「まんぷく」11話ちょこっと感想。 | oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

朝ドラ「まんぷく」から、連続ドラマの感想を、
ひと味加えて、自分味に料理します。
ゆるりとご試食くださいませ♪


テーマ:

桜が咲き散りゆく・・・の巻。

 

出勤前、化粧したのにーーー!

 

奇跡を信じていました。

誰ものが・・・奇跡を信じていました。

 

うんうん。テレビの前の人たちも同じ気持ちだよ。

 

とにかく、今話はニマニマと悲しみの落差が激しかった。

悲しみの前にリラックスさせるため?

 

マナミ先輩モテモテ。

野呂缶さんからは新しい缶詰の貢物。

ハートのチェリー♪

同じ過ちを繰り返さん!

ちゃんと言葉にせなわからんと、

マナミ先輩に告白。

びっくり顔のマナミ先輩に、

あら白馬の歯医者もやってきたよ。

こっちも告白ーーー!

またまた、えっ?びっくり顔のマナミ先輩。

さて、マナミ先輩はどっちを選ぶ?

それともどっちも選ばない?

 

ってな感じでリラックスさせておいて、

咲姉ちゃんの余命を鈴母に知らせる福ちゃんたち。

信じない鈴母。

死ぬわけがない。

だから、誰かのせいにしたい。

矛先は萬平さん。

萬平さんが薮医者を紹介したのよ。

違うとは言い返さない福ちゃん。

薮医者だよね。

もう、これ以上わたしを悲しませないで。

だから萬平さんには関わらないでほしいと念押しなお願を

される福ちゃんなのでした。

 

咲姉ちゃん。

鈴母が見舞うと咳も出ないし体調がいい。

私がお見舞いに行くと安心するのね。

信じたい。そうあってほしいと信じたいところへ・・・

咲姉ちゃんの危篤の知らせがーーーー!

 

危篤の中で、ごめんなさい。ありがとう

言葉を残して散っていく咲姉ちゃん。

 

ごめんなさい・・・の言葉が重くて痛い。

みんなの思いに応えたかった。

そして生きたかったであろう咲姉ちゃんを思うと涙しかないわ。

 

桜が咲き散りゆく季節に旅立った咲姉ちゃん。

桜のような誰からも愛される人だったんだよね。

 

萬平さんに咲姉ちゃん死を報告。

去りゆく福ちゃんの背を見つめる萬平さん。

こっちも悲しい・・・

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

oliveさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス