腰痛、肩こり、を根本から改善する…の先を目指す 書籍レビュー『野口体操 からだに貞(き)く』 | 腰痛&肩こりを根本より改善させます!西新宿おくがわ整体院blog 新宿 西新宿 中野 渋谷
2018-12-12 00:11:29

腰痛、肩こり、を根本から改善する…の先を目指す 書籍レビュー『野口体操 からだに貞(き)く』

テーマ:コンディショニング

こんにちは

 

院長の奥川です。

 

当院、おくがわ整体院は腰痛、肩こり、首こりの改善はもちろんのこと

O脚、X脚の改善も、問題の根本である日常動作の改善を目指して

 

施術、エクササイズ指導を行っています。

 

僕がお店を自分でやり始めた頃は、そんなコンセプトのお店は他にはほとんどありませんでした。

しかし昨今、そのような考えの元に同じく施術&エクササイズ指導を行っているお店はちょこちょこ出てきています。

 

ですが、当院は『根本改善の先』…実のところは『先の先』を目指して仕事をしています。

 

専門家の中にはご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、根本改善の先を目指して仕事を行っていた先人は

 

過去に何人かいらっしゃいました。

 

僕が思うに、日本では『野口体操』を考案されました

 

野口三千三先生もそのお一人ではないか?と思います。

 

さて、ここまで読まれた方の中には『根本改善の先って、一体何の事?』という方もいるかと思います。

 

野口三千三先生の著書『野口体操 からだに貞(き)く』の中に、それを分かり易く記した一文があります。

 

 

 

『世間ではこの体操のことを野口体操と呼んでいるようですが、もし仮に野口体操というものがあったとして、それをまず最初の手掛かりにして、それぞれの人が、それぞれの場所で、それぞれのやり方でこの体操を始めたら、この「野口」という固有名詞はすぐに消えるはずです。

 

いろいろなかたち、いろいろなあり方がそこに生まれてきて、それぞれがそのままその人その人の体操になる。

そして、それがその人の生活に密着してしまって、さぁ体操するぞ、という意識が無くなってきた時には、さらに「体操」という言葉も消えてしまう。あとに何が残るかと言えば、そこには新しく生まれ変わった一人の人間がいるというわけです。

 

そんな体操、それこそが野口体操です。』

 

~。~・~。~・~。~・

 

野口先生のような大天才が最終的に目指した場所がどこだったのか?は僕には分かりませんが

 

野口体操のコンセプトは書籍の一文から察するだけでも、今のフィットネスの世界で考えられている不定愁訴の根本改善の考え方である

 

「日常生活での間違った身体の使い方を、エクササイズで正しい身体の使い方を学ぶ事で改善する」

 

という考え方の先に進んでいるように思います。

 

今のフィットネス業界の基本的な考え方は

「正しい身体の使い方」があり、そこにクライアントを当てはめるという考え方です。

 

しかし、実際には人間には個体差があります。

 

このblogでも度々取り上げている「股関節の前捻角」もその一つです。

参考:当院過去blog 『えっ!?先生 そもそも私ってO脚じゃなかったんですね!?』
https://ameblo.jp/okugawa-seitai/entry-12302084713.html #アメブロ @ameba_officialさんから

 

そこを無視して「正しい身体の使い方」に無理に当てはめると、時には身体を壊す事に繋がります。

 

その人その人の身体にあった体操があるべきです。

 

それぞれが自分でその人その人の体操を作れる土台となる体操である『野口体操』

それが野口体操が今のフィットネスが考える根本改善の先を行っていると私が考える要素の一つです。

 

これだけでも凄い事ですが、更にその先を野口体操は行っていると私は思っています。

 

どういう事か?

 

「体操」「エクササイズ」をしている間は、根本的には問題は改善していないのです。

「体操」や「エクササイズ」という言葉はその人から消えてしまってなくてはならないのです。

 

どういう事かと言うと、日常動作の改善はもちろんのこと

生活習慣、身体についての考え方や、捉え方、心のあり方、もろもろ含めて

 

新しい人間に生まれ変わっていなくてはいけないのです。

 

「体操」や「エクササイズ」の実践は、突き詰めて考えると所詮は対処療法です。

そんなのしないでも大丈夫な方が良いのです。

 

時折、生まれてからずっと今まで「腰痛」「肩こり」の経験が無い。

これからもなる予感がしない、という位に健康な人がいます。

 

そんな人に、身体の使い方という瑣末な事だけでなく

全人的に人間が生まれ変わらなくてはいけないのです。

 

そのような事を野口先生は一文の中で語っているのではないか?と私は思っています。

 

しかし、実のところ

それでも問題は根本から改善した訳ではないのです。

 

 

カウンターカルチャーに多大な影響を与えた人物として有名な、タイの高僧「アーチャン・チャー」は

 

その著書『無常の教え』の中で

 

無常の教え 無常の教え
3,024円
Amazon

 

『問題を解決する人が存在するとき、そこには常に問題が存在するだろう』

『問題が存在するとき、それを解決する人もまた存在するだろう』

 

と記しています。

 

つまり、体操を教える人が存在するとき、そこには常に体操を必要とする人がいます。

 

体操やエクササイズという言葉がその人の中に全く存在しないようになった時こそ

真の根本改善ではないでしょうか?

 

しかし、これは考えているよりずっと難しい問題です。

 

ですが、実は当院の真の目標はそこなのです。

 

根本改善の先の先なのです。

 

『どういうこっちゃ?』と思った方、気になった方は是非当院にお越しください!(^^)

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


施術に関するご予約・お問い合わせは
おくがわ整体院 
 

完全予約制  

TEL:03-6805-9343
 

施術予約フォーム  

営業時間:月~土 10時~22時30分(最終受付21時)

*午前中の施術予約は前日までにお願い致します 休診日:日曜・祝日  
 

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-19-1 小林ビル612号

肩こり・腰痛改善請負人 奥川洋二さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス