11月14日(日)

第7回ニッセイカップ埼玉県支部大会の2回戦と3回戦(準々決勝)が行われました。

 

2回戦の相手は、埼玉杉戸ボーイズさん。

大宮七里ボーイズは、11安打の猛攻で、4回の表が終わって、10対0。

佐藤くん、池田くんの完封リレーで迎えた4回の裏。マウンドには、淺沼くんが上がります。

 

淺沼くんは、3人の打者を、たった4球で打ち取ります。大会規定により、4回コールド勝ち。

1回戦に続き、見事な完封コールド勝ちです。

 

そして・・ついに・・

3回戦(準々決勝)は、全国大会常連の強豪で優勝候補の1つ狭山西武ボーイズさんとの対戦です。

 

狭山西武ボーイズさんは、1回戦、2回戦ともに大差で、危なげなく勝ち進んできました。 

 

1回の表、大宮七里ボーイズは、上位打線が、相手先発投手に襲いかかり、1番佐藤くん、2番船水くん、3番平山くん、4番樋口くんの4連打で、2点を先制します。





1回の裏、狭山西武ボーイズの攻撃。

大宮七里ボーイズの先発前島くんは、2アウトを取りますが、3番打者にフルカウントからフォアボールを出してしまい、4番打者に左中間を破るツーベースヒット、5番打者にもヒットを許し、あっと言う間に同点にされてしまいます。

「取られたら取り返す!」

これが、狭山西武ボーイズの恐ろしさです。

 

いつもなら、ここで崩れてしまう前島くんですが、これまでの反省を活かし、2回からは強気のビッチングで狭山西武ボーイズ打線を0点に押さえます。

 
2対2のまま迎えた5回の表。ついに試合が動きます。
この回の大宮七里ボーイズの先頭打者は、3番平山くん。ライトオーバーのツーベースヒットを放ちます。

 
ここで、狭山西武ボーイズの守備に乱れが生じます。中継エラーで、平山くんがホームに還って、勝ち越しの1点をもぎ取ります。得点は3対2。
 
5回の裏、狭山西武ボーイズの攻撃。
1アウトを取ったところで、前島くんの投球数は78球。球数制限の80球まで、あと2球。
 
ここで、ピッチャーは、埼玉杉戸ボーイズ戦でも中継ぎで好投した池田くんに代わります。

池田くんは、2球で2つのアウトを取って完璧なリリーフ。6回も三者凡退に打ち取ります。
 
7回の表、大宮七里ボーイズは、3番平山くんが、この日2本目となるツーベースヒットで出塁すると、5番丹治くんの当たりはファーストとライトの間にポトリと落ちるラッキーなツーベースヒット。

平山くんが生還し、ダメ押しの1点。ベンチも大いに盛り上がります。

 
7回の裏、狭山西武ボーイズもあきらめていません。フォアボール2つとヒットで、2アウト満塁とし、池田くんを責め立てます。
 
ここで、1回の裏にツーベースヒットを放った4番打者を迎えます。長打が出れば逆転の緊迫した場面に、応援席は固唾を呑んで見守ります。
 
池田くんが投げた2球目。
強烈なゴロが池田くんの横を抜けてセンター前・・かと思いましたが、ショート船水くんが回り込んで捕球。そのままセカンドベースを踏んでゲームセット!!
ナイスゲームで、狭山西武ボーイズを撃破しました。

 

この試合、キャプテンの佐藤くんを中心に、選手同士で、積極的にプレーについてのコミュニケーションを図り、互いに盛り立てていました。

個人プレーで自分勝手なチームが、ようやくまとまってきたように感じます。

 

準決勝、決勝は、2週間後の11月28日(日)。準決勝の相手は、春日部ボーイズさんを破って勝ち上がってきた川越ボーイズさん。

先の選手権大会埼玉県予選のリベンジを果たさなければなりません。

勝てば、武蔵狭山ボーイズさんと深谷中央ボーイズさんの勝者と決勝戦です。

引き続き、応援よろしくお願いします。