oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

朝ドラ「半分、青い。」から、連続ドラマの感想を、
ひと味加えて、自分味に料理します。
ゆるりとご試食くださいませ♪


テーマ:

スピンオフドラマのタイトルは、「割れ鍋に綴じ蓋」

どんな人にもふさわしい伴侶がいるという例えですね。

 

愛するふゆという伴侶を得て、

可愛い娘も産まれ、幸せ過ぎて怖いと感じる亀助さんだけど、

心残りは・・・ふゆの父に認めてもらっていないこと。

 

ふゆのためにも認めてもらおう!!

ってことで、ふゆの父と美和さんの店「晴花亭」にて会うことに。

雁助さんにお父さん役になってもらって、

本番に向けて練習だす。

店には、美和さんの芸子時代のお姉さんサツキ(ともさかりえ)が

居てまして・・・このお人。

困っている人は、ほっとけない性分らしく、

雁助さんに代わって、お父さん役の練習台になってます。

 

てなわけで・・・スピンオフのゲストは、ともさかりえさんだす。

 

スピンオフですしね。

楽しくてなんぼ♪それに、ホロリとさせる人情噺をプラス。

 

今回のタイトルは、これだったのではないでしょうか~

 

あさ&新次郎はんを除く、加野屋新喜劇を繰り広げる

加野屋衆たち。

とにかく、ひとりノリツッコミして場を回す雁助はん。

さすがだすーーーー!

負けじと、ともさかりえさんも頑張ってましたよ。

 

加野屋新喜劇ドタバタ劇場で、

ふゆ父にも認めてもらえた亀助さん。

ふゆ父の、ひとりノリツッコミもよかったですわ~

 

やっぱり、新喜劇には、ボケとつっこみだけじゃなく、

ノリツッコミもあって楽しい。

 

めでたし、めでたし♪で終わらぬのが、「あさが来た」か?

 

そう!オチがちゃんと合ったよーーーー!

 

なんと!サツキ(ともさかりえ)の浮気疑惑のダンナが、

ふゆの見合い相手だった洋傘屋の山本平蔵だったーーー!

 

平蔵サイコーーー!

居るだけで応援したくなるようでいて、

その実は!?バカにしているのか?と思ってしまう喋りが

クセになる。

 

浮気疑惑は、愛する妻の絵を描いていて、

帰宅が遅くなっていただけと誤解も解け、

乾杯ーーーー!

それも平蔵が乾杯となるが盛り上がらず笑い泣き

 

そこへ!主役のお二人登場。

乾杯といえばこの人だす。

そう!新次郎はんによる乾杯。

 

最後は、番頭コンビのツーカーの息のあったボケとツッコミ。

雁助さん、両手両足をいっぱんに捻挫させたろかーーー!に爆っ!

 

やっぱり、この番頭コンビはサイコーだす。

割れ蓋に綴じ鍋は、夫婦だけのことじゃないんですな。

この二人の関係もまさにそうなんだな。

 

すんません。が口癖だった亀助さん。

すんませんより、おおきに。

おおきに。が今回の物語の核となってましたね。

 

そう、おおきには、まさしく笑顔に通じるのかも。

一分間鏡を見て笑顔になるだけでストレスの解消になると

金スマでやってたし~

 

びっくりぽん。なんでだす。に次ぐ、「おおきに」

印象に残る言葉で終わったわ~

 

スピンオフ、おおきに~チュー

oliveの雑記帳~風に吹かれて~     にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最終回来た。主人公は姉妹でヒロインは新次郎はん?の巻。


とうとう最終回だす。


最終回、見終わっての感想。

朝ドラは、主人公がヒロインと呼ばれるのだが、

「あさが来た」は、

あさ&はつ姉妹がW主人公で、

多くのドラマで見えられる、

主人公を陰で支えるヒロインというポジションは、

新次郎はんだったのではないかと。

はい、自分の中では、これだす♪




だから、最終回は、

姉妹のシーンと、回想ではない新次郎はんを

がっつり登場させたのだね。


新次郎はんが亡くなり四十九日法要の日。

はつもやってきてくれました。

姉妹がはじめて許嫁に会い不安を抱えた夜。

お手てつなぎまひょから、

お手てつないで女の道いきまひょへと変わり、

最後は、姉妹の課題であった、

お家を守れたのか?の答えを、

お手てつないで答えを。


守ることができた。

守るだけじゃなく慈しむことができたとはつ。


(今までの人生)

ようやったな。よう頑張ったなと、

お手てつないで尊敬し合う姉妹の姿が美しい。


頑張ったけど、まだまだこれからだす。

おみかん農家山王寺屋は、まだまだ続きます。

養之助くんたちに、二人目が生れます。


加野屋も続きます。

6年後。

千代は三人の女の子母親に。

おや、お腹の中に・・・

四人目ができたようですよ。


うめも元気です。

頭が真っ白になってるけど~

うめ・・・何歳なんだろう?

妖怪にも思えてならないうめ伝説へと?

雁助さんとペンプレンド続いているんだろうか~あはは・・・


そして、びっくりぽん演出がだだ漏れだった!?

亀助さん娘ちゃんナツが、母親そっくりという設定。

清原果耶ちゃん再登場だす。


宣ちゃんは洋行帰りの立派なレディへと。

眼鏡は相変わらずんお反射眼鏡だけど~あはは・・・

その眼鏡・・・

ケントデリカットなみに?外国でウケたことでしょう。


まだまだこれからだすな。姉妹で語り合ってから6年。

あさは、杖生活のようですが元気です。


おなごを教育する運動として勉強会を開いているようです。

そこで語られるあさ論は現在にも通じるものがありますな。


国が育ったらもっと暮らしやすくなると思えば、

そうじゃない。

こんな生きづらい世の中になってしもうたのは何でだすか?


優秀な頭脳と柔らかい心を持ち邁進するのですよ。

あさからの最後のメッセージをどう受け止めるのか?

今を生きるあたしたちは。


現代を生きるあたしたちにも宿題を残す、

白岡あさなのでした~


おや?そこには座敷わらしじゃなくて、

菜の花畑に新次郎さんが佇み微笑んでいます。

思わず駆け寄るあさ。


いつのまにか杖なしで走ってる。


えっ??あさ、今度こそ三途の川へと?がーん

そこには、若返った新次郎はんがーーーー!

そこには、若返ったあさがーーーー!


今日も頑張ってますな。とねぎらいあさの顔を

見つめる新次郎はん。


この二人らしい、微笑ましい最終場面でした。


どうしたもんじゃのーーー!

マッサンと同じような最終場面でしたが、

これはこれでよかった。


半年間。

笑ったり、泣いたり、慈しんんだり・・・

様々な顔を見せてくれたドラマでした。


半年間。感想を完走できたのも訪問くださる皆さまおかげだす。

優秀な頭脳は無理ですが、柔らかい心を忘れずに

これからも朝ドラ感想を書いていけたらな・・・と。

4月から、環境も変わり・・・

さらに短い、ホンマにちょこっと感想になると思いますが、

引き続きよろしくお願いします。


どうしたもんじゃのーーーー!へと。

つづく・・・


oliveの雑記帳~風に吹かれて~       にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

新次郎はんに朝が来なかった日の巻。


エイプリルフールの今日。

新次郎はんが逝ってしまうなんて嘘なんじゃないかと泣


冗談ですわ。と巾着ブンブン振り回して

笑顔で答えてくれそうに思われますが・・・

どうやら、新次郎はんには最終回は来ないようです泣


これからもいろんな人にパチパチはんを渡したげな・・・と

言いながら倒れた新次郎はん。


いっけい先生によると朝までもたないそうだす。

みんなに最期のお別れする新次郎はん。

榮三郎に、千代に亀助さん。


新次郎はん言葉を受けて、

榮三郎くん。立派になったねぇ~

千代。すっかりお母さんになったね。

亀助さん。やっぱりあなたは落とし役だす。


思ったことを全部言えたと、

最期はあさと二人っきりになり、

柔らかいあさの手に抱かれ永遠の眠りにつく新次郎はん。


お葬式。

道楽者でお気楽な人生だったと故人を懐かしく人に

憤慨する千代。


千代、あんさん!自分の父が、

巾着ブンブンさんだったと知らなかったのか?


きっと新次郎はんは、そう思われ言われたかった人生だったと、

榮三郎や加野屋メンバー。


そうだすな。

最高のサポート役だった人ですからね。


選んだ道をまっすぐ進めるようにサポート。

それも、ごり押しでもなくて、さりげないサポートで。


結局は、お金じゃなく、

人々の心に想い出を残した人。

それが新次郎はんではないのだろうか。


泣いたらアカンとがんばっていたあさ。

それでも、旦那さまがいない現実に戸惑う。


いつもそばにいるさかいな。

新次郎はん、最期の言葉。


その通りに!

いつも、あさのそばに居てはります。


あさに降り注ぐ!雨。

雨=新次郎はん。

嬉しい時にはいつも雨だったね。


あの日もこの日も・・・




oliveの雑記帳~風に吹かれて~      にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。