エナフンさんの梨の木

ピーターリンチをお手本とした初心者でもできる長期投資法を日々研鑽しています。


テーマ:

株式投資のアイデアを出す重要なポイントに「違和感」があります。

 

「アレ、この株、安すぎるよな・・・。」とか

「こんな商品が、なんでこんな目立つところに置いてるんだろう?」

みたいな感覚がスタートになります。

 

その違和感を無視するか?

それを可能性と考えて、さらに調査を進めるか?

 

ここに分かれ道があると思うのです。

 

次に重要なのは、自分自身の思い込みの枠を取り外すことです。

 

「この業界からは成長株は出てこない。」とか

「この会社は競争に負けて完全に終わっている」

 

みたいな思い込みを外して、

 

「ひょっとしたら、この業界にも何か大きな変化が起こっているのでは?」とか

「この会社も苦しい時期を乗り越えて反撃に出ているのではないか?」

と自分自身を疑ってかかるのです。

 

調べてみると、従来の常識からはかけ離れた、

新しくて合理的な経営戦略が見えてくることがあり、

 

私はこのような心理的な壁の裏側に潜む真実を

心理の裏の真理と呼んでいます。

 

 

さて、そんな思考法も株式投資ではそれなりにうまく機能しているのですが

一般社会ではどうもうまくない部分があります。

 

昨日も、うっかりツイッターでつぶやいてしまいましたが、

 

このタイミングでの解散総選挙や、

トランプ大統領の訪日・訪韓スケジュールにどうにも違和感があり、

いつものように思い込みの枠を外しました。

 

戦争をする前提に立てば

 

「今、敵が攻めてくる可能性はない」と思い込ませながら、

大軍を日本海や黄海に集結させることに成功すれば、

非常に有利に戦争を始めることが出来るわけで

 

今がそれに該当するのではないか?

 

などと考えてしまったのです。

 

その為のカモフラージュとして、訪日・訪韓スケジュールを発表しているなら、

「こんなタイミングで韓国に行ったら、

北朝鮮の工作員から逆斬首作戦を喰らっちゃうんじゃないの?」

という違和感もなくなります。

 

もちろん、「戦争をする前提」に大きな疑問が残るのですが・・・。

 

以前書いたかもしれませんが、

このような思考法をアブダクションと言います。

 

驚くべき事実Cが観察された。

しかし、もし説明仮説Hが真であれば、Cは当然の事柄であろう。

よって、説明仮説Hが真であると考えるべき理由がある。

 

という考え方です。

 

日本海や黄海に米韓の大軍が集結し、北朝鮮はミサイルを発射させるかもしれない、

まさにいつ戦争が始まってもおかしくないタイミングで

総選挙だのトランプ大統領が韓国に行くだの、

全くもって驚くべき事実が観察されている。

 

しかしながら、もし、本当に戦争が始まる前提なら、

これらは非常に有効なカモフラージュだ。

 

よって、本当に戦争が始まるという前提も、

絶対にないとは言い切れないと考える理由がある。

 

というわけです。

 

ちなみにこの考え方を紹介している「これからの思考の教科書(ビジネス社)」という本には、

アブダクションを使うためには、

異常を検知する力と、

それを裏付けられる十分な知識

そして、説明仮説Hを立てられるひらめき力を養う必要があるとの事です。

 
これからの思考の教科書 ~論理、直感、統合ー現場に必要な3つの考え方~ これからの思考の教科書 ~論理、直感、統合ー現場に必要な3つの考え方~
酒井 穣

ビジネス社 2010-09-28
売り上げランキング : 88264

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

私が実践してきた違和感思い込みの枠外しの努力も

この考えに従えば、大きくは間違ってはいないようです。

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

 


長期投資ランキング


サラリーマン投資家ランキング

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

株価 = 近未来の1株利益 / (金利 + リスクプレミアム)

 

ですね。

 

この公式は今後の株価を占う上でも使えはしますが、

 

割高とか割安といったファンダメンタルズの考え方の基本が

詰まっていると考えます。

 

どうも世界的には金利が上昇しそうな局面ですが、

日本についてはまだしばらくは緩和状態が続きそうです。

 

ただ、海外投資家は自国の金利と比較して日本株を評価しますから、

日本の金利が低いから大丈夫というわけでもありません。

 

①金利の上昇は本質的な企業価値を押し下げるのです。

 

株価(本質的企業価値) = 近未来の1株利益 / ( 金利  + リスクプレミアム )

 

さらにいうと、

本当に世界中の金利が上昇している局面で、

日本だけが超緩和状態を続けられるのか?

という事に疑問を持っています。

 

もし、これほどまでの超緩和状態から引き締めに転じた場合、

「いったい何が起こるのか?」については誰も経験がありませんから、

②その分はいつもよりリスクが高まっていると考えます。

 

私の公式で説明すると、

 

株価(本質的企業価値)↓↓ = 近未来の1株利益 / ( 金利  + リスクプレミアム 

 

また、ここが株式投資の難しい部分なんですが、

株価が下がり出すと、

それが原因で企業業績が落ち込むという負の循環が存在します。

③いわゆる逆資産効果ですね。

 

お金持ちが貧乏になることで、急にお金を使ってくれなくなったり、

資産価値が上がっていく前提で活発だった投資が急に冷え込み、

関連企業の業績が急激に悪化するようなことが起こってくるのです。

 

これらの現象が景気を冷え込ませるトリガーとなり、

 

つまり、

 

株価(本質的企業価値)↓↓↓ = 近未来の1株利益 / ( 金利  + リスクプレミアム 

 

「大暴落・・・。」ということになってしまうのですが、

当然、各国の中央銀行もそれだけは避けようと、

微妙なバランスを探っていきます。

 

この微妙なバランス感がそのまま今の相場といえます。

 

これまで以上に、中央銀行の動きが重要となってきましたから、

相場は、より中央銀行の発言に敏感になっていくでしょう。

 

 

さて、そのようなリスク(今の段階ではすべて仮説にすぎず、仮説はリスクの中に織り込まれる)を

企業価値に織り込んで判断すると、

これまでは割安と評価できたものが、

「そうでもないな」と判断せざるを得ないケースもあるわけです。

 

臆病に思われるかもしれませんが、

最近、私はそういう判断をし始めた・・・。

ということになるでしょうか?

 

30年以上も株をやってきたので言える事かもしれませんが、

1年や2年、相場を離れたからと言って、

お金持ちへの道が途切れたりはしません。

 

むしろ、重要な局面で相場を離れなかった結果、

お金持ちへの道を絶ってしまうという悲しい風景を

何度も見てきました。

 

当面はバブル気味の上昇相場が続きそうにも思いますが、

まだ温かいうちに、

やがて来るだろう「冬」に備え始めた次第です。

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

 


長期投資ランキング


サラリーマン投資家ランキング

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

相場格言に、「もうはまだなり。まだはもうなり。」ってありますよね。

 

「もう、そろそろ売り時かな・・・。」

等と思った時、

実は、後で振り返ると、

「まだまだ騰がり始めだった」

 

逆に

「まだまだ、行ける!!」

と思っているような時に限って、後で振り返って見ると

「あの時こそ、もう、売り時だった」

 

というすべての投資家が必ず経験する、

あの、とても残念な判断に対する相場格言です。

 

けど、この相場格言って、実践では使いづらいですよね…。

 

まだと思えば、もうだし。

もうと思えば、まだだったら、

常に自分の考えが間違っていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、こんなことに気づいたんですね・・・。

 

これまでは、「まだ」と思う時には、あえて「もう」という反対の考えを入れろ!!

逆に「もう」と思う時は、あえて「まだ」という考えを入れて両面から検討しろ!!

という解釈をしていたのですが、

 

そもそも、「もう」とか「まだ」等と株価の天井や底を探る時点で、

ファンダメンタリスト的には大きな問題があって、

「頭と尻尾はくれてやれ」の発想が重要で、

 

タイミングじゃない何か

つまり、私の場合は、株価が高くなりすぎるか、成長が止まるか、他に良いのが見つかるか

を根拠として投資すべきだと

 

そんなことを教えてくれる相場格言に思えてきたのです。

 

 

 

本日も、参考になりましたら、

クリックの方もよろしくお願い致します。

 


長期投資ランキング


サラリーマン投資家ランキング

当ブログは、長期投資法について解説することを主目的としています。

その中で、参考資料として特定の企業や市場動向についても情報を提供しますが、

仮にこれらの情報に基づいて投資判断をし、 結果的に損失を被ったとしても、

当方は責任を負いかねますのでご了承ください。

株式投資に関する意思決定や実際の売買に当たっては自己責任でおねがいします。

また、このブログでとりあげる個別銘柄への長期投資法は

個人的な性格や能力、生活環境等によって向き不向きがございますので、

誰もが簡単に勝てるような投資法でない事を前提にお読みください。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。