当院はお客さんを洗脳しません② | 不定愁訴と姿勢の問題を根本から改善!西新宿おくがわ整体院blog 新宿 西新宿 中野 渋谷

当院はお客さんを洗脳しません②

こんにちは

整体&パーソナルトレーニングで身体を根本から改善する

新宿 おくがわ整体院 院長の奥川洋二です。

 

さて、前回の同タイトルblog記事

 

 

お客様に自分自身の身体を感じて頂く事が大切と思っています。

 

感じる、と言ってもいきなりアスリートのように「筋線維の一本一本感じる」「全身の関節全ての動きを感じる」ことは求めません。

その人の能力や体調に合わせて、チャレンジして欲しいと思っております。

 

例えば、普段運動などしない人なら、整体施術中に「筋肉が緩む感覚」を感じるのでも良いのです。

そもそも、身体が緩んだ状態が分からない人には、自分が緊張してるかどうか?は分からないのです。

なので、緊張しない身体を作るためには、まずは緩んだ状態を明確に分かる事が大切!

 

アスリートやスポーツ愛好家も脱力が重要で、緊張はパフォーマンスを低下させると知っていると思います。

しかし、意外に緊張しない為には、脱力した状態を知る事が大切という事は知らない人が多いです。

 

残念ながら人間は「脱力しろ!」と命令したら脱力出来る仕組みでは無いのです。

 

 

なので、施術で筋や関節が緩む感覚を味わう、というのも人によっては立派なチャレンジなのです。

ともかく、形はどうあれ、自分自身の身体を感じる事や自分自身の身体を知る事が大切なんです。

このように自分の身体を感じる事を繰り返していくと、自分の身体の感覚を信じる事が出来るようになってきます。

 

自分を信じると書いて「自信」ですよね!

段々と自分の身体に自信が持てるようになってくるのです。

 

不用意な先生の「悪い所探し」はお客様の心を閉ざさせてしまう原因になります。

 

「流石!先生は何でも分かるのね」

と思って、自分自身で身体を感じる事を放棄する人もいれば

 

「はいはい!どうせ私の身体は悪い所だらけですよ!先生さまのおっしゃる通りですよ」

と心を閉ざしてしまう人もいるでしょうね。

 

悪い所探しが上手な先生はお客様を洗脳して、ドンドン信者化していく事でしょうね。

 

まぁ、信者がいるのは、別に悪い事では無いのですよ。

悪いのは先生の言葉の「鵜呑み」です。

 

先生を尊敬して信用する事は何ら悪い事では無いですが、鵜呑みが良くないのです。

 

何故なら?一つは私のトレーナーとしての師匠的な方が言っていました。

「真実はクライアントの中にある」

 

そうです!実際のところ、本当にお客様の中で何が起きているのか?は先生には分からないのです。

真実はお客様自身にしか、本当のところは分からないのです。

 

簡単に説明しますと、あなたが「お腹が空いた」と思ったとします。

 

すると栄養学の研究者で世界的な権威の先生が、あなたの「血液成分」「胃の内容物」など色々な物を調べて

 

「あなたの血液成分を調べましたが、十分に栄養は血中にあり、また胃の中の内容物も残っています。あなたがお腹が空いているというのは間違っています。あなたはお腹が空いていません。」

 

といった所で、あなたがお腹が空いていると思った事だけが、この世の中で唯一の真実なんです。

 

まぁ、細かい事を言うと現在の栄養学とは「人間が現在分かっている栄養素についての学問」なのです。

間違いなく、まだ未知の栄養素は沢山あります。

そのような物は省いて考えている訳なので、いくら世界中の科学で調べても現時点での科学の答えでしかないです。

 

唯一の

真実はあなたが「お腹が空いたと思った」事です。

例え、30分前にラーメン次郎のラーメン全部マシマシで食べていたとしても、あなたが心の底からお腹が空いたと思ったのなら、それが唯一の真実なんです。

 

これって、微妙なところですが、とても重要な所だと思いますよ。

ここが良く理解出来ると、悪い身体の専門家は時折難しい言葉を羅列する事で詐欺まがいの事をしますが、そういうのも防ぐ事が出来ますよ(笑)

 

例えば…実際の話で、当院のお客様でおばあちゃんがいて

腰が痛いので近所の整形外科に診察に行ったというのです、そこで問診の際にお医者さんがいくらか話を聞いてくれたらしいのですが

特にそれ以上は何をするでもなく

「おばあちゃんは腰痛では無いですよ。さぁ、帰りましょうね。」

 

と言われたという人がいました。

これは極論ですが…本当に酷い先生ですよね^^;

 

物質的に腰痛の要素が無かったとしても、おばあちゃんが腰が痛いと感じた事のみが真実なんです。

おばあちゃんは笑って話してくれましたが、少し寂しそうでしたね。

 

先生と呼ばれていると、また色々と身体の事が詳しくなっていくと、身体の全てが分かった気になる時があります。

しかし、究極どんな天才的な先生で、医者であろうが、マッサージ師、整体師、鍼灸師、トレーナー、理学療法士、ボディーワーカー、スピリチュアルカウンセラー,etc

 

何であろうが、どんなに偉かろうが、あなたの中で起きている事の真実はあなたにしか分かりません。

なのに、先生の言葉を鵜呑みにしてばかりいると、段々と自分の身体の感覚を信じられなくなっていきますよ。

つまり、自信を失っていきますよ。

 

それは真の健康を考えると大変良くない事なんです。

 

私はある意味で施術はお客様との協力作業と思っております。

 

何故なら、いくらゴッドハンドであろうと、真実はお客様の中にあるからです。

本当に施術を成功させたいなら、お客様の言葉を聞くべきに思います。

 

そういう意味でも洗脳する事や先生の言う事を鵜呑みにさせ、自分の身体を見つめる事を止めさせる事は

お互いにとって良くない事だと思っています。

 

お客様が自分の身体に自信を持つためにも

施術が本当に上手くいくためにも

 

洗脳は良くないと思っています。

ダメ!洗脳ダメ!絶対ダメ!です。

 

まぁ、その他にも意味はあるのですが

かなり深い話になるので、おいおいしていけたらと思っています。

では、また!

 

参考になったという方は今後のblog記事作成の励みになりますので「いいね」ボタンのご協力をお願い致します!