9月23日(木・秋分の日)


忍保パブリック公園野球場にて、1年生主体の大会である山下杯の2回戦が行われました。


大宮七里ボーイズの対戦相手は、上里北武ボーイズのAチーム。

日曜日の浦和ボーイズとの練習試合で2勝1分けの勢いで大会に臨みました。


先攻の大宮七里ボーイズは、1番船水くんがセンター前ヒットで出塁すると、すかさず二塁に盗塁。2番芳賀くんの送りバントで三塁に進み、3番小野瀬くんのスクイズで、先制します。


先発の古沢くんは、3回まで、1失点の好投。

しかし、4回の裏にヒット2本を打たれて、2点を献上。


リリーフした島田くんも、5回に1点を取られ、追いかける展開になりました。得点は、1対4。

試合の流れが変わったのは6回の表。

相手先発投手が、大会規定の球数制限80球に近づいたところで交代すると、二番手投手が制球に苦しむ中、5番加藤大くんのライト前タイムリー、7番城倉くんのセンター前タイムリー、2番芳賀くんの内野安打などで、一挙6点をあげて逆転します。得点は、7対4。

6回の裏は、島田くんが0点に押さえ、最終回は、加藤大くんが、3人で押さえてゲームセット。

山下杯は、埼玉県支部の主催ではない準公式戦ですが、1年生にとっては、うれしい勝利になりました。