{88CF8553-2B73-492F-B3A1-844C12B38C22}

今日はカウンセラースクールの特別講座で、ハンドリフレのお勉強をしてきました!

私が最終的に目指している「心理カウンセラー」の資格は、来春に取得の予定ですが、その前に寄り道して「ハンドリフレカウンセラー」(学院認定)の称号(?)を無事に取得して参りました(*^_^*)

簡単に言うと「アロマオイルでおててのマッサージをしながら、お話を聴く」というもの。

1日単発のお手軽講座なので、内容自体はささやかではありますが、通常講座のお勉強と併せて理解が深められる部分もあって、前々から密かに楽しみにしていた講座なので、受けられて良かった♪

少人数で和気あいあいと楽しく、ハンドリフレの実践も、何度かやってなんとなく感じを掴めたのではないかな〜と思います。

(プロのマッサージ師さんとかには勿論、到底及びませんが……)

{E5AE4257-A9B6-4E9B-B03E-C21F10F4A45B}

心理作用としては、スキンシップにより「オキシトシン」という愛情ホルモンの分泌が活性化されるそうで、これが自律神経を整え心を癒し、幸福感を生み出すそうです。

よく、パートナー間で「ハグやキスはストレス解消に効果的」というような話も聞きますが、多分そういうことなのかな〜。

出会い別れのタイミングでの握手とかも、人と人の気持ち良い関係性を築くのには結構大切だものね。

{185940A4-F9E3-401D-9A8E-1CAAFC34ED9E}

先生と皆様、ありがとうございました☆


さてでも、せっかく習ってきたので、お友達に練習台になってもらって、もうちょっと試してみたいなぁ……(笑)

習うより慣れろということですな( ̄ー ̄)
AD
{F199B0F9-0E4C-43F0-8130-D7CAE074DDE8}

昨晩は東新宿の真昼の月夜の太陽にて、ピアノとドラムのツインボーカルユニット・あきは奏しき久々のLIVEでした〜(*^ω^*)

前回LIVEが5月だったので、約4ヶ月ぶりくらい……?

今回はなんと、新曲もお披露目しました☆


■素敵な共演陣

真昼の月はいつも共演の皆様が、
音楽的に洗練された素敵な方がとても多くて、普通に1リスナーとして楽しめるので幸せです(笑)

以前にもご一緒させて頂いたことのある高中彩加さん(ex.センポクカンポク)や咲耶さんは、それぞれに独特の世界観をより深めていました……咲耶さんの幻想的な感じ、個人的にとても好き(*´ω`*)

2番手は明るいキャラクターが印象的なのに、歌い上げるバラードが素敵な根本蓉子さん。


トリの佐々木友里さんは透明感のあるキュートな声で、アコギのお兄さんのオシャレな音色と重なって、とても心地良かったです♪


共演の皆様、ありがとうございました!



■満を持しての新曲!!

そして4番手の我々ですが、この日は新曲「乙女恋歌」(当日慌てて付けたタイトル……)を無事にお披露目できました!

和風のメロディーに、ちょっとレゲエっぽさを目指したアレンジのつもりでしたが……どうだったかな?

お客様にもなんとなく好評頂いたので嬉しかった

まぁ個人的には、この曲ではないけど、LIVEの最後の最後で、1番「あ、これは気持ち良くなれそう……イケそう!!」ってところで思いきりガクンと踏み外してしまって、凄く凄く凄く悔しい部分があったのですが……(T_T)

「惜しいなぁ、もうちょっとなのになぁ」っていつも思うけど、それでも一歩一歩近づけてはいるはずだから、悔しいならば尚のこと進むしかないなぁ。

でも、結構イイLIVEしたと思います、楽しかったし(笑)

真昼の月のグランドピアノも久々に弾けて幸せであった☆

何か少しでも、心に届くものがあったのであれば幸いです。

聴いて下さった皆様、ありがとうございました!

[setlist]
1. CHAPTER
2. 水の流れる場所
3. 乙女恋歌 (新曲!)
4. ダミー
5. ラブレター
6. いのりうた


ありがとうございました

あの時間、あの空間を共有して下さったすべての皆様、ありがとうございました(*^_^*)

次回のあきかなLIVEは12/6(水)、再び真昼の月夜の太陽にて!

ゼヒゼヒ遊びにいらして下さいませ〜( ´ ▽ ` )ノ
AD
{ACBD9B5F-C3D8-41AE-9B1E-E63CF140B2B0}

映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を観てきました!

インターネット上では酷評が多いようですが、私は「これこれ! こういうのが今ちょうど観たかったの!」って思う、爽やかさと切ない余韻の残る、とても好きな感じの作品でした(*^_^*)

とはいえ”人を選ぶ”作品なのかもしれません……少なくとも万人ウケするキャッチーな感じではないかな……でも原作が岩井俊二さんの時点でそりゃそうでしょうよ(笑)

夏になり「なんかアニメ映画が観たい!」と思って先月、実は『メアリと魔女の花』を観ていたのですが……こちらはまぁ綺麗な世界観でそれなりに面白かったけれど、観終わって”心に残る何か”というのが(私には)正直、あまり無くて……(´-ω-`)

今回は、観に行って良かったと思える作品だったので、安心しました。

ではここから、感想書いていこうと思います!


■なずなの孤独

あくまで個人的にですが、私はヒロインのなずなちゃんに凄く共感しました。

大人びた美少女ですが、なずなちゃんが同性の友達と話しているシーンは物語中に一切ありません。

(部室のロッカーらしきシーンはあるので、部活仲間は多分、いるとは思うのですが)

典道くんと祐介くんはなずなちゃんに好意を寄せていますが、でも会話をするだけでもとても緊張している感が表現されています。

美人だけどちょっと、とっつきにくいというか”浮いた”子、変わった子なのかな〜という印象があります。

複雑な家庭環境のせいもあるのだとは思いますが個人的には、”美しすぎる”子って、外見ばかり目立っちゃって、なかなか”本当の自分自身”を見てもらえないってことも、あるんじゃないかなと思います。

マドンナにはマドンナの孤独があるというか。

それでも、社交性があって自分を出すのが得意な強い子なら良いんだろうけど……。

なずなちゃんは自分が美人で、ある種”好奇の目”に常日頃晒されているのも自分でなんとなく知っているし、でも自分の”オンナ”としての都合で子供を振り回す母親には反発しているし、少女と女性の中間の時期で”女の子”としての自分を持て余してるんだろうと思います。

だからきっと、周りの女の子達とは、良くも悪くもちょっと”違う”(と自分で思ってるし、そうなるようにしてしまってる)。

でも、物語の途中で、彼女の”お姫様願望”を具現化したようなシーン(と私は解釈しています)があって、本当は中身はごく普通の、夢見る女の子なんだよなってわかります。

その部分……ミステリアスな彼女の孤独な部分を典道くんが目撃してしまってからが、典道くんがヒーローでなずなちゃんがヒロインという、物語の始まりなんだろうなと思いました。


■主人公とヒロインキャストが”声優”ではないこと

多くの方はご存知かと思いますが、この作品では主人公とヒロインのキャストに、声優さんではなく広瀬すずさん・菅田将暉さんという”俳優”さんを起用しています。

そして、ここについては「どうして声優を使わないんだ!」と否定的な意見も多いわけです。

でも私はここには「話題性を狙っているだけ」ではなく、ちゃんと制作陣の意図があるんだと思っています。

寧ろ私は、声優さんを使っていたら多分、観に行かなかった(別に、すずちゃんや菅田くんのファンなわけではありません)。

要は「アニメアニメさせたくない」んじゃないかな〜、と思うの。

ジブリ映画とかでもよく俳優さんを起用していますが、声優さんのアニメ声だとどうしても「アニメです!!」となってしまうというか……勿論それが必然なアニメもあるけど(例えば予告でエウレカセブン流れてたけど、レントンやエウレカには決っっして俳優さんを当てたらいけません)。

俳優さんの”ちょっと棒読みっぽさ”が、アニメと現実世界を繋げるリアリティになる場合もあると思うんです。

今回の作品はもともと岩井俊二さんが実写で作ったドラマが原作で、とても文学的な内容だと思うけど、この文学性って、表現をアニメアニメさせちゃうと、ちょっと”寒く”なってしまう微妙なラインなんじゃないかと思っています。

それでもアニメの綺麗な映像で作りたい、といった時に、アニメなんだけどアニメ過ぎないように、俳優さんを起用したんだろうなと。

すずちゃんの声、とっても可愛かったし(笑)


■うんこマン(笑)

……で、「基本的にアニメなんだけどちょっとリアリティを出したい」って部分で、登場する中学生男子達の会話が程良くアニメ程良くリアル(バカ)っぽくて、めっちゃ可愛かったです(笑)

中でも「うんこうんこ」言ってる祐介くん(CV:宮野真守さん)のキャラが本当に良かった(笑)

一部でサイコパス呼ばわりされてる(?)けど、私はその情緒不安定ぶりが、1番思春期な男の子っぽいなぁと思いました。

でもま、そこでビビッて逃げちゃうのは、流石にちょっと意気地なしだなぁ( ̄^ ̄)


■ラストの解釈(※ネタバレ注意)

さて、ストーリーの内容は結局、タイムリープモノというかifモノなわけですが、物語のあの結末は一体どう解釈したら良いものか……。

これが最後までハッキリした答え合わせをしてくれないので「意味わかんなかった」と低評価をつける人が多いんだと思いますが。

「全てを説明せず、観る人に解釈を委ねる、想像の余地を残してくれる」ってのも、ひとつの良き物語の作り方だと私は思うけどね。

個人的にはなんか『世にも奇妙な物語』の、怖い話がいくつかある中にひとつだけ差し挟まれてる、「不思議なんだけどどこかホッコリする話」みたいなものかなと感じています。

例えば、あくまでひとつの解釈ですけど……。

最後になずなちゃんと海まで行った際、あからさまに世界がオカシクなっている中で、典道くんは「この世界にいたい!(なずなと)」というようなことを言います。

その後、if球は花火のように打ち上げられて粉々に割れてしまいました。

……で、ラスト、新学期が始まったと思しき教室には、典道くんの姿はないわけですが……。

最初に、プールで祐介くんが勝った世界線が”現実”だとして、if球を投げた後の世界がすべて”ifの世界”だとして。

「この世界にいたい!」という本人の願いどおりに(でもなずなちゃんは行ってしまいましたが……)、典道くんだけifの世界から戻って来られてないのだとしたら……。

それって結構、美しいロマンチック鬱展開じゃないですか?

ぼくなつ8月32日みありませんか?(笑)

(「いやそれ親が捜索願出すし友達も普通に捜すしもっと大騒ぎでしょ」とか野暮なこと言ってはいけません、そういうこと言ってるんではないのです)

……とかね。

まぁ実際のとこはわかりませんが、自由に想像出来るって、こういうとこがイイのです(*´ω`*)


少なくとも”世界がオカシイ”という描写があった以上、”ifの世界”は”現実の世界”とは別のところにあると思うのです。

私が観ていて思わず泣いてしまったのは、if球が割れて色々な「あるかもしれない」「あったかもしれない」幸せな光景が、キラキラたくさん降ってきた時でした。

それは、「もしも、あの時こうだったら」って選択や、タイミング次第で「そうなったかもしれない」たくさんの可能性……でも、その中から人は、ひとつを選んで、他の”if”を捨てて、1本の人生を作ってゆきます。

”ifの世界”って多分、現実には叶っていない願いの詰まった世界……だから綺麗だし、儚い。

別に、もはや今更やり直したいことがあるわけじゃないけど……選んだ道の代わりに、捨ててきたたくさんのものを思うと、ちょっと切なくなったりはするよね。

……うん、きっと32歳の今だからこそ、私にとっては、なかなか思うことの多い物語だったなぁと思います。


■でも『君の名は。』の後に観ちゃダメ(笑)

個人的には、ストーリーもシナリオも音楽も、同じくらいに感動したのですが(そもそも内容が全然違うので比べるもんじゃないんだけど)、『君の名は。』の直後に観るのはあまりオススメしません。

『打ち上げ花火〜』も作画は相当、勿論めっちゃ美麗なのです……んが、『君の名は。』の美しさは、やっぱり異様なんです。

ので直後に観ちゃうと、あんなに綺麗な映像ですが、粗く観えてしまう部分があるかもしれないので!(笑)

あくまで個人的な意見ですけど!


……というわけで、長くなりましたが『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』映画感想文でした☆

お読み頂きありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ
AD

9月のお知らせ☆

テーマ:

9月のLIVEはあきかな1本集中!!(笑)



【あきは奏しき】

『モダーン・ノスタルジア

9/1(fri) @東新宿 真昼の月夜の太陽
open 18:15 / start 18:45
adv ¥2,300 / door ¥2,500 (+drink)
[with] 佐々木友里 / 咲耶 / 根本蓉子 / 高中彩加
☆あきは奏しきの出演 20:25~


ピアノとドラムのツインボーカルユニット・あきは奏しき久々のLIVEです(*^ω^*)


なんと、今回は新曲もやるかも!


ゆるやかに活動しているあきかなは、この後また暫くLIVEが空いてしまうかもしれないので(笑)、お時間合う方はゼヒゼヒ遊びにいらして下さいませ〜( ´ ▽ ` )ノ



【Open Mic】

『魔女の七変化☆Open Mic』

9/25(mon) @東中野ALT_SPEAKER

open 17:00 / play time 19:00~23:00

charge 観覧者 ¥1,100 / 演奏者 ¥1,650 (+drink)


ミュージシャンならどなたでも参加可能な、飛び入り参加スタイルのミニライブ☆


魔女が月替わりコスプレでお出迎え致します(`・ω・´)


★コスプレにて参加の方には、2杯目のドリンクをマスターからサービス!


勿論、観覧のみのお客様も大歓迎です!


ゼヒお気軽に遊びにお越し下さいませ(*^_^*)

昨晩は東中野ALT_SPEAKERにて『魔女の七変化☆Open Mic』第7回、無事に楽しく終了致しました!

前半なかなか演奏者の方が集まらず、どうなることかと思いましたが、後半に常連さん達(?)来てくれて一安心しました(笑)

お越し下さった皆様、ありがとうございました(*^_^*)


■今月の七変化

{2ED41A95-2985-41F5-8561-FF4AF33482B1}

{EBD30A0E-2281-4525-A41C-1A8F82C2243F}

今回はショートヘアにてナースさんリベンジ( ̄▽ ̄)

前回ナースさん(長髪)やった時、実は衣装が結構シワシワで個人的にちょっと不満足だったので、今回はちゃんとアイロンかけていきました……ささやかなこだわり(笑)


■演奏者のみなさま

昨晩は演奏者さん少なかったですが、まったりと楽しませて頂きました!

{B18BEB80-035E-4862-A184-14860ECF5349}

*湯浅さん*


{839996AC-BDF8-468B-BA59-52890476232C}

*オバタケン*


{AC23A12C-BE7F-45F1-B121-4B8F6D9E1A02}

*我ながらブルースさん*


{0C54181B-CAD8-40F7-AAD2-0D4E5D97B4D4}

*ウルトラアタックNeo*(我ながらブルースピアノトリオ)

こういうことですな( ˘ω˘ )

この3人は9/9に面白企画をやるらしくて、その練習も兼ねて遊びに来てくれてました(笑)

ひとりで弾き語りも良いけど、やっぱり複数の楽器で奏でるアンサンブルっては音楽のイイトコロやんね。

本番楽しみですな〜(*^ω^*)

みなさま、素敵な音楽をありがとうございました☆


■美味しいごはん

今回はミックスピザ♪

{25E23E91-0054-405C-BBF3-4D8990EAFEF8}

昨日はお腹空いてたのと、前半は演者さんがいなかったので早めに食べました。

ごく定番な感じのピザですが、チーズが伸びて美味しい〜☆

結構ボリュームあるので、シェアして食べても良いかも(*´ω`*)


■美味しいお酒

そして終演後は相変わらず甘いカクテルばっかり飲んでる(笑)

{1A33AFE1-4143-4173-87E9-04D09ABCC49E}

『椿』という可愛らしい名前のこちらのカクテルは、ミルティーユ(ブルーベリーのお酒)+ピーチネクター+ジンジャーという組み合わせだそう。

ジュースみたいでうっかりゴクゴク飲めちゃうけど、お酒なのよね……!

美味しかった〜、ごちそうさまでした!


次回の『魔女の七変化☆Open Mic』は9/25(月)の予定です!

衣装は……間に合えば多分、黄色いポケモン……かな?(笑)

お時間合う方は、ゼヒゼヒ遊びにいらして下さいませ〜( ´ ▽ ` )ノ