【ゆるママ】6/30魔法の質問の感想 | 自分でやる子に育つ『ゆるママ』のススメ

自分でやる子に育つ『ゆるママ』のススメ

iOKおおまつかおり です。
カウンセラーと行政書士を開業している4人の子のハハです。
夫婦、子育て、介護等に悩める女性と接することが多く、もっと気持ちを軽く人生を楽しめるといいな、と思っています。

6月30日(日)に「エセナおおた」にて、
【 子どものやる気を引き出す魔法の質問 】
を開催しました。

当日は「エセナフォーラム2019」を開催中。
・仕事と家庭のワーク・ライフ・バランス
・男性の家事・育児・介護への参画
・女性の活躍推進

など、男女共同参画社会の実現を目的とした
基調講演(講師は漫画家の里中満智子先生)や
ワークショップ、展示等が催されました。

その中で「おとな&こども・ほっとネット」さんの企画で、
魔法の質問の講師として招いていただきました。
ありがとうございます!


当日は、12名の方に参加していたきました。
4人グループが3テーブル。

講座開始前、目も合わせず言葉も聞こえない
静か~な会議室でしたが、
最後には、キラキラの笑顔で談笑するパパママの皆さん。

楽しんでいただけて、私もとてもうれしかったです(^^)


以下、終了後のアンケートでいただいた
「心に残った、役立ちそうと思ったところを教えてください」
という質問の回答です。

===
・子どもへの問いかけ「どうしたら?」の改善を促す言葉

・同じところはどこですか?の質問。

・言われて嬉しい言葉は何ですか?の質問

・どうすれはいい?と子どもの行動に繋げられる問いをしていきたい。

・10年後を描いて、子どもの可能性を伸ばしてあげたい。

・今の現状で子どもをはからない。
子どもの可能性は無限にあるということが心に残りました。

・尋問と効果的な質問の言葉を、すぐ生活に活かしていきたいと思います。

・質問することで、人は考えだす。

・ゴールを設定する。

・視点を変える

・ワクワクの未来

・「ほめまくりゲーム」とっても嬉しくて、とても前向きな気持ちになりました。

・効果的な質問「どのようにすれば?」を早速今から使います。

・ポジティブな言葉のシャワーを浴びせる!

・子どもが小さいと「あれもこれもできない」と思ってしまう癖が治ったらいいな、と思います。

===


この「魔法の質問」の講座は、
「しつもん財団」という団体のコンテンツです。

子どもに対する様々な効果的な質問を、
大人自身が体験しながら、楽しく学ぶことができます。

たくさんの方に「魔法の質問」を体験していただきたくて、
小学校のサマースクールで、児童や保護者向けに、
これまでにのべ25校で講座を企画し、
520名を超える方にお伝えしてきました。


体験してみたい方、ぜひ、お気軽にお声掛けください。
お友達数名で呼んでいただければ、出張します♪

 

*-・-・-・-・-・-*

【 メルマガのご案内 】
 

ママがゆるむと、子どもが自分で行動するようになる。

【 自分でやる子に育つ『ゆるママ』のススメ 】

 

というテーマで、メルマガを配信しています。

お役に立てると嬉しいです。

 

↓↓↓メルマガ登録はこちら↓↓↓

 

【 LINE@ のご案内 】

LINE@の友達登録で、60分無料相談クーポンをプレゼント中♪
個別メッセージで相談に対応しています。

 

行政書士&心理カウンセラーとして、

子育て、夫婦関係、親の介護・終活など、

様々なご相談に対応します。

 

ぜひ、ご登録ください。

 友だち追加