「エナフン」に込めた意味 | エナフンさんの梨の木

エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。

昨日、ペンネームの由来をツイッターでつぶやいたところ、思わぬ反響がありました。

実は「奥山月仁」は「億の山をゲットするぜ!!」という語呂合わせからつけた名前です。ただ、漢字には別な意味を持たせ、「暗い山奥に浮かぶ月のように、多少なりとも、明るく照らす存在になりたい。」そんな思いを込めました。

 

暗い株式市場、暗い中年サラリーマン、暗い日本の未来・・・。


リーマンショック直後でしたからね。今思うと、色々暗かったんですよ。そこで、元気になるブログを作ろうと思ったわけです。

 

2008年にブログをスタートし、2010年に最初の本を出しました。当時は「エナフンさん」はブログ上の私の呼び名だったのですが、本の主人公の名前も「エナフンさん」だったため、混乱が生じてしまいました。

そこで、「もう一つ、ペンネームを考えよう。」ということになり、億円ゲット→億円月兎→奥山月兎→奥山月仁(つきと)みたいに漢字を整えた次第です。「月兎」も悪くないなとは思ったのですが、「長期投資にウサギは似合わない(むしろカメが似合う)。」と考えて、親しむとか思いやりといった意味がある「仁」の字を当て、「暗い山奥を照らす思いやりのある月明かり」という意味を込めたのです。

 

こんな風に書くと、「じゃあ、エナフンってどういう意味があるの?」って聞かれそうですね。時々、このブログでも、エナフンの意味を教えてください的なコメントをいただくことがあります。

 

 

もちろん。後付けです。

ただ、ここで書いた、「素人発想ながらも、銘柄を厳選して長期投資をする、面白いブログ」というコンセプトは、当時本当に考えたことです。ピーター・リンチを読んで感動し、彼のコンセプトそのままのブログを作りたいと思ったのです。

 

12年前、名前を考えるのにあたって、まだ誰も使っていないカタカナ4文字をいろいろ考えていました。その時に、当時まだ2歳だった娘が、何かの拍子に「エナフン!」って言ったのが聞こえました。2歳ですからね。意味のあるような無いような事をペラペラしゃべってたんです。そういう時期ってあるじゃないですか・・・。で、グーグル検索してみると、「エナフン」はまだ誰にも使われていないことが判明しました。

 

「エナフンさん。」何か善人感あるなぁ、この響き。よし、これにしよう。

 

こんな感じで決まった名前です。

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

 


長期投資ランキング


サラリーマン投資家ランキング

 

 

 

 

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。