を閉めに行きました。

 

「ああ、こういうことで席を立つんだな」

とこちらが把握できれば、
朝の会の前に戸を閉めておく、
(戸の開閉に拘りがある子には、開閉の曖昧さがかなりストレスな時も)

「次は、朝の会の後に閉めてね」と

子供に伝えるなどの手立てを考えることがてせきます。

 

結果として、

「なんで、朝の会の時に立つの!」という支援側の思いと、

「戸を閉めようと思っただけなのに!」という子供の思いの

すれ違いが解消されるのではないでしょうか。

 

基本的に支援には、「待つ」ことが大事だと思います。

 

ただし、なんでもかんでも待てばいいか?と言えば、
そうでもなく、社会性を伝えていくためには、

大人が主導でなければならない場面もあります。

 

今日は、雨で公園に行けず。

ルームからは、歓声もですが、
揉める声も泣き声もニヤニヤ

 

こんな時間も大切ですね。

 

スタッフ  柳川