カングーの日常点検 ヘッドライト交換編 | 「おみ」のDIYブログ ☆ 車市場・認定中古車.com・名車館

テーマ:


スタッフカーのカングー
前担当者から引き継いで、私❗️おみ が担当となり。
引き継いでからの、車両チェックを出来ていなかったので、簡単な点検とアナログなライトを少しだけ明るくする為に❗️ライト交換をしました。

先ずは、アマゾンで手に入れたヘッドライト交換。



普段キセノンライトに乗っている私には、既にハロゲンライトは暗過ぎて!危険すら感じたので、手軽に少しだけ明るくしました。

先ずは、ボンネットを開けて、ライト裏のプラスチックカバーを外す。




カバーを外すと、防水ラバーとコネクターが見える。
コネクターを手前に、素直に引き抜きます。




引き抜いたら、次は防水ラバーを外します。
ココは外周はガバッと!中心は丁寧に。



ここで、ライト本体が見えてきました。

ライトの止め金は、少しだけ癖があります。



長い斜め部分を押して外します。
頑張って覗きこんでください。


金具を外すと、ライトがそのまま引き抜きます。
弾切れや、車検の時に必要になるかも知れないので、大切に保管して置きましょう。

外したノーマルライトと、今回購入したライトを交換しましょう。
この際の注意点は、絶対に光る部分を素手で触らない事❗️油分が付着して、煙や早期球切れの原因になります。

空焼きをすると、点灯チェックと同時に出来るのでGOODです。


交換が終わったら、分解した逆手順で戻してゆきます。



上の写真、防水ラバーをつける際に、真ん中の穴にライト端子がしっかりと出る様にハメ込んでください。
しっかりとハメ込まないと、コネクターがシッカリと刺しハマらない原因や、雨や洗車水が混入して故障の原因になるので、必ずシッカリと。

◼️ノーマルライト


◼️交換したライト。

目測では、かなり白くなりました。


しかし…ポジションライトが、アナログで黄色すぎて…
この後!
ついでに、手持ちのLED ライトに交換しました。

夜になり、視野テストをしました。
少しだけ明るく見やすくなりました。
まー買った値段なりですね。😏

次に❗️車両チェックに入りました。

毎回、朝一のエンジン始動時に、バッテリーが弱い感じのエンジン始動。
温まってからの再始動は、普通に問題はない。
原因を今後探りますが…



バッテリーをチェック!
あら?交換して未だ…1年未満と新しい。
オリエンタル? アジア系バッテリーか?
日本語が書いてあるが…

左ライト交換の際に、端子を外してみたが。

ココで、ブログの写真掲載の上限がきたので!
続きは次回に❗️


「おみ」のDIYブログ ☆ 車市場・認定中古車.com・名車館 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス