【腰痛・肩こり・O脚】背骨を自在に動かせる重要性 | 腰痛&肩こりを根本より改善させます!西新宿おくがわ整体院blog 新宿 西新宿 中野 渋谷
2018-12-10 18:14:11

【腰痛・肩こり・O脚】背骨を自在に動かせる重要性

テーマ:TOP

おくがわ整体院スタッフの森です。

 

 

ペットボトルを口物に持ってくるとします。

皆さん、どうやって持ちますか?

 

何も考えることなく、ペットボトルの形に沿わせて手を丸くし、持つのではないでしょうか?

動く方であれば、わざわざ指先を曲げずに持つ人もいませんよね。

 

 

逆に握手を求められた時に、手を丸くして差し出すこともありませんし

 

ボタンを押すのに指を反らせすぎることもありません。

それはなぜか?

なんだか、すごい質問を投げかけているように感じますが、答えは簡単!

やりやすいから\(^o^)/

 

 

手は骨も多く、それによって関節も多いです。

その為、非常に複雑な動きをしますよね。

 

 

さて、他の部位ではどうでしょう?

 

 

背骨を見てみて下さい。

背骨と一言で言ってしまうとなんだか、1本の大黒柱のように聞こえますが、頚椎から尾椎まで約30個あると言われています。

(仙椎、尾椎は成長の過程で)

 

それらの骨それぞれによって関節が作られているのです。

 

ですので背骨にはたくさんの関節があります!

 

部位によって動きや可動域は違うものの

それぞれの可動域はそんなに大きくはありません。

しかし、約30個もありますから、多くの関節が働いてくれると、大きくしなやかに色んな動きができるようになります。

 

身体の中心を走っている背骨が、手を使う時のようにたくさんの関節を使うことができれば、身体全体の動きがよくなります!

 

しかし実際のところ、上手に使えていない方が多いのです。

動くべき関節が動いていないとうことは、どこか違う関節が必要以上の動きをしてしまっているということになります。

それが、腰痛や肩こり、O脚にもつながって来るのです。

 

 

その時の状況に応じて、無意識に形を変えてくれる手のように

背骨も動きによって適切な形に動く事ができれば体への余計な負担が減ります。

 

そうするためには背骨全体が動く事はもちろん

動く場所は動き、逆に動かないように止めておくべき場所は固定できる能力も必要ですね。

 

背骨の動きがよくなると本当に身体の動きが違って来ます。

皆さんもまだまだ背骨の動きの可能性を秘めているはずですよ!

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


施術に関するご予約・お問い合わせは
おくがわ整体院 
 

完全予約制  

TEL:03-6805-9343
 

施術予約フォーム  

営業時間:月~土 10時~22時30分(最終受付21時)

*午前中の施術予約は前日までにお願い致します 休診日:日曜・祝日  
 

〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-19-1 小林ビル612号

肩こり・腰痛改善請負人 奥川洋二さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス