こんにちわ。

 

広島市南区のオリーブス接骨院の福原です。

 

本日もブログをご覧いただきましてありがとうございます。

 

施術の中で、僕たちが特に重要と考えている箇所が数か所あります。

 

その一つが「仙骨」と呼ばれる骨の動きです。

 

骨なのに動くの?と思われるかもしれませんが

 

仙腸関節と呼ばれる「仙骨」と「腸骨」という骨の組み合わさったれっきとした関節なので

 

わずかながらに動くといわれています。

 

仙骨の動きは「ニューテーション」、「カウンターニューテーション」と呼ばれることがあります。

 

ソース画像を表示ソース画像を表示

 

「ニューテーション」は仙骨がおじぎをしたようなポジションを指し、骨盤が引き締まった位置を指します。

 

「カウンターニューテーション」は逆に骨盤が後方へ反るようなポジションを指し、骨盤が緩んだ位置を指します。

 

大切なのは「ニューテーション」、「カウンターニューテーション」どちらの動きもあることです。

 

歩くときには、足が地面についているときには「ニューテーション」

 

足が浮いているときには「カウンターニューテーション」が望ましいといえます。

 

また、仙骨は東洋医学的にもとても大切な部位で、ここの動きが悪い方は血流障害が疑われます。

 

セルフケアで柔らかくしようと試みても、仙骨は痛みにとても敏感な箇所と言われていているので、

 

専門家に優しく緩めてもらうことをおススメします。

 

腰痛や股関節痛などとも関係が深く、肩こりや手足の冷えともかかわりの深い箇所であるので、

 

もしこれらの症状が改善せずにお困りであれば仙骨の動きが関与しているのかもしれません。

 

ご相談ください。

 

ではまた。

 

子供のねこぜ矯正初回無料体験実施中です!