2017-08-12 17:24:08

ハルキゲニたん、白亜紀の海洋無酸素事変を語る。

テーマ:地球環境

いやぁ、毎日、暑い日が続くねぇ~
こんだけ暑いと、立ち振る舞いがオッサンっぽく
なっちゃうよね?

ハルキゲニたんだよw

 

というわけで、
今回は地球の歴史のなかでも
もっとも暑かった時代の話をしちゃう!
今なんて、まだまだ寒いくらいよw

 

もっとも暑かった時代は
中生代白亜紀の中頃、だいたい1億年前あたりになるんだけど、
南極圏にも恐竜や両生類が普通にいるほどだからね。

なんでこの頃がとても暑い気候かというと

とにかく、白亜紀中頃は陸地から海底から
ヤバいくらい
火山活動が活発に起こってて、
現在でもその火山活動の痕跡があちこちにあるんだよね!

南太平洋の海底にある溶岩台地「オントンジャワ海台」とか
インドの「ラージマハール・トラップ」とか
インド洋の海底にある「ケルゲレン海台」とか
挙げるとまだまだある!

数多い火山の噴火で二酸化炭素が大量に放出されて、
極度の地球温暖化になっちゃったというわけ~。

 

って、話はここで終わらないっ!

極度の地球温暖化は、生き物たちに
もっと深刻な環境変動が待ち受けていたんだよ!

 

さて、ここで白亜紀に堆積した地層を見るとさ~
不思議な黒い層が世界各地で見られるんだよね。

「黒色頁岩」っていうらしいんだけど、
この地層にはビックリするぐらい
「有機物」が含まれているんだよ!

 

有機物とは生き物が作り出す炭素や水素からなる物質。
まあ、簡単に言っちゃうと生き物って、有機物の塊みたいなもんでさ~
黒色頁岩は生き物の遺骸がたっぷり含まれているってことなんだよね。

 

いやさ~、
普通だったら、遺骸なんてさ~、
バクテリアかなんかに分解されて跡形もなくなってしまうじゃない?


1億年も前の大昔なのにたくさんの遺骸が
よく残されていたよね~って思うよね

 

考えられることは、バクテリアすら活動できないような
酸素のない環境がそこにあったんじゃないかって言われているんだよ。

 

で、世界のあちこちにこの黒い層があるわけだから・・・
オイオイ!?世界じゅう無酸素状態!?ヤバくない?

とかまあ、驚かせちゃったけど、

無酸素だったのは海洋の海底限定だったようだね。

 

ちなみに黒色頁岩の「頁岩」って、バージェス頁岩とかが有名だけど、
水中に堆積した泥が元になっているんでね。

 

白亜紀中頃はこのような「海洋無酸素事変」

何度か起こってたみたいで、
これは火山噴火による極度な地球温暖化に関係しているらしい。

ここで、
白亜紀中頃より、まだまだ地球温暖化が進んでいない
現在の地球規模の海水の流れを見てみると、

 

↓現在の海洋大循環

海の浅いところの海流だけでなく、
北極近く北大西洋や南極周辺の海で
海流は深海へと沈み込んで、海の深い層にも別の海流があるんだよね。

 

これは北極と南極は寒いんでさ、
海水のたくさん水分が凍って、塩分が残される。
となるとさ、塩分濃度の高い海水というか密度の高い海水になって、
重たい海水になってさ、海の底へ沈んでいっちゃうんだよね。

この循環のおかげで、日光の届く浅い海で植物プランクトンが光合成で
出た酸素が、光合成で酸素ができる環境でない真っ暗な深海にも
運ばれるというわけ。

 

それを踏まえると、


極度の地球温暖化が進んだ白亜紀中頃は、
北極、南極でもそこそこ暖かいんで、海水は沈み込まず、
深海への循環は止まってしまって、酸素が届かない淀んだ層に
なるんだよね。

浅い海から落ちてくるプランクトンの死骸やらが、
酸素のない海底に降り積って、そのまま分解されずに堆積して
現在、「黒色頁岩」という地層になったというわけ。

 

ついでに言っとくけど、

自動車を走らせる燃料やら電気を生み出す火力発電やら、
プラスチック製品の原料などなど、
人類みんなの豊かな生活を支えてくれる「石油」って、
実はその多くが海洋無酸素事変とそこで息絶えた生き物が
残した黒色頁岩から
採れちゃったりするんだよね。

そんな石油を掘りおこして、利用し
ガンガン二酸化炭素排出して、地球温暖化と
問題になってるけど、このままいけば、
1万年後くらいには白亜紀のような気候になるっていうし、
再び海洋無酸素事変が起こっちゃうかも!?

 

 

というわけで

地球の歴史5億年を急ぎ足でまとめた

「マンガ古生物学」も発売中です!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

18 ■Re:Re:無題

火山と植生について
調べたところ白亜紀前期に2000ppmほどだった大気中の二酸化炭素濃度は白亜紀後期には700ppmほどになっています。
原因として海洋微生物と光合成に優れた被子植物(当時は全てC3型植物?)の誕生による炭素固定が考えられるそうです(海洋においては炭素固定により白亜が形成)
そして被子植物から、イネ科を含むC4型植物が誕生したのが6500万年前とされており、C3型植物に比べ低CO2環境でも効率よく光合成が行えるように進化した可能性が考えられているとのことです。

これらの事から、火山活動によりCO2濃度が増加➡︎被子植物の繁栄&シダ植物の衰退?➡︎結果的にCO2濃度が低下➡︎イネ科植物の誕生でしょうか?
火山活動が無ければチョークも食パンも無かったわけですかね~

17 ■Re:無題

>リュウビンタイさん
イネ科植物は新しく現れたグループで
おおよそ4000万年に主要な植物だったそうなので、
1億年前の当時は、あまり関係ないと考えられるので、
苔類、地衣類が茂りやすい環境だったかもしれませんね。
植生もずいぶんと変わったんでしょうね。
そう考えるといろいろ因果関係があって
面白くなってきました。

16 ■無題

前のコメントにあるシダ植物の酸性雨耐性について
シダ植物や苔類・地衣類・イネ科植物は酸性土壌を好みます(スギナがいい例です)
また、マントルの主要成分であるケイ酸塩を苔類やシダ植物、イネ科植物などは積極的に蓄えます(プラントオパールとかが有名)
苔類やイネ科植物は裸地に初め~初期に生えてくるパイオニアプランツでもありますし、このあたりは火山活動と進化に関連性がありそうな気がします。

15 ■Re:週刊恐竜サウルス!

>週刊誌マニアさん
ありがとうございます。
週刊恐竜サウルス。内容は知らないのですが、そういうのがあったのは知ってました。
90年代か~。まだ古生物に興味をもっていない頃だった。
古本屋でも漁りにいこうかな。

14 ■週刊恐竜サウルス!

http://urx.red/FIqF
90年代に発行されたデアゴスティーニジャパンのこの雑誌、恐竜や古代生物についてたくさん載っています。
もしよかったらWikipediaを覗いてみてください。
まだ川崎さんがこのHPに追加していない生物がいくつかいるかもしれませんよ。そちらの追加もよければ。
こちらにも画像があります。
http://urx.red/FIrm http://urx.red/FIro

13 ■地球環境最先端技術

 現在の機械工学における構造材料の耐久性に対する主な問題点は強度ではなく、摩擦にある。島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。

12 ■Re:無題

>lc1gr6さん
シダ植物が酸性雨に強いかどうかに、ついては、わかりません。
今でも降水量の多い地域では酸性土壌になりやすいですし、また酸性土壌を好む植物もありますが、
白亜紀中頃はレベルがちがいますよね。

11 ■無題

うーん…そんな状況だと、酸性雨被害は、現在どころでは無いでしょうな…
シダ植物は、酸性雨に強いのでしょうか?

10 ■Re:どのくらい二酸化炭素が

>pandaaaさん
火山活動期の白亜紀の二酸化炭素濃度は
1000ppm以上と推定されているようです。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/japt1933/56/4/56_4_300/_pdf

現在の二酸化炭素濃度は400ppmですから
2,5倍ですね。
人類が今のままのペースで二酸化炭素を出し続けると8000年から1万年後には白亜紀のような気候になるといわれているようです。
そのまえに石油が枯渇しそうですが。

9 ■Re:無題

>スラッカーさん
二酸化炭素は今でも右肩上がりで増えているようですね。

http://www.env.go.jp/press/102550.html

2009年で385ppm
2015年で400ppmを越えました。
わずか6年でこれだけ増えてますからね。

1万年後どころじゃないかも。

8 ■どのくらい二酸化炭素が

こんにちわ。いつもとてもおもしろい記事をありがとうございます。
白亜紀の二酸化炭素濃度はどのくらいかわかりますか?
一体今の何倍なんでしょう。
そしてそうなるためには、
人類が今のペースのまま一生懸命に二酸化炭素を
出し続けて何万年くらいかかるんでしょうか。

7 ■無題

最後の一行が怖いです…

実際一万年と言わず現時点でも色々あるわけで…
「俺が生きてる間におこる話じゃないから関係ない」
という人いますが、このままいくと子供の世代には起こってしまうかも

人間の脳による情報更新(進化速度)は遺伝子のそれと比べると手書きの本とパソコン位の差があると言いますが、
環境に与える影響も同じと考えると薄ら寒くなります

6 ■Re:無題

>にょんたさん
世界じゅうで硫黄臭が漂いそうですよね。

5 ■無題

なんか臭そう

4 ■Re:こんばんは

>トム(こんにちは)さん
いえいえ^^

3 ■こんばんは

勉強になります。ありがとうございます。

2 ■Re:無題

>宇宙優泳さん
逆に噴煙で太陽光塞ぎって、寒冷化というシナリオにもなりそうな感じですね。

1 ■無題

噴煙も、すごそう

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース