株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)様は、

化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位。

世界の約120カ国・地域で事業展開しており、海外売上比率は5割を超える。2018年秋からは本社の公用語を英語化する予定である。

私はメイクで迷ったら資生堂様の商品が肌の色にも合うのでずっと使っていますが、

今回紹介する商品も3個目の愛用品です。

 

エージーデオ24 

ロールオンタイプ デオドラントロールオン EX

40mlオープン価格

(医学部外品)

資生堂様に商品をいただきモニターしています

この商品は
24時間いつでもシーンを構わず、わき肌を快適にケアしてくれる、香りの種類も多くなり
快適乾きなので、違和感を残さず何もつけていない感じの商品です。

 

最初に裏面の説明から。 もともと薬局からスタートした資生堂様だから

あれっ、この商品知っているんだけどという方も多いと思いますが、

この商品、1月31日にEXに進化して新発売されたのです('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

それにしてもどんなふうに進化したのでしょう。それは

1.お医者様も推進してところもある脇汗を抑えるのに

有効成分に焼きミョウバンを使用。

2.汗を吸収、吸着するWパウダーこと銀含有アパタイトでさらさら感へと、

ヒアルロン酸パウダーで保湿成分を配合しているので違和感を感じにくいのです。

 

今回は使ってみているところから  外出前に服の上から使いました。

先に使っているところから。これタートルネックの上からでも小さい容器なので、

つけやすいので使ってみました。新しいのはどんな感じに塗れるのでしょう。

 

ロールオンのボールが転がってついた液体が垂れないで塗れる。

首のところがそんなに伸びないのに、服を着ている上からコロコロと

伸ばすことができます。この容器の中には液体の制汗剤が入ってまして、

横にしても服が汚れないのが凄いと思います。

ボールが転がるとついてくる液体が肌につく塩梅が丁度いいからと思いました。

 

腕を伸ばすとより脇の下が塗りやすい。これでも塗っているところです。

今度は腕を上げると、スプレーを付けたかのように広範囲をぬることができ、

塗った後もツッパリ感や違和感がなく、何もつけていない快適な感じに思えました。

 

なぜ服の上から塗れたのでしょう。手で再現します。

このロールは脇の下にどんな感じなのでしょう。

それはロールを転がすと液体の制汗剤で濡れます。

私はその後に手についたのを伸ばしてみると広範囲に広がりました。

それが写真の下の大きいのです。これを乾かすとどうなるのでしょう。

 

塗った後を調べるため乾くまでをパラパラで。ティッシュを置いても濡れません。

私は今度はパラパラで載せてみました。

手の甲を濡らし、伸ばすと時間がたたないうちに乾きました。

それをわかりやすくティッシュを置いたら濡れないので、さらっとこの後落ちたのです。

それは、汗染み対策に独自の制汗技術が導いたのだと感じました。

また汗をかいて汗のにおいが感じにくくする有効成分のIPMPも配合されていますので、

急な汗対策にも期待が持てるアイテムなのです。

 

 

今回は無香料を使用しましたが、新たにフレッシュサボンの香りや、ベビーパウダーの香りが出ましたのでシーンや気分によって使い分けたりして楽しみたい商品です。

このシリーズは他にもロールオンのほかにスプレーもございますのでエージーデオ24の詳細はこちらをご覧いただきたいと思います。