多肉植物にハイポネックス微粉を底面給水 | OliveGardening with Succulent
新型コロナウイルスに関する情報について

OliveGardening with Succulent

オリーブを育て始めて12年!
30品種42本のオリーブの成長をを綴るブログ
“ガーデンコーディネーターのオリーブの育て方探求日記”
ついにタイトルにも多肉植物を追加♪

 

来週からはようやく晴れの週間天気予報!!

 

多肉棚のおひとり様たちはみんなしんなりお疲れ気味あせる

 

私は多肉の葉を触る癖があってね(笑)

 

いつも触っているので、パンパンなのか、しんなりなのかは本当に良くわかりますてへぺろ

 

前回お水をあげたのは11日。

 

 

前回はすべて芝生の上にだして一斉シャワーでしたみずがめ座

 

 

シャワーなので、水滴飛ばしのブロワーが大活躍ですDASH!

 

 

前回はそこから2晩、ずっと芝生の上でたくさんお日様と風を浴びて、すっかり土が乾いてから多肉棚にしまいました。

 

 

多肉棚はどうしても直上からの日光が当てられないので、水をあげると余計に斜めに伸びる気がしてあせる

 

多肉が必要な水分を多肉自身が吸いあげることが出来て、あとの鉢内の水分も風を当てて乾かして、それから棚にしまうことが出来れば蒸れや根腐れも怖くないんじゃないかと思うんです。

 

まぁこの水やりの仕方も時期を選ぶけれど、真夏に向けて今はパワーを蓄える時期なので、今の時期はしっかりたっぷり。

 

 

そしてそれから10日。

 

パンパンになっていた葉もすっかりしなしなガーン

 

1週間もするとシナシナになって、根がグラグラしだす子もあせる

 

しばらく曇りや雨ばかりでこの1週間日光不足なので、ハイポネックス微粉で底面給水することにしました。

 

植え替えの後や日光不足、徒長気味や弱っているときに効果的な肥料です。

 

 

 

 

今回はセリアのメモリ付き10リットルバケツに2000倍溶液を作って、1つ1つ沈めて吸わせます。

 

 

とってもとっても小さかった<レッドプラム>

 

もう2号鉢からはみ出していますラブラブ

 

 

底面給水だと水滴飛ばしの手間が省けます。

 

枯れ葉を取りつつ、水を吸わせる作業で2時間以上かかりました笑い泣き

 

 

異変を察知して、鉢から抜き、乾かしてまた植え直ししていた<LaPaz×ざわわ>

 

無事に水が吸えるようになり、今回はしっかり硬くなりました。

 

助けることが出来たことは、大事なレベルアップの1歩だったかな~ハート

 

 

まだまだ真っ赤な<コロラータタパルパ×レッドエボニー>

 

水を吸って少し大きくなりましたハート

 

 

 

 

<相府蓮×ブルーベリームーン>はウォーターマークがバキバキ乙女のトキメキ

 

ここ数日気温がとっても低く、寒いくらいだったので、ここでしっかり水分補給して暑くなってくる時期に備えていきたいです晴れ

 

少し芝生の上に広げておいてから多肉棚にしまいました。

 

 

 

 

 

 

細々やっておりますw

 

---★応援の今日の1ポチをお願いします★---

 

 


にほんブログ村ランキングへ

 

ナチュラルガーデニング人気ブログランキングへ 

人気ブログランキングへ

 

 

画像をクリックしてランキングサイトを

開いていただくと、

このブログに10ポイントが投票されます。

いつもありがとうございます^^

ブログの原動力です。

そのひと手間に感謝します(*^▽^*)