2009-07-26 21:48:21

ペルム紀末の巨大隕石衝突

テーマ:地球環境

2億5000万年前。
生物種の95%が絶滅したという史上最大の大量絶滅


「ペルム紀の大絶滅」
http://ameblo.jp/oldworld/entry-10240952686.html


この前回の記事では
シベリアで起きた大規模な火山活動で急激な温暖化がはじまり、
海底のメタンハイドレートが融解、大気中に大量のメタンガスが放出され、
温暖化に拍車、酸素欠乏にまでなり、大量絶滅が起きたと述べた。


しかし
この頃、もうひとつの大天災が起きていた・・・。


2006年6月6日。
米オハイオ州立大学の研究チームは南極の深さ1,6kmの氷床下に
直径486kmにも及ぶ巨大クレーターがあることを突き止めたという!


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-ウィルクスランド・クレーター

この巨大クレーターの存在は
NASAの重力観測衛星「グレース」が巨大クレーターのあるとされる地点に
重力が強くなっていることを感知したことによる。

いずれにしても、この大きさは世界最大のクレーターとなる。


そして!このクレーターをつくった巨大隕石が
2億5000万年前の大量絶滅を引き起こした要因である
可能性があるのだという!


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-ペルム紀末と白亜紀末の巨大隕石

研究者によるとその巨大隕石は直径50kmだろうと推定され、
6500万年前、白亜紀末の恐竜を絶滅させたという巨大隕石は
直径10km。それと比べると、あまりにも格がちがう!


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-巨大隕石を見るゴルゴノプス

2億5000万年前、ゴンドワナ大陸で巨大隕石を眺めるゴルゴノプス

史上最大の大量絶滅「ペルム紀大絶滅」。
シベリアの大規模な火山噴火と南極の巨大隕石の落下が
ほぼ同じ時期に起きていたことになり、
生物史上かつてない天変地異だったことだろう!


恐竜が絶滅した白亜紀末の大量絶滅も
実はこのペルム紀の大量絶滅時とよく似ていて
巨大隕石の衝突だけでなく、インドにも大規模な火山活動があった。


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-ペルム紀の天変地異

川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-白亜紀末の天変地異

しかし
ペルム紀末の火山活動で形成された「シベリア台地玄武岩」
150万km²
白亜紀末の火山活動で形成されたインドの「デカントラップ」
50万km²

ペルム紀末の巨大隕石と火山活動ともども
そのスケールの大きさには遠くおよばない。


大絶滅 ―2億5千万年前,終末寸前まで追い詰められた地球生命の物語―/Douglas H.Erwin
¥3,675
Amazon.co.jp

大量絶滅がもたらす進化 巨大隕石の衝突が絶滅の原因ではない?絶滅の危機がないと生物は進化を止め.../金子 隆一
¥1,000
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

川崎悟司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

33 ■ありがとうございます

鋼翼飛龍さん>

ジュラシックミステリーは
面白い説だなぁと思って読んでいましたが
やはり、難点はあったようで・・・・
教えていただきありがとうございます

やっぱり、謎は謎のほうが面白いです(・∀・)

32 ■無題

karukiti 様
書き方がまずかったようですいません。
決して貴方のことを非難したわけではありません。この本(それとおそらく著者)やその内容を声高に提唱するものや、信じ込んで知ったかで吹聴している無知な輩や盲信者に我慢ならなかったので…すみません。

科学は決して宗教ではありません。哲学⇒自然科学への移行を見てわかるように、科学も哲学も、まず「既存の有象無象を疑う」ことから始まり、それを「検証し確かめる」ことだと思います。
宗教は根源的には「人心の救済」が本来の目的であると思います。
上記はどれも主観でなおかつ説明不足ですが、少なくとも「科学」と「宗教」は対義語ではなく、また両者とも共存が可能なものだと思っています。

川崎様そしてkarukiti様に改めて非礼をお詫び申し上げます。

31 ■コメントありがとうございます

>KANさん
最大ダブルコンボですから、
はっきりいって想像すらできません。
あと
宍道湖のクジラ化石ですが、後のヤフーニュースで
ずばりケトテリウムと出てましたね

>名無しさん
重力変動説はジャンルはオカルトですが、
面白そうな説だとおもいます。
ただオカルトはオカルトとして楽しんで
科学とは別に区別をすべきだと思います。

>karukitiさん
科学は実際に確認されたものとか確実なものを
対象にする学問と聞いたことがあります。
だから、わからないことや、仮説などを
こうだ!と決め付けるのは科学的でないと
よくいわれますね。
古生物に関しては化石からの情報のみで
古生物復元は化石をもとにしているとはいえ
イラストレーターの想像も入るので、これは
科学とは呼べないともいえます。

30 ■自分だと思ったので

すみません。俺もそんなつもりで発言していたわけではなかったので・・・。ただ”オカルト”だぁ”科学”だぁなんて分けて考えるのは個人の自由だとは思いますが・・・。しかしドッカで、”科学も一種の宗教”だと聞いた覚えがありましたが・・(うる覚え)。まぁドッチにしても、俺は只の恐竜オタクなんで、ヒトツの”説”を狂信するツモリはありません(只印象深い本だったってだけです)。不快に思われたのなら申し訳無い(ブログに関係の無い投稿失礼しました)

29 ■無題

月の表面はクレータだらけですよね。
実は月には地球へ降り注ぐ天体の衝突を食い止める防波堤の役割もあるらしいです。あのたくさんのクレータは、地球に落ちてきたかもしれない多くの天体を防いだ跡でもあるんでしょうね。
「もし月がなかったら」というタイトルのドキュメンタリーがありましたが、月がいなければもっと隕石等が落ちてきて、地球の表面はクレーターの穴でボコボコだったでしょう。
当然進化の歴史も今と変わっていたはずです。

あと、「”ジュラシックミステリー”重力変動説」とか書いた奴と、それを信じ込んでそこらじゅうで触れまわっている奴は消えろ。マジで。
科学にオカルトを持ち込むな。物理を1から勉強し直せ。

以上失礼しました。これからのHP及びブログの活躍と進歩を願って…。

28 ■おおお

なんかもう規模が違いすぎて想像ができませんね。
ご先祖様よく生き残ってくれたものです。
両生類は温暖化の影響で絶滅するだろうと言われていますが、このときはどのようにして生き残ったんでしょうか。
実は強い生き物とか?

【生物】かつては深い海だった…宍道湖から約1300万年前のクジラの化石見つかる=島根県松江市[09/08/03]
http://ime.nu/sankei.jp.msn.com/culture/academic/090803/acd0908032144004-n1.htm
ケトテリウムみたいな生き物でしょうか、なんにせよすばらしい発見ですね。

27 ■>のびるぞうさん

お久ぶりです。
この2006年のペルム紀巨大クレーター発見の
ニュースは
のびるぞうさんからミクシィでお知らせいただいたものですね。
3年後になって、このブログの記事にしました(;´▽`A``
カギムシはけっこうしぶとそうな感じだから
これからも何億年も地球にいてそう。

26 ■おひさしぶりです。

凄いですね。
こんな状況で、カギムシとか良く生き残れたなあ、と感じました。

25 ■コメントありがとうございます!

>もけさん
NHKの巨大隕石衝突シュミレーションの映像
http://www.youtube.com/watch?v=hu-iYG-mgpo
直径400kmの隕石衝突を想定しているそうです。
映像を見る限り、世界のどこにいても助かりそうなさそうですが、
ペルム紀の天体衝突は、まだわずかながら
被害の少ない場所があったかもしれません。
それでも2次災害や今後の環境変化などあるだろうから、
よく生き残れたものですね。

>骨法掌さん
このブログは学術レベルってほどでもないので
過去記事もよんでいただき、太古の世界を
いろいろ想像していただければとおもいます。

>潤さん
またよらせていただきます。

>さきょうさん
恐竜以外にも太古の世界について、いろいろ取り上げているので
ぜひまたきてください。

>ぱんてるさん
お久しぶりです。
あるレベルを超えると一気に事が変わるというのは
なんとなくわかりますね。
天体衝突の衝撃は2乗、3乗に比例するものと
おもいます。

>ミッターマイヤーさん
白亜紀の天体衝突は有名ですが、
それよりもスケールの大きい
ペルム紀の天体衝突は最近、発見されたばかり
で知られていないとはいえ、
今後もあまり話題にはなりそうもありませんね。
白亜紀の天体衝突が有名なのは
恐竜絶滅の1つの理由になってますからね。

24 ■ペタありがとう!!m(__)m

全然大きさが違うんですね\(゜□゜)/

23 ■変動の根拠

お久しぶりです。
面白い説ですね!相変わらずイラストもいい味出しててサイコーです!!(^_^)bGJ!です。

川崎さんのダブルコンボ滅亡説とRIBON-Yさんの否定説、私にはどちらが正しいか、正直判断付きかねます。

RIBON-Yさんの数万年の間隔が開いてて両災害が関係するのか?という意見もなるほどと思いますが、川崎さんの5度の大絶滅のうち、3度が火山と隕石のダブルコンボっていう話聞くと、なんか関係ありそうな気もするし!

これを証明するには、ダブルコンボ発生の際の実際に起こる事例を考古学と現代のシミュレーションの両方からつき合わせて考察するのが一番確実な気がします。
こんなこと研究してる学者とかいないんだろうか?

災害に限らないんですが、こうしたことって比較的小さい規模のときはたいしたことなくても、あるレベルを超えると、起こる現象が考えられないほど一気に大規模になったりするときもあります。

ですからたとえば仮に、直径1kmの隕石だと1ヶ月程度で異常気象が収まるが、直径10kmだと10年以上続くとか、486kmの隕石だとさらに考えられないほど長く続いたりとか、そうしたことはないのだろうか?というのが私の疑問です。
無論、挙げた事例は私が適当に考えたものですので、これで憲章などは考えないでくださいね。私自身、答えられませんから(^_^;)

22 ■無題

ペタありがと
恐竜大好きなのでまた立ち寄りたいです

21 ■無題

ペタありがとうございます\(^O^)/感動です゚。(p>∧<q)。゚゚また来てくださいね♪

20 ■実におもしろいです。

はじめまして、ペタありがとうございます。

ブログ記事読ませてもらいましたが、とても興味深くおもしろいです。
学術的図書は中々手を出しにくいのですが、ブログだからこそ気軽に読んで、何かタメになった気持ちです(^^;o)

時間あるときに過去記事読ませてもらいます。


方向性全く異なりますが、よろしければまた、お越し下さいませ。

19 ■むしろ

この規模の天体が落下して、高等生物が生き延びられた方が不思議な感じがしますね。

前にNHKで、直径数百キロクラスの小惑星が地球に激突した場合には世界中が灼熱地獄となり、海も全て干上がってしまうというとんでもないシュミレーションをやっていましたが、直径50キロとなればかなりそれに近い災害がおきたんじゃないかと予想できます。

白亜紀末の隕石とは災害規模の桁が違ったでしょうし、むしろ生き延びた生物はどうして生き延びられたのか、そっちの方が興味ありますねw

18 ■コメントありがとうございます!

>黒燕さん
隕石いや微惑星レベルの天体衝突なら
たしかに大陸の1つぐらいはぶっ飛ぶかもしれませんね。
ゴンドワナ大陸の南極とオーストラリアが分断されたのは
この天体衝突が原因ではという説もあるそうです。

>karukitiさん
その本をもっていますか。
仮説じたいは否定されるも、読み物としておもしろそうです。
このHPやブログでは恐竜絶滅と重力の関係という
話題が時々でてきます。

>ゲジゲジさん
懐かしいサイトですね。
ずっと前にこの著者がこの当サイトの掲示板に
書き込んだこともあります。
一方的な「ジュラシックミステリー」本の宣伝でしたが(^_^;)

17 ■今更ですが参考までに…

『ジュラシックミステリー』話題になっていますね。
今更ですが、この本の著者のサイトです。
 http://www.gondo.com/g-files/dino/dino.htm

はっきり言ってこの人は全くのシロウトで、突っ込み所は満載です。
ただ、この本が出された頃にシロウトが考えた説としてはなかなか面白い着眼点だと思います。

16 ■ナツカシ・・・

どうも、懐かしい本のタイトルがでたので二度目のコメお許しを~。”ジュラシックミステリー”重力変動説・・・確か高校のころ買ってよみました~。その本を機に、ものごとの見方が多少変わりましたね~。(内容はともかく)全ては互いに影響され、そして変化をせまられる。(適当な)そんな気持ちになりましたね・・・。今も手元にあります・・・(仮説じたいは人気無いみたいですが)

15 ■なんという踏んだり蹴ったり!

隕石というよりもう微惑星ですね。衝突被害だけで大陸ひとつ分ぐらいの地域が壊滅しそうです。
さっき地図を出して東京に落ちたと仮定・・・これじゃ本州が殆ど分断されてしまいます。
ついでにシベリア台地玄武岩。近い面積を探したらモンゴルの国土に匹敵しました。
天体衝突で焼き尽くされたと思ったら今度は反対側から際限なく噴出す溶岩に焙られる。さらに海からの温暖化が拍車をかけて・・・よく立ち直って恐竜の時代なんぞ迎えられたものよ、と寒心いたします。生物世界の強靭さというか冗長性というのは底知れませんね。
たとえ人類が殆どの生物を巻き添えにして自滅しても、時がたてば新しい生態系が出現するのでしょう・・・ヒトなどはじめからいなかったように。

14 ■コメントありがとうございます2!

>海洋芽鷹さん
前はアンモナイトを更新しまくって
アンモナイトとは関係ないテーマでブログ更新。
今回も同じく変化球です(笑)
でも魚竜についても記事書きたいとおもいます。

>minokunさん
太陽に黒点が少ないときが寒くなる時期ですよね。
この前、テレビで観たことあります。
ちょうど今がそれに差し掛かる時期ともいわれていますね。

>羊さん
ありがとうございます。ペン画の着色イラストは
今後もブログでアップしますので、お楽しみください。
死闘イラストといえば、ヴぇロキラプトルとプロトケラトプスも押さえたいところです。

>RIBON-Yさん
生物史でのスパンですから、隕石と火山活動の起こった時期は万年単位で離れているとは思いますね。
でもこの2つのイベントの相乗効果で地球環境に大きな影響を与えて、世界を変えてしまったと
おもいます。


13 ■コメントありがとうございます!

>ヒロキさん
ペルム紀絶滅のダブルコンボはダントツですね。
白亜紀の絶滅もダブルコンボですが、
実は三畳紀ージュラ紀の絶滅も
ダブルコンボです。
5億年の生物史で5度の大量絶滅(ビックファイブ)のうち、
この3回がダブルコンボなんですね。

>鋼翼飛龍さん
隕石のデカさは半端ではないですね。
直径50kmといえば、大阪府がすっぽり入りますよ。

>karukitiさん
2次災害がもっとも深刻だったとおもいますね。
50kmの隕石なら世界中にかなりの影響をあたえたとおもいます。
それにプラス火山活動ですから。
火山活動の周期はありそうですが、天体衝突は
なんだか気まぐれっぽい感じもしますが。
でも5度の大量絶滅で3度も隕石と火山のダブルコンボなんですね。
単なる偶然なのかわかりませんが。

No.8さん>
そうなんですね。ペルム紀と白亜紀の隕石と火山は
真裏どうしで起きているんですね。
天体衝突の衝撃でマントル対流に何らかの
影響があるのでしょうか。
でも人類はいまだ、天体衝突の災害を体験していないんですね。
シュミレーションはある程度ついているようですが、
天体衝突による詳細な影響はまだわからないことが多いのではないでしょうか。

>妖怪島流しさん
「ジュラシックミステリー」という本ですね。
重力変化については、あまり認められた説では
ないようですが、面白そうなので
呼んでみたい本です。

>マッコウクジラ雁ノ助さん
プライミーバル2期目の放送と
プライミーバルの再放送は知りませんでした。
隕石の落ちたペルム紀のゴンドワナに
生息していたのはゴルゴノプスがあげられるのと
この頃の南極を含むゴンドワナには氷床があったので、寒さに強いといわれるゴルゴノプスを
登場させました。


12 ■さっきの話の続きぢゃが・・・・・

月による地球の重力の変化が生物を絶滅させたと言う話はあくまでも恐竜や大型爬虫類が生きていた白亜紀時代そのものを中心にしてる。

で・・・・この話はペルム紀を中心にして話をしてるからちょっと筋違いかな?と思っています。

まぁ・・・・・・隕石と大規模絶滅の話で某宗教がからんだ説もあるけどこの場所ではあえて話さないでおこうと思っています。f(^-^;)

内容が悪魔の王であり堕天使のルシファーを中心にした恐竜絶滅のストリーですから・・・・f(^-^;)

11 ■火山活動と隕石衝突

こんばんは。興味深い話題の提供ですね。
おそらく、ペルム紀の隕石衝突と、スーパープルームとか言う火山活動とは、無関係だと思います。
偶然、近い時期に運悪く起ったのでしょう。

で、2つの災害の正確な年代は、いかほど離れているんでしょうね?
日本でも100年以内に、関東大震災は起るわ、太平洋戦争は起るわ、阪神淡路大震災が起るわ、で、たて続きに悲惨な被害が生じていますが、それぞれの災害は相当に離れた時代と言う感触ですよね。
火山活動と隕石衝突の年代が、数万年も離れていたら?災害現場の生物は絶滅したでしょうが、その他の生物には、大した因果関係は無いのでは?
もっとも、これによる気候変動が長期間に及び、その間に2個のイベントが生じたら酷い被害ですね。

また、隕石の衝突は、拳銃の弾丸の様な瞬時の衝撃。
一方、スーパープルームの上昇は、長い年月をかけたゆっくりと広範囲の衝撃。
両イベントのエネルギーの質が異なりますね。
もし隕石の衝撃がマントル対流を起こすなら、隕石は地球を突き抜ける程の超高速衝突をする必要があると思いますよ。しかも、隕石の衝撃は、地球全体に満遍なく広がるので、プルーム対流は起こさないと思いますよ。南極とシベリアは、ちょうど地球の反対側ですし。

10 ■月が犯人だと言う説・・・・・

妖怪島流しさんへ>

その本なら私も読んだ事があります。

(題名はジュラシックミステリー)

その本の内容によると月が最初は隕石として地球に近づいてきたが地球の引力に捕まってしまい衛星となった為、地球の重力に激しい変化を起こしてしまい白亜紀時代に生きていた恐竜などの大型生物が自重を支えきれず全て絶滅をしてしまったが小型の生物は生き残ったと言う説があるが・・・・

重力の変化で恐竜や大型の爬虫類が絶滅したなら納得がいかない点もたくさんあります。

理由の一つとして何故、ワニが生き残っているのか?と言いたくなるほどです。


9 ■イラストがいいですね

またペルム紀末の大量絶滅についての記事ですか。
特に巨大隕石を見るゴルゴノプスのイラストはいいですね。(^_-)-☆GOODダキミィこれからもこんな素敵なイラスト(例えば巨大恐竜の血みどろの死闘のイラスト)を楽しみにしてます。o(^o^)o ワクワク

話は変わりますが、小ネタを多数見つけましたよ。如何でしょうか?↓
http://news.google.co.jp/news/story?ned=jp&cf=all&ncl=dt67S1VVxBn029MR5QItqqN988S4M
http://dino-paradise.seesaa.net/article/124248825.html
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=35886050&expand
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20090724/CK2009072402000007.html
http://www.yours-hotel.co.jp/eco/message.html
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090724/200907241352_8395.shtml
http://www.pref.kumamoto.jp/site/kamimashiki-hp/ibento2009-8.html
http://www.mifunemuseum.jp/home/haxtukennhyouri1100.jpg
http://www.stv.ne.jp/news/item/20090726185531/index.html
http://news.google.co.jp/news/story?ned=jp&cf=all&ncl=dfQfrFPnPuArXVMQI2sIepKTstIrM
http://www.satsumasendai.jp/www/contents/1247749896956/index.html
http://mattari-jinsei.blog.so-net.ne.jp/2009-07-27
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20090727ddlk18040155000c.html

あ、後、このページも見て下さいね。↓
http://www.nikkei-science.com/item.php?new_flg=1

8 ■また、

イチローか。マツケン呼んでこい。」
 すみません。つい某動画を見ている人でないとわからないネタを書いてしまいました。

 最近、太陽の黒点活動のからみでちょっと寒くなったとかならないとかいう話もありましたが、天体レベルで物事が起こってしまうとどうしようもなくなってしまうものなんですね。

 いま、恐竜が絶滅したレベルの天変地異がおこるとどんな風になるんだろうか?

7 ■無題

最近魚竜の更新が目立ったので
魚竜の記事になると思ったら…これですか(汗

やはり大絶滅の原因は複数の災害なんでしょうね。
>妖怪島流しさん
>重力
たしかその説だと、地球のすべての生き物が滅ぶ可能性が高いとされて、今は否定されている説だった気がします。

6 ■プライミーバルの舞台の時代

お久しぶりです
プライミーバルの2期目が
いよいよ8月下旬放送です
そういえば1期目のプライミーバルに登場した
ゴルゴノプスが生きてた時代に
こんなことがあったなんて
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/primeval/index.html

川崎悟司さま>>
1期目も再放送にちなんでこれですか?

5 ■無題

僕もNo.8さんと同じ意見です。
そういえば
むかし読んだ本には 恐竜がぜつめつしたのは
月が地球の重力に捕らえられて
自転速度が遅くなり、遠心力が激減して
重力が変化したからということが・・・
それによって隕石が落ちてきたり
火山活動がおこったりしたと
やっぱり
隕石と火山は仲いいですね

4 ■むしろ

むしろ隕石が原因で火山活動やスーパープルームが起きたとは考えられないのでしょうか?
ペルム紀にしろ白亜紀にしろ、
隕石落下地点の真裏でさらなる災害が起きているのは興味深いです。

3 ■ぺるむ

ぺルム紀末・・・確かに、巨大隕石の衝突の影響って想像を越えますね。よく爬虫類やらが生き残ったと思います。正直、”ホントにそんな事があったの?!”ナンテ思うくらい。(映画の見すぎ)実際、生物にとっての脅威は、隕石そのものより二次的な災害なのかなぁ。(アバウトな)でも直径五十キロの衝撃は、きつかったろうな・・・なんて思いました。ひょっとして、火山活動の周期と天体衝突に、何か関係が?!なんて妄想したりも。

2 ■うっ!

確かに格が違う・・・・・・f(--;)

生物史で最大級の絶滅はペルム紀と聞いてるがその記事を見て思わず納得しました。

恐竜を絶滅させた隕石の何倍もある隕石が地球に衝突したから当時の生物達は生き残るのに必死だっただろう・・・・・f(^-^;)

1 ■こんにちは

まさか巨大隕石と火山噴火のダブルコンボとは恐ろしいかぎりです。火山噴火でメタンハイドレートが融解して温暖化に拍車、酸素欠乏。さらにダメ押しといわんばかりの巨大隕石衝突…。大型動物のほとんどが絶滅したのもうなずけます。ていうか5%でも生物が生き残ったのが不思議なくらいの天変地異です。勉強になりました。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース