朝からうどんを打つ女~「サバイバル・ウェディング」6話感想~ | oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

朝ドラ「半分、青い。」から、連続ドラマの感想を、
ひと味加えて、自分味に料理します。
ゆるりとご試食くださいませ♪


テーマ:

●余裕がなくイラ立つ友達を救うには?

●友達の痛みに気づいてあげられなく傷つけてしまった後に

してあげられることは?

 

答えはのちほど♪

 

「サバイバル・ウェディング」6話感想を♪

 

 

高橋メアリージュンの巻。

不倫相手の妻にバレて慰謝料を請求される高橋メアリージュン。

そんな時、編集長がパリコレに行くことになり、

編集長代理に任命される。

 

やる気とプレッシャーとで空回り。

イライラをさやか(波瑠)にぶつける。

完全に八つ当たりーーー!

 

あらあら・・・不倫に相手の奥さんが会社に乗り込んできて修羅場?

意外と編集部のみなさんあっさりしてる?

副編集長を差し置いて、先輩を差し置いて、

編集長代理を任命されたのに、

露骨な嫌がらせされるわけでもなく、

不倫相手が乗り込んできたのに無視するわけでもない。

ホワイト職場ね・・・

これも編集長のおかげ?

 

重圧に気づいてあげられなかったと落ち込むさやかに、

柏木王子(吉沢亮)からアドバイス。

美味しい差し入れを持っていくべし。

 

ってことで、朝一番で高橋メアリージュン宅を訪れ、

差し入れは手料理かな。

 

ん?朝からパン焼くの?と思っていたら、

なんと!なんと!

手打ちうどんでしたきゃー

 

えっ?朝からうどん打つって?

仕事は何時から?

 

パンでもピザでもなく、うどん!

うどんが気になって仲直り話がどうでもよくなっちゃったよあはは・・・

 

どうでもよかったけど、

ココシャネルの名言はよかった。

 

すべてを失い、ひとりぼっちになったとき、

いつでも相談できる友達をひとりは持つことね。

あとは仕事ね。

 

不倫を清算し、同僚にも謝罪し、

不倫のことを責められることもなく、

理解ある言葉で受け入れてくれるホワイト職場。

 

さやかという友達もいて仕事もある。

名言の通りじゃないのあはは・・・

 

で?柏木王子は天然なの?

で?風間俊介どうした?会社でやらかし逃亡中?

で?さやかには興味はあるけカノジョとしては見てないの?

で?やっぱりーーー!

あたしも伊勢谷友介編集長とさやか(波瑠)は、

合うと思っていたよ。

で?最後は編集長とウェデイングなん?

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

oliveさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス