ガタカ | Old Cinema Paradise...
April 29, 2006 18:59:29

ガタカ

テーマ:SF
 今回紹介する作品は、イーサン・ホーク主演の一味ちがうSFドラマ ガタカ(1997) !!
                                               
【解説】
 遺伝子工学が発展した近未来。 社会は遺伝子の優劣においてのみ人間の才能を判断していた。 そのため、新生児は受精段階において遺伝子操作を行われ、遺伝子的に優秀な人材のみに選別されていた。 そんな中、遺伝子操作をされることなく生まれてきたヴィンセントは、出生時に約30年の寿命と診断され、生まれた時から将来の見込みがない子供として育つ。 やがて、ヴィンセントに遺伝子操作を受けた優秀な弟ができる。 しかし、兄でありながら遺伝子の優れた弟には何をしてもかなわず、希望の無い生活を余儀なくされた。見せ付けられる差。 やがて、ヴィンセントは宇宙飛行士を夢見るようになるが、その夢も劣性の遺伝子のため尽く断ち切られていった。 しかし、そんな環境においても夢を追い続けたヴィンセントは、ある日、ずっと勝てなかった弟との度胸比べに勝ち、家を捨てて一人旅立つ。職を転々しながら下級クラスの生活を送った末、宇宙飛行士の施設“ガタカ”の清掃業についたヴィンセントは、ある日、闇業者の手配により、事故のため身障者となった元エリートに偽装し、“ガタカ”にエリート社員として潜り込む。 しかし、そんなある日、ヴィンセントの正体を疑っていた上司が殺害され……。

【感想】
 ジャンルとしてはSFなのかもしれないけど、二人の男のせつないドラマでした。
 はっきりとは写さない街の様子やどこか古臭く感じさせる衣装なんかがSFぽさを消している。
 そのせいかストーリーにもとても現実感があり、テンポもゆっくりしているのに飽きさせられることなくどっぷりとはまることができた!!

 生まれる前に遺伝子操作により人間の優劣が決められる世界。

 実際にそんな日がくるのも近いのかなぁ... 作品自体は、二人の挫折者がたどる道を対照的に描いていて比喩的表現の多い映画。 イーサン・ホークもどこかせつなさを感じる演技でよかったけれど、やっぱりジュード・ロウのほうが印象的でした。 元エリートとしての意地を見せながらも、障害者となってしまった悔しさ(?)どこにもぶつけられない痛みのような感覚を常に持っているような。 ラストのロケットに見立てた暖炉には泣かせられます汗


 今まで見たことないような、異色SF。 まだ見てない人はぜひ!! 泣かせられます...


 こんなジャンルの映画他にもないかな?? 誰か知っている人がいたらぜひ教えてくださいパー


 
【K-TA】


監督: アンドリュー・ニコル Andrew Niccol
製作: ダニー・デヴィート Danny DeVito

マイケル・シャンバーグ Michael Shamberg

ステイシー・シェア Stacey Sher
脚本: アンドリュー・ニコル Andrew Niccol
撮影: スワヴォミール・イジャック Slawomir Idziak
音楽: マイケル・ナイマン Michael Nyman
 
出演: イーサン・ホーク Ethan Hawke

ユマ・サーマン Uma Thurman

アラン・アーキン Alan Arkin

ジュード・ロウ Jude Law

ローレン・ディーン Loren Dean

ゴア・ヴィダル Gore Vidal
 

old-cinema-paradiseさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス