例年なら今の時期は日焼けで肌が黒く日焼けしてます

今年はコロナ禍で大会も中止

大会に出場するしないは別として肌の色が白いよりも黒いほうが健康的

幸い11月にゴールドのマッスルゲート参加の機会があり

日焼けは今年もしなければならない

マッスルゲートの参加要項としてカラーリングは禁止

日焼けのみだ

こういう企画というか販売が開始された


買うとしたら12回券

有効期間がある、2ヶ月で使い切らないといけないわけ


来月あたりに買おうかなと考えている🤔

ゴールドのタンニングマシンはW数が高くて1回10分で肌が弱い方はまっ赤になる

W数が強烈なため日焼けはするが色は中々沈着してくれない
※個人的な皮膚の色素からです

低いW数で長時間焼いたほうが肌の色付きはよい
※過去の経験談

日焼けもトレーニングと同じで強弱や環境を変えてやると反応しやすい

環境とはタンニングマシンだけではなく、海岸などで日光を浴びること、、、、、、、

肌を露出して筋肉美を争う競技では色の黒さは勝敗に影響されない?

とはまったく言えないのです

体脂肪率が低くバキバキに仕上がってる体のAさんBさんと比較になった場合

色が黒いほうがカットが深く見えるし、ハードに見えてしまうので黒いほうが有利

日焼けはコンテスト出場に非常に大事なのであります

今はJBBF公認のカラーを施してタンニングの負担は少なくなりましたけどね

カラー禁止大会となると日焼けの焼き込みが重要と言えるでしょう

過去の経験から言って、焼き込みが連続すると皮膚に疲れが出て、しまいには火傷状態が続き浮腫ます

コンテスト当日大失敗するというリスクはありますね

なんだか支離滅裂なブログになりましたが

結局今年も肌を虐めることになりそうですデレデレ



iPhoneからの投稿