安すぎる株は買収注意 | エナフンさんの梨の木
新型コロナウイルスに関する情報について

エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。

あまりに安い株を空売りするのは危険です。自社株買いも考えられますし、他社に買収されるリスクも考慮する必要があるでしょう。

例えば、日産。

ゴーン騒動からのコロナショックで瀕死状態と言って良い状況です。
自動車販売台数は伸び悩み、今期は大赤字が確実な状況と言えます。更に売り込まれるリスクは高いでしょう。

けど、どこかに買収される可能性も高まっています。

正月にCESでソニーがコンセプトカーを発表したように、

GAFAやテスラ、ソニーやソフトバンクがこの会社の買い手に現れても、私は驚きません。

親会社のルノーは9000億円の大赤字ですから売る動機はありえますし、日産の持つ技術や販売網は魅力的です。

日産の時価総額は1.6兆円と巨大にみえますが、彼らから見れば、小遣い程度です。

もし、景気の悪い今のうちに自動車株を仕込むなら、おしなべて買うバスケット買いも有効とは思いますが、もし一点に絞るなら、こいつかな?等と思案中です。