「わろてんか」84話ちょこっと感想。 | oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

朝ドラ「まんぷく」から、連続ドラマの感想を、
ひと味加えて、自分味に料理します。
ゆるりとご試食くださいませ♪


テーマ:

頑固な親子の巻。

 

頑固なとことがそっくりでっせ!

栞さまと東京のお母ちゃん。

 

たった一人(母親)だからやっかい。

お前がいると邪魔だと母親に拒絶され、

本心でないとわかっていても傷ついている栞さま。

 

自分のような芸者がいては伊能家の一員にはなれない。

だから二度と会うなと手切れ金を貰って

納得するしかない母親。

 

ってな具合で、二人とも頑固なので話が進まない。

 

二人を和解させる話と、震災で傷ついた人たちに笑いを

一緒に解決するようだ。

 

笑いが一番のごちそうさん。

うん、こういう時だからこそ笑いが必要というものを

見せてくれるんだよね?

 

いつも口先だけで説得力ないんだものと思っていると、

キースが東京のお母ちゃんが捨てた栞と書かれた

へその緒箱を見つける。

 

やっとキースが事実を知ったよ。

 

キース&アサリコンビ復活と、

震災を経験したからこそ何をやるにも虚しく感じていたキース

親子の和解。

 

それをいっぺんにやるようだ。

 

笑いはごちそうだから。

 

本来はメイン話しだと思われる東京の芸人さんたちにも

大阪の高座にあがってもらう話はおまけになるのか?

それとも見せ場になるのか?

 

 


にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

oliveさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス