8月17日(火)

 

プロ野球の埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドームにて開催された「ライオンズカップ第10回中学生硬式野球選抜大会スペシャルマッチ」に埼玉県支部の推薦を受けて出場しました。

 

対戦相手は、ライオンズアカデミー選抜。

西武ライオンズが運営している野球スクールから選抜されたメンバーのチームです。

 

大宮七里ボーイズは、長岡監督が所属していた近鉄バッファローズカラーのユニフォームを着用。

 

近鉄バッファローズ 対 西武ライオンズ

往年の野球ファンには懐かしい対戦です。

 

試合は、4回まで、1対1の緊迫した展開。

 

5回の裏、大宮七里ボーイズは、3番平山くんのタイムリー三塁打で1点を勝ち越します。得点は2対1。


 これで逃げ切れるかと思いましたが、6回の表、エラーがらみで3点を取られ、逆転されてしまいます。得点は2対4。

 

この大会は、試合時間が1時間40分のため、残り時間を見ると、6回の裏が、大宮七里ボーイズ最後の攻撃になります。ここでの2点差は敗色濃厚。

 

誰もが半ば諦めかけていた中、代打で登場した児玉くんが、レフト前ヒットを放ちます。


チームのムードメーカー的な存在の児玉くんのヒットに、ベンチは息を吹き返します。

 

続く代打日高くんは、ダブルプレーを焦ったサードの送球エラーで出塁し、ランナー1・2塁。

 

ここで打席に立つのは途中出場の清水くん。

長打が出れば同点。ホームランなら逆転の場面。

ベンチも応援席も祈るような気持ちで見守ります。

 

この祈りに応えるように、清水くんは、センターに大きな打球を飛ばします。

俊足のセンターが背走しますが、打球は、センターの頭上を越えて外野フェンスまで達します。

 

ニ塁ランナーの児玉くんに続いて、1塁ランナーの日高くんが生還して同点。

清水くんは、必死に走って、三塁打。

 

清水くんに代わって代走は芳賀くん。

 

ここで、打順は1番の佐藤くんに回ります。

一打出れば、逆転の場面。

 

佐藤くんは、相手ピッチャーのストレートを強振します。

強烈なライナーが左中間を抜けて、ボールは外野フェンス前を点々とします。

 

三塁ランナー芳賀くんがホームを踏んで逆転。

 

佐藤くんは、レフトが打球を追いかける様子を見て、三塁も蹴って本塁へ。

 

ここで、主審から時間切れゲームセットのコール。

 

ベンチ入りメンバー全員出場。

控え組が頑張り、見事な逆転サヨナラ勝ちでした。

 

しかし、試合を振り返ると、簡単に初球を見逃す、進塁打が打てない、中継の判断ミスなど、反省点が満載。

 

9月からは新チームによる公式戦がいよいよ始まります。

この日の反省点をしっかりと総括し、8月中の練習で、チーム力アップを図っていきたいと思います。

 

緊急事態宣言が発令されている中でのライオンズカップ。

開催の決断をされた西武ライオンズ球団と運営スタッフの皆様に心より感謝申し上げます。