1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-07-31 01:35:29

リョコウバトの超大群伝説

テーマ:古代~鳥類

アメリカ大陸開拓時代。

北アメリカには

史上最多ともいわれる渡り鳥がいた!!


リョコウバト  学名(Ectopistes migratorius

リョコウバト

「旅行鳩」の名のとおり、渡りをするハトで、

夏にはニューヨークや五大湖周辺に営巣地で過ごし、

大移動で、メキシコ湾岸まで南下、そこで越冬する。


記録では

ウィスコンシン州の営巣地で1億3600万羽を確認

ケンタッキー州では、22億3000万羽以上と推計されたと

記録されている。(こんな数、どうやって数えるんだ~っ!)

一説には北アメリカ全土に50億羽もいたというほどだ!!


その数の多さを物語る伝説がある!


空が暗くなる!!

大空を覆うリョコウバトの大群

リョコウバトの大群が

真っ暗にするほど大空を覆い

その大群が三日三晩、途切れることなく続いたという!!


伝説はまだある!!


リョコウバトの大群は渡りの途中、

休息するときもある。休息の場は木の枝だ!

しかしこれだけの大群が一気に木の上に休むと・・・。


木に休むリョコウバトの大群

そのリョコウバトの

大群の重みで大木の大枝が折れることさえ

あったという!!


時は開拓時代。


北アメリカ大陸の開拓が進むなか、

原野や森林などの生活の場を失ったリョコウバトたちは

畑で農作物を荒らすようになった。

そしてリョコウバト駆除がはじまったのだ!!


リョコウバト駆除

人間のフロンティアスピリッツの凄まじさで

つぎつぎと駆除されていくリョコウバト。

また食肉として美味であり、乱獲が絶えず、

さらに「ハト撃ち」なるスポーツまであったという。

そのおかげでリョコウバトの生息数は激減!


この50億ともいわれるリョコウバトの大群ですら

フロンティアスピリッツをもった人間たちによって

絶滅させられることになったのだ!!


これは人間の殺しの凄まじさを物語る伝説でもある。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース