「私はお見合い演出家!」大内茉住見 / お見合い専門サロンBLANC 札幌

BLANC/ブランは、札幌を拠点とする「お見合い専門のサロン」です。「結婚」や「きちんとした出会い」を意識する大人達へ「お見合い形式の出会い」をご提供し、より自然な「出会い」を演出致します。札幌での出会いはBLANC/ブランにお任せ下さい。


テーマ:



皆さんは、この秋「さんま」を何匹食べましたか?

私はすでに、1ダースは食べてしまいました。

塩焼き、すり身にしてお味噌汁、・・・

いろいろ調理法があって、「さんま」は美味しいですね。


しかし、さんまに限らず「魚」を調理した後の、

あの「まな板」の「ぬめり」や「血」って嫌ですよね。


今日ご紹介する

「まな板を汚さない、さんまの内臓の出し方」は別名、

「お腹を裂かずに、さんまの内臓を出す方法」でもあります。


<ブラン>の「お食事会=お見合い」の席でも何度かご紹介させていただいているのですが、

「お食事会」の後に、「もう一度説明して下さい。」とメールをいただくこともあり、

ここでご紹介させていただくことにしました。


簡単ですよ!


「ボク、さんま。今日はよろしく~。

鼻の先が黄色いのが新鮮の証だよん♪」


私は「お見合い演出家!!」-BLANC<ブラン>主宰:大内茉住見-
さんまを立てて、「後頭部」の部分に切り込みを入れる。
「背骨」までを切って、ストップ!
さ「下まで切らないでね。」

私は「お見合い演出家!!」-BLANC<ブラン>主宰:大内茉住見-

③すると、↓こういう状態になるので、さんまの「BODY」と「頭」をしっかり持って、ゆっくり引くと・・・
さ「イタ~イ。血がでちゃった。」

私は「お見合い演出家!!」-BLANC<ブラン>主宰:大内茉住見-

↓こういう感じになります。
今回は、まな板に「さんま」を置いてしまったので、汚れてしまいましたが
この方法だと「後頭部」に切り込みを入れた時の出血のみで、ほとんで汚れません。

さ「ほら、きれいにバラバラになったよん。」

私は「お見合い演出家!!」-BLANC<ブラン>主宰:大内茉住見-

簡単ですよね。
「さんま」だけでなく、「横向きの魚」であればたぶん同様にできると思います。

是非、お試し下さい。
楽しいですよ♪





↓クリックしていただくと、毎日更新する励みになります^^






AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。