柏原市立幼少中学校へのクーラー設置に関して | 奥山わたるちゃんねる 

奥山わたるちゃんねる 

柏原市議会議員 奥山 渉 Official Blog


テーマ:
柏原市立幼少中学校のクーラー設置に関して

近年、気候変動と大気汚染により、子ども達をとりまく環境の悪化ぎますます懸念されており、特に連日報道でもありますように熱中症が社会問題となっています。

柏原市議会では、今から4年前の平成26年12月議会において、

①空調設備を全教室設置に向けて財源の確保に取り組み、具体的な計画を示すこと。

②国からの交付金の算定拡大に向けた見直しや算定割合のかさ上げなど国に要望する。

という、

「市立幼少中学校の普通環境整備に関する決議」

を可決したところです。

現状では、堅下小(個人の寄付)、堅下北中に設置が完了しています。

平成30年に、柏原中、堅上中、国分中、堅下南中、玉手中。

平成31年に、柏原小、柏原東小、国分小、堅下南小、旭ヶ丘小。

平成32年に、堅上小、玉手小、堅下北小。

への空調設置工事がそれぞれ予定されています。

それぞれ夏休み中に工事を予定していますが、キュービクル等の工事の関係上、運用開始時期については必ずしも夏休み明けとは限りません。したがって、設置年の翌年夏からの運用になる可能性もあります。

厳しい予算の中で、国からは交付金をいただいていますが、額の算定から原則三分の一を大きく下回っております。

柏原市の厳しい財政難の中、
残額を起債に頼らざるをえません。

私達は会派でも、国土交通省へ出向き、空調設置に対する交付金のかさ上げ陳情も数年前から実施しています。

引き続き、学校環境改善、空調設置に向けて前倒ししていくよう求めてまいりたいと思います。

奥山わたるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス