こんにちは~!

 

皆さん、カラーで髪が傷むのはいやですよね?

 

というわけで、傷みにくいカラー方法を紹介していきますウインク

 

【フルカラーとリタッチを使い分ける】

 

毛先が特に痛みやすいので、全体を染める「フルカラー」をしたら、次は根元だけを染める「リタッチ」をするとダメージが少なくなります。

 

確かにリタッチをすれば毛先のダメージは抑えられそうですが、

お客様からしたら正直リタッチってフルカラーとあまり値段が変わらないのが難点ですよねゲッソリ

 

しかし!!

 

それにはきちんとした理由があるんですよ!

 

美容の仕事は、技術の難易度と施術時間が金額が反映されていることが多いんです真顔

リタッチは、伸びた部分を染めている部分の色にそろえる高度なテクニックが必要ですし、施術時間もフルカラーとあまり変わりません。

 

 

【ブリーチはダメージレスのハイライトで!】

 

カラー剤が進歩したおかげでブリーチをしなくて済む『シングルプロセスカラー』もありますが、

カラーによってはどうしてもブリーチが必要になる場合があります滝汗

 

ブリーチをする場合は、ハイライトデザインにすると、髪全体をブリーチしないのでダメージを軽減できますウインク

 

しかも、髪が伸びてきても根元が目立ちにくく、プリンになりにくいんですよおねがい

ヘアカラーを決める際の参考にしてみてください照れ

 

Z-incシャンプーも再入荷されましたので是非使ってみてください音譜

image

内容は前のブログを読んで見てくださいウインク

 

 

OLUOLUのホットペッパービューティーはここから

 

会社ホームページはここから