1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-08-31 07:26:49

太古の連続通り魔的大型魚

テーマ:古代~魚類

カジキ



世界中の海で広く分布する高速で遊泳する大型肉食魚。

上顎は槍のように伸びているのが特徴だ!


カジキ数種


世界最速の魚とよばれるカジキ。

体には背ビレや尻ビレを格納する溝があり

水の抵抗を受けやすい背ビレなどをその溝に格納することによって

猛スピードで泳ぐことが可能だ!


カジキの中でもバショウカジキ 時速120km

猛スピードで泳ぐという!


そして

カジキとえば、その尖った鼻先だろう。

これを振り回して、獲物の魚を打ちのめし

気絶させたり、瀕死の状態にしてその獲物を捕食するほか

また大型のサメに対する護身用としても使われ、

時速100km以上のスピードで

その一突きをくらえば、

大型のサメすら、ただですまないのはいうまでもない!


しかし!


太古には、もっとヤバいカジキがいた!

それがコイツだ!


プロトスフィラエナ  属名(Protosphyraena 
プロトスフィラエナ

クロノサウルス モササウルス など

10m以上の大型海生爬虫類がざらにいた

白亜紀後期の海に生息していた。

白亜紀の海にはこんな動物がいた→白亜紀後期動物大きさ比べ


なんといっても

コイツの胸ビレは長大だ!

その縁(エッジ)は

ギザギザしたノコギリ刃になっているのだという!


二刀流プロトスフィラエナ

まさに体は凶器だらけの大型魚といえよう。


そしてカジキの仲間だけに

高速で泳いだことはほぼ間違いないと思われるが、

コイツが高速で泳ぎ、横切った瞬間、

大変な切り傷を負わされた海生動物は

続発したんではないだろうか。


クロノサウルスを襲うプロトスフィラエナの群れ

そして、この魚が群れを形成していたのならば・・・。


この魚の大群に出くわせば

あらぬ方向から高速で・・・


そのノコギリ刃の長い胸ビレで

組織ぐるみの通り魔にやられるがのごとく

体を切り刻まれていく・・・。


当時の海で食物連鎖の頂点に立つ

クロノサウルスですら、

この状況ではひとたまりもなかっただろう!


サファリ社製フィギュア バショウカジキ
¥630
趣味雑貨・にゅうとらる

いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース