【ゆるママ】楽しいから、やりたい | 自分でやる子に育つ『ゆるママ』のススメ

自分でやる子に育つ『ゆるママ』のススメ

iOKおおまつかおり です。
カウンセラーと行政書士を開業している4人の子のハハです。
夫婦、子育て、介護等に悩める女性と接することが多く、もっと気持ちを軽く人生を楽しめるといいな、と思っています。


テーマ:

昨日は、中2・4太が友達を誘って、
NHK学生ロボコン」を観覧してきました。

ロボコンは、主催者から出された課題とルールで、
各学校がオリジナルのロボットを開発し、クリアを競う大会です。

ロボットの設計、プログラミング、製作、操作、すべて手作業。
ネジ1本から、金属を削って自作するそうです。

「すっごい面白かった!」って喜んで帰宅しました(^^)
ちなみに、優勝は、京都大学だったそうです。



4太は、小さいころからブロックなど作り物や工作が大好き。
手先が器用で細かな作業が得意だったり、
工作の制作物に、課題に更にちょっと違う部分を付け加えてみたり。

NHKの科学番組「サイエンスZERO」が好きで、
ゲームも好きだし、アニメのヒーローやロボットも好き。

なので、イベント情報で見つけたロボコン大会、
絶対、喜ぶと思って、チケットを入手したのでした。



今、中2なので、来年は中3で高校受験。
学校見学など、そろそろ考えたいところ。

そんなに、勉強が得意!というわけでもないので、
勉強に対するモチベーションがあまり高くありません。

どうしたら、前向きに、勉強に取り組めるかな~
と、悩ましいですよね。




人が行動する理由には、2種類あります。

楽しいからやりたくて、自ら行動する
「快楽の追求」

痛みを避けるために、仕方なく行動する
「痛みの排除」

これを、他者を動かすために使おうとすると
「アメとムチ」という表現になります。

「ムチ」が効くのは、素直な小学生くらいまでかな、と感じます。
思春期に入ると、強制すると反抗期でモメそうです。

できれば「楽しい、やりたい」と、自分から選択して欲しい。



そこで、親としてできること、情報提供。

親が提示する、たくさんの楽しいこと。
その中で、興味をひかれるものがあれば、
見たり聞いたり体験する機会を作る。

そのうち、単なる興味から、
好き、やりたい、になれば、
自分で、情報収集して行動する、につながるかも。

もちろん、親は、面白そうと情報提供しても、
子どもは、興味を持たないことも、多いけど。

感性は、人それぞれだからね。
数打てば、響くものもある。



知らなかったけど、ロボコン出場校は、
東大、京大、東工大、早稲田、高専etc.

「ロボコン、楽しかった」
が、
【 楽しいから、やりたい 】
って、思ったりしてくれると嬉しいな♪

勉強の先に、楽しいこと、あるかもよ(^^)

 

 

【 メルマガのご案内 】
 

ママがゆるむと、子どもが自分で行動するようになる。

【 自分でやる子に育つ『ゆるママ』のススメ 】

 

というテーマで、子育てを中心に、

人生を楽しむ小さなヒントをお伝えしています。

 

↓↓↓メルマガ登録はこちら↓↓↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/iok-mlmg

 

*-・-・-・-・-・-*

【 LINE@ のご案内 】

 

LINE@の友達登録で、60分無料相談クーポンをプレゼント中♪
個別メッセージで相談に対応しています。

LINE友達追加 https://line.me/R/ti/p/%40tyj9805j