2017-07-12 14:41:34

ハルキゲニたん、ティラノサウルスの羽毛について語る

テーマ:動物、古生物うんちく

再三に登場!!ハルキゲニたんだよw

今回は思い切ってティラノサウルスについて
いっちゃうよ~

ティラノサウルスは人気ナンバーワンで熱意のある支持者の多い恐竜だし、
それだけにティラノサウルスに対して強い想いを馳せている人
多いんでさ~

 

「てめえみたいなヤツなんざ、ティラノサウルス語ってんじゃねえ~!」
とか言われそうで怖いよ・・・

 

まあ、ティラノサウルスは最後で最強の恐竜みたいに
ゴマすりながらヨイショ的な話しとけば、大丈夫かなw

とか余計なこと言ったら怒られそうだ・・・。

 

ティラノサウルスといっても
かなりの情報があるんでさ~
今回はティラノサウルスの
羽毛の有無について語らせてもらうかな~。

間違ってもティラノサウルスはスカベンジャー(腐食肉者)で
鈍重な恐竜とは口が裂けても言えない。

あっ!また余計なこと言っちゃった。

 

そんなこんなで恐れ多いティラノサウルスなんだけど、
最近、羽毛の生えたティラノサウルスの復元想像図をよく見るようになったじゃない?

 

でさ~
結局のところ、ティラノサウルスに羽毛が生えての?そうでないの?
ってなるんだけど、


まあ、結論から言っちゃうと、

「なんともいえない」

って、結論になってないしぃ~w

 

でもティラノサウルスに羽毛が生えてるのか、生えてないのかに
ついては、それぞれにそれなりの理由があってさ~、
そのへんのところ話たいんだけどさ、

 

まずは
ティラノサウルスが羽毛なって生えていないという理由には
ティラノサウルスが巨体であるため、

体の中の熱がこもりやすい体質
ってことかな。

なんで体が大きいと熱がこもりやすいかというとさ~、
体の大きさが大きくなると、
体の表面積に対して体の体積が比率が
どんどん大きくなっていくわけじゃない?
表面積は2乗に比例するけど、体積は3乗に比例するからって感じで。

体の表面積は体から体内の熱が外へ発散する出口のようなもんでさ~、
体が大きくなると、体の表面積は当然大きくなるんだけど、
それ以上に体の体積はもっと大きくなって、
体の体積は体の中にある熱量とイコールみたいなもんだから、
結果的に体が大きくなるにつれ、
莫大な熱量になって、それを外へ逃がすだけの出口が確保できなくなってしまうんだよね。

 

とか、ややこしいこと言って、自分でなに言ってんだかよくわかってないんだけど、


身近で例えちゃうと
コップにあるお湯は冷めるの早いけど、
お風呂の湯船のお湯は冷めるのに時間がかかるって感じ?

この巨体がゆえに熱がこもりやすい体質のうえに
断熱効果のある羽毛なんか生えていたら、

熱いお湯にフタをされた感じになっちゃうんで
余計に熱が出ていかないので、
ティラノサウルスのような巨体だと、すぐにオーバーヒートに
なっちゃうというわけ。

それがティラノサウルスの羽毛が生えていないだろうという理屈なんだけど、
ティラノサウルスって、かなりの大型肉食恐竜で
同じく大型肉食恐竜のアロサウルスやスピノサウルスと
いっしょ系っていう感じを受けるんだけどさ~、


ティラノサウルスはそれらとはまったく別物で
体が小さく羽毛が確認されている恐竜が多い

「コエルロサウルス類」というグループの一員なんだよね。

ティラノサウルスはそういうグループの一員なんだから
当然、羽毛があっても不思議ではないでしょって
なるんだけど、
羽毛つき小型恐竜たちのなかで、極端に巨大化して
グループ内でかなり浮いてしまった存在になってしまったし、
やっぱり、さっきも言ったように体温の諸事情でさ~
羽毛も抜け落ちて、さらに浮いた存在に磨きをかけてしまった
かもしんないよね~。

 

ところがさ~
ティラノサウルスにごく近い全長9mもある

「ユーティラヌス」という肉食恐竜には
なんと羽毛の痕跡が確認されているんだよね。

ティラノサウルスほど大きいとは言わないまでも、
これだけ大きな恐竜に羽毛があったことがわかったんだから、
大きな体は熱がこもりやすいから羽毛がないという理屈は
あくまで理屈であってさ~
実際はティラノサウルスにも羽毛があったんでは?って
思えてくるよね~

ってどっちなんだよっw


というわけで
あたしもティラノサウルスも登場する
「マンガ古生物学」発売中だよ~

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

21 ■前にお勧めしたDVDについて

みられましたか?(どちらか一方でもいいので)

20 ■Re:目の大きさと移動速度

>トウワタアポリオンさん
哺乳類の眼球サイズと移動速度に関連するなんて話、
初耳で興味深いですね。

19 ■目の大きさと移動速度

テキサス大の研究発表では哺乳類の眼球のサイズはその動物の最高移動速度と相関するそうです。恐竜も最高移動速度と目のサイズが相関していたとしたら、ティラノの成竜はだいぶ遅くなるんじゃ無いでしょうか。羽毛も巨大化と鈍足化に反比例して減って生存率を高めるのが良いのか、最初からウロコで全身を被って、低温環境に耐えられない個体を淘汰するのと、たまたま長期的に種の維持に役立った方が生き残って、結果全身羽毛の恐竜と全身ウロコの恐竜、化石骨格自体は見た目で判別不明なんてケースも有るんじゃないでしょうか?

18 ■Re:Re:本じゃなくて

感想お待ちしております(^ ^)

17 ■Re:本じゃなくて

>そうたさん
あ、そうなんですか。了解です!

16 ■言うの忘れてましたが・・・part2

「恐竜大進撃」もあります。DVDです。
登場恐竜
アデロバシレウス、レペノマムス、ティラノサウルス(子供だけ羽毛)、スーパーサウルスなど
こちらも面白いのでぜひ!

15 ■本じゃなくて

「新・恐竜大進撃」はDVDですよ。

14 ■Re:こっちからも紹介

>そうたさん
ありがとうございます。なかなか良さそうな本ですね。
チェックしてみますね。

13 ■こっちからも紹介

こちらからも、お勧めさせていただきます。
「新・恐竜大進撃」です。
主な登場恐竜
ティラノサウルス(羽毛あり)、ユウティラヌス(化石のみ)、丹波竜、スピノサウルス類、ディメトロドン、ギガントスピノサウルス
最新の恐竜研究満載です。
特典にどうやってCGが制作されたかもわかるVFX集があります。

12 ■Re:はじめまして

>通りすがりさん
コメントありがとうございます。
デフォとは「当たり前」というような意味ですよね?
彼女のなかでは、ティラノスカベンジャー説はデフォとは思ってなくて、
ティラノスカベンジャー説に敏感に反応し、反感する人が多いとおもって、そんなこと言えないと言っているだけということですかね。
まあ、たしかに本音ポロリ感出てるような感じの言い方ですが。

11 ■はじめまして

ハルキゲニたんの言い方からして、彼女の中では
ティラノのスカベンジャー説がデフォなのでしょうか?
俊敏な完璧なるハンターだ!…とまでは言いませんが、
明らかに戦った痕跡のある化石、ティラノに襲われたのち治癒した痕のある植物食恐竜の化石がある以上、
現在のライオンのようにある程度の狩りをしていたのは間違いないと思われるのですが
勿論いい具合に死体があれば、そちらへ行っていたことでしょう
(これもライオンと同じですね)
鈍重というのも、現在ではこれもそこまで鈍くなかったんじゃね?となっているように聞いた事があります

10 ■Re:無題

>カヲナシさん
ライチョウにも夏毛、冬毛があるって感じですかね。
ティラノサウルスの衣替えっていうのも面白いですね。

9 ■無題

北米大陸に住んでた恐竜はアラスカまで"渡り"をしてたそうなので、
冬だけ羽毛を持っていた(化石だとその辺の機微が判り難い)
とかかも
してません

8 ■Re:無題

>もひかんさん
たしかに羽毛恐竜は中国のみですよね。当時の中国と北米の気候の違い、これたいへん興味深いです。ちょっと時代はズレますが羽毛が確認された恐竜はヨーロッパぐらいですかね。

7 ■Re:ティラノサウルスの羽毛について

>コメント失礼しますさん
てめえやつなんざ、ティラノサウルス語ってんじゃねえ!wコメントありがとうございます!
鱗の化石見つかっちゃっているんですね。
仕事で何度かティラノサウルス描くことがあったのですが、
羽毛を生えた復元でという注文とか、
全身羽毛で覆われたティラノサウルスを描いて、
監修に指摘されなかったこともあって、
やっぱ羽毛なの?ってことがありました。
でも最近のニュースで羽毛がない、(あっても限定的でしょう)というのがありましたね。
限られた部位っていうのは、本当に私も思います。

6 ■無題

ユーティラヌスを含め、羽毛獣脚類は当時寒冷だった中国からしか見つかっていない。
一方ティラノサウルスレックスのアメリカは温暖で羽毛恐竜は見つかっていない。

答え出てると思うけどな。

5 ■ティラノサウルスの羽毛について

てめえみたいなヤツなんざ、ティラノサウルス語ってんじゃねえ~!


冗談です(笑)、すみません(笑)
でも実際ティラノサウルスやその近縁種からはユーティラヌスが見つかる前からほぼ全身から鱗の化石が見つかっていますから羽毛に覆われていたとしても背中の一部だとか限られた部位だった可能性が高いです
ユーティラヌスが見つかったときも問題となったのは成体のティラノサウルスがどこかで(おそらくアルバートサウルスとの分岐より前の段階)羽毛を巨大化以外の要因で抜け落とした可能性もある、ということだったと思います
ちょっとセンセーショナルさを優先した海外のメディアがティラノサウルス=羽毛が生えていたと大きく報道していましたが実際は少なくとも全身に羽毛が生えていた可能性はかなり低いようです

4 ■Re:初めまして

>無課金ユーザーさん
ありがとうございます!
湖底を歩き、水面に鼻を出すブラキオサウルスも懐かしいですね。
モヒカンティラノいいかも!

3 ■初めまして

いつも楽しく拝読しています(*⌒▽⌒*)

小さい頃に最初に植え付けられた、昔の恐竜図鑑の印象が今だに脳内に居座っている私なので…例えばブラキオサウルスが水面から目だけ出していたりとか…ティラノサウルスの皮膚もなめし革のカバンの様なイメージなのです。
(ウルトラマンやガメラのせいかな)

なので!
ティラノサウルスの羽毛は、カンムリワシやツメバケイみたいに頭の飾りでしか想像出来ないです。
背中にモヒカン、馬のタテガミみたいで素敵です♪

2 ■Re:ティラノサウルスの大人の羽毛

>SOUさん
まばらに羽毛が薄くなるとかだったら
ビジュアル的にイヤですけど、
成長すると背中部分だけモヒカンのように羽毛が残るとかだとカッコいいですね。

1 ■ティラノサウルスの大人の羽毛

大人になっても羽毛が生えたままなら寒い環境の方が活動し安かったのかもしれませんね。
あるいは生えてはいても子供や小型の仲間よりも薄くなっていたりとか?

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース