共通の敵と慰め合い ~「獣になれない私たち」9話感想~ | oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

朝ドラ「まんぷく」から、連続ドラマの感想を、
ひと味加えて、自分味に料理します。
ゆるりとご試食くださいませ♪


テーマ:

働く皆さんが告ぐ!

上司よ、同僚よ、社長よ!今夜は震えて眠れ。

 

働いていると一度や二度、もっとか?

辞めてやるーーー!

戦ってやるーーー!

 

心の中で、近しい人に愚痴ったり吠えたことがあるよね?

あたしは、何度もあるよ。

だけど、辞めることも戦うことも未だにできない。

辞めるわけにはいかない。

暮らしというものがあるからね。

そして、自分がいなくても仕事はまわっていく。

まぁ、まわらないといけないのが会社だと思うけど。

 

ブラック社長に天罰をーーーー!

最終回には天罰をお願いしたい、

 

「獣になれない私たち」9話感想を♪

 

 

ガッキー晶と同じ職場になった朱里(黒木華)

なんと社長秘書に任命されたよ。

やる気になって頑張ろうとしている。

 

そんな時、京谷(田中圭)の母がマンションに訪ねてきて、

事の顛末を知る。

共通の敵(京谷)を魚にビールを飲み交わす女三人。

女は、共通を見つける仲良くなるものだ。

盛り上がってるよ~

 

外でも盛り上がっているよ~

呉羽(菊池凛子)の不倫問題で週刊誌が盛り上がっていて、

クラフトビールバー5tapの営業に問題ありになってきたよ。

 

飲み友達(ガッキー晶と恒星(松田龍平ら)との憩いの場

だったのにね。

二人は男と女の友情というよりも、

性別に関係ない人間どうしでいられる相手で、

その関係を壊すのは惜しいとつぶやく恒星(松田龍平)

 

男女の友情は成立するのか?

という話よりも、人間は一人じゃない。

誰かと繋がりながら生きるのも悪くないとガッキー晶。

 

ガッキー晶は分け合って生きていたいと考えているのよ。

だけど、一人で背負ってしまっている。

そこを指摘する恒星。

自分のこともできないのに人のためにできるのか?

 

仕事を頑張る朱里だけど、

新人なのに、ガッキー晶意外に誰もサポートに入らない。

テンパって重大なミスをする。

社長激おこ!

2週間で辞めてしまった。

 

ガッキー晶は朱里が頑張っていたことを知っていたから。

分け合って生きていたいと考えるから。

みんなが社長に文句ありの共通の仲間のはずなのに・・・

 

辞表という爆弾を朱里にために使わなかったのに、

朱里のために吠えた。

根性論を唱える社長に吠えた。

だが、ワンマン社長には効果なし。

嫌なら辞めろ!

ガッキー晶がいなくても会社はまわっていく。

誰も何も言わない・・・

みんな社長が怖くて面倒なのに、職は失いたくない。

 

その頃、恒星も戦っていた。

不正に加担するのは止めようとするも止められなかった。

 

どうにかしようとしてもダメなことがある。

落ち込む二人。

傷を舐めあい、慰め合う二人はーーーー!

エロいキスからやっちゃいます。

 

翌朝になり、目が覚めているのにガッキー晶が出て行くのに、

寝たフリする恒星に、

外に出て、間違った??となるガッキー晶。

 

ラブラブラブじゃないのか?

まだまだ確信できないのかな?

簡単に好き♪とはなれない二人。

 

ずっと一人で背負ってきた晶が、

なんでも話せる分け合える相手ができたのに、

慰めあったことで変わらないでね~

さて、どんな結末になるのか?

 

ラブじゃない、人間模様がなんとも深いドラマだと思うわ。

今話なんて共感しまくりで、

社長に天罰をーーー!と祈るしかないわ~パンチ!パンチ!

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

oliveさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス