★初めての方はこちら

 

最近、つくづく思うのが、
会話でも、メールのやりとりでも、
“サービス精神”のあるかどうかの差が
出るなぁ!ってこと。
 
 
自分が話したいことを
ただただ話しても、
相手にとっては、
楽しい会話にはならないもの。
 
そういう人が話すことの主語は
いつだって「私(I)」が多かったりする。
「私は、こうだから~」
「私は、こんなことがあって~」と。
 
もしあなたに興味がない人が聞いたら、
どうでもいい話ばかりなことも・・・。
 
逆に、サービス精神がある人の場合は、
「あなた(YOU)は、どう?」
「あなたのことをもっと教えて!」と、
主語が「あなた」であることも多い。
 
それだけ相手を気遣えているってことなんですよね。
 
私がライターになりたての頃、
編集長に言われたことがあります。
 
「読んだ人が、『なるほど!』『へぇ!』と
思えるような記事を書きなさい」と。
 
「なるほど!」と
思わせるような、何か発見があったり、
「へぇ!」と納得できるような
記事でなければ、
自己満足的なものになってしまうもの。
 
それは会話でも言えることで、
相手が「なるほど!」「へぇ!」と
どうしたら思ってくれるのか?
ということを想像しながら会話をすると、
相手はより楽しんでくれるかもしれません。
 
例えば、
「ここのお店の紅茶が美味しかったの!」
だけなら、小学生の日記レベルです。
 
例えば、
「なぜ、美味しかったのか」を説明できたら、
へぇ!と言われることができます。
 
例えば、
「あそこのお店の茶葉は、
静岡でお茶を作っている会社が
紅茶の茶葉も作っているから、
香りがいいの」と言えば、
「へぇ!飲んでみたい!」と思いませんか?
 
そこまでの知識がなくても、
「今度、あなたにも連れて行きたい!」
と相手を絡めた話にすれば、
そこにはサービス精神も生まれます。
 
相手に何かを伝える気持ちがあるのか、
単に自分の思いを吐き出したいだけなのか、
(自慢話をしたいだけなのか)
で、全然会話は変わってくるもの。
 
つまりは、
「自分のことを知ってほしい、
理解してほしい」ばかりが
前面に出ていないか、というのも
ポイントなんですよね。
 
そのちょっとした気遣いの積み重ねが
「また、会いたい!」と
「もう、会いたくない」の分かれ道
なってしまうんですよね。
 
“サービス精神”を持って
会話を楽しみたいものですね。
 

P.S

happy woman newsを毎日upしています!
毎日、記事をupしているので、
ぜひ、遊びに来てくださいね!

 

 

★子供おばさん漫画のインスタをやっています。

過去分の漫画をUPしています。
https://www.instagram.com/kodomoobasan/

ぜひ、見に来てくださいね。

★あなたの恋のお悩みを募集中!
グラップスのコラム連載で
皆さまから募集した
恋愛のお悩み相談にお答えします!
よかったら、ぜひ、お悩みを送ってくださいね♪

詳しくはこちら↓
http://amba.to/khypyo

 

p.s.

好評発売中!

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
★ブログ記事一覧
http://ameblo.jp/olhonne/entrylist.html

★関連ブログ「新聞ライター(♀)の取材日記」
http://ameblo.jp/katoyumiko/

★お仕事のご依頼は、お気軽に下記までご連絡ください!
株式会社ステップモア 加藤
e-mail: ykato0602@gmail.com

人気ブログランキング